県庁の時計が一斉に止まったのは、出雲の神様のせいなのか!?
2013 / 12 / 23 ( Mon ) 09:12:59
 ibookstoreからも電子書籍を出版しています。  



 今朝の東京は曇りです。

 日に日に寒くなっている気がします。

 あ~、誰か温めて…

 おはようございます、kakisakasanです。


 213年12月16日午前1時35分頃、島根県庁の建物内にある時計約250台が一斉に止まった…

 職員らが止まっているのを確認。

 針が同じ時刻を指す12時間後の16日午後1時35分頃に一斉復旧させましたが、原因は分からないまま…

「ポルターガイスト現象ではないか」と一時騒ぎになったそうです。

 県管財課によると、止まったのは本庁舎、南庁舎、分庁舎、議事堂別館の4棟にある時計。

 針が「1時35分」頃を指したところで止まっているのを、16日午前8時頃、登庁した職員が気付いたそうです。

 各時計は、本庁舎の電話交換室の親機から電波を送信、時刻が自動設定される仕組みだそうですが、親機は通常通り動いていたとか…

 30~40年前に導入されたとみられ、同課は「これまで時間がずれることはあったが、一斉に止まったのは初めて」と言っているそうです。

 県では、実施中の耐震工事や落雷の影響はないとみられることから「電圧異常」とみるが詳しい原因は分からないといい、今後時計メーカーに調査してもらう方針だそうです。

 まあ、島根と言えば、出雲大社のあるところですよね。

 旧暦10月のことを、日本中の神様が出雲に集まることから、出雲では神無月ではなく神在月と言うそうで…

 だからね、ひょっとしたら、太陽暦の2013年12月16日は旧暦の10月に当たり、神様が何かしらのメッセージを私達日本人に知らせたのではとスピリチュアルなことを考えたのですが…

 しかし、調べてみると、旧暦は11月14日。

 全然違っていました。( ̄ー ̄;

 2013(平成25)年旧暦併記
 http://www5a.biglobe.ne.jp/~accent/kazeno/calendar/2013q.htm

 原因が突き止められれば「な~んだ、そうだったのか」と思うのでしょうが、分からないとなると…

 でも、kakisakasanとしては、分からないままの方がいいなあって…

 だって、出雲という土地柄、やっぱり摩訶不思議なままの方が、あれやこれやと好奇心を駆り立てられますからね。(^ー^* )フフ♪

 まあ、とりあえずは、来年元旦の1時35分に注目使用と思っています。

 ひょっとしたら、何かが起きるかもしれませんからね。


 典拠URL
 msn産経ニュース~県庁の時計250台、一斉停止の怪 深夜1時35分に何が? 島根 2013.12.18 02:19
 http://sankei.jp.msn.com/region/news/131218/smn13121802200002-n1.htm

 
関連記事
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<ポットの上は気持ちいいニャ * HOME * 電子書籍『ようこそ、守谷家へ』の配信を始めました>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *