東京モーターショー2013は小型車が面白いぞ
2013 / 11 / 23 ( Sat ) 10:19:30
 ibookstoreからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。
 
 そこそこ冷えてます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 「東京モーターショー2013」がいよいよ本日から一般公開されますね。

 車にはそれほど興味のないkakisakasanですが、中にはやはり興味を駆り立てる物もあるわけですよ。

 今年で43回目となる東京モーターショーには、12カ国178社、35ブランドが参加。

 各社の出展で目立つのは“軽自動車と原付自動車のあいだ”「超小型モビリティ」だそうで、これがねえ、結構カッコイイんですよ。

 国土交通省は「自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動な足となる1~2人乗りの車両」を超小型モビリティと定義し、次世代社会を支える交通インフラとして導入促進を支援。

 全国各地で実証実験を行い、車利用率が高い地域だけでなく都市部や観光地での短距離移動での活用も模索しているそうです。

 都心部は鉄道やバスなどの公共機関が発達していますが、地方はそれらがありませんから、移動にはどうしても車が必要になるんですよね。

 でも、たった一人で移動するのに車だと…( ̄-  ̄ ) ンー・・・

 費用対効果を考えるとガソリン代はもったいない、車は大きいから道路を占める割合が高くなり、結果、渋滞を招く可能性もあります。

 でも、超小型モビリティなら、その問題も大きく解決してくれる可能性を秘めています。

 ちょっと買い物に出掛けるのだって、車よりも超小型モビリティの方が小回りがききますから、便利だと思います。

 実用化がいつ頃になるのかは分かりませんが、技術の進歩はめざましいですからね。

 超小型モビリティが日本のあちこちで見られるのも、そう遠くない将来のことだと思います。
 


 TOYOTA i-ROAD movie for 83rd Geneva International Motor Show

 


 チョイモビ ヨコハマ コンセプトムービー

 


 New Honda MC-β Concept Looks

 


 典拠URL
 ITmediaニュース~「東京モーターショー2013」開幕 軽自動車と原付自動車のあいだ「超小型モビリティ」に熱視線 2013年11月20日 18時44分 更新[山崎春奈,ITmedia]
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1311/20/news133.html

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<ルンバカバーが可愛い * HOME * ワンコと赤ちゃん>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *