Google AdWordsに見る、憲法改正の関心の高さ
2013 / 06 / 04 ( Tue ) 09:58:08
 

 今朝の東京は晴れです。

 暖かいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、あれは先月の終わりくらいですね。

 自著の『日本国憲法は最初から破綻している』の販促のために、今流行りのGoogle AdWordsの利用を始めたんですね。

 えっ、Google AdWordsって何かって?

 一言で言えば、ネット上に出す広告です。

 Google AdWords自体、ブログであったり、HPであったり、あるいはyou tubeであったり、そりゃあもう至る所にGoogle AdWordsの広告を出しています。

 でね、kakisakasanの場合は、指定したキーワードで検索すると『日本国憲法は最初から破綻している』のキャッチコピーが画面右側に出てくるというもので、一例を挙げると「憲法 解説」と指定した検索用語をGoogle AdWordsに登録、その検索用語を不特定多数の人が使ってネット検索をすると、キャッチコピーが表示されるという仕組みなんです。

 で、興味を持った人がそれをクリックすると、kakisakasanが誘導したいサイトが開いて『日本国憲法は最初から破綻している』という本の存在を知ってもらえるわけなんです。

 で、更に、面白そうと思って頂けたら、買って頂ける…と言いますか、買って欲しいです。m(_ _)m

 でね、Google AdWordsの管理画面を見ますと、実際にキャッチコピーをクリックされた方は少ないのですが、キャッチコピーの表示回数は結構あるんですよ。

 ほら、今年の夏には参院選が控えていて、自民党はその争点を憲法の改正に当てているじゃないですか。

 ですから、やっぱり、国民の関心は高いんだなあと思いました。

 きっと、何か参考になるものはないかと探しているんでしょうね。

 kakisakasanもこの本を書くに当たって、色々と憲法の勉強をしました。

 読めば分かりますが、日本国憲法はとにかく意味不明な条文が多いです。

 日本国憲法はこちら。
 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S21/S21KE000.html

 その日本国憲法を改正しようと言うんです。

 改正の最後の手続きは国民投票なんですから、国民の負う責任は重大です。

 だから、国民は憲法についてきちんと理解しなければならないのですが、今のままでは、まあ、無理でしょうね。

 だから、誰もが読んで分かりやすい条文に表現を変えて、憲法の問題点を具体的に指摘しました。

 うわさの96条については、特に詳細に述べています。

 
 『日本国憲法は最初から破綻している』はこちら。
 http://kakisakasan.blog56.fc2.com/blog-entry-2542.html
 

 憲法の勉強なんて面倒臭いと思われるかもしれませんが、きちんとした知識を持っておかないと後で偉い目に遭いますよ。

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:憲法改正論議 - ジャンル:政治・経済

* 小説活動 * comment(0) * page top↑
<<短編恋愛小説『奇跡の一拭』を公開しました。 * HOME * 太陽の塔は実は巨大ロボットだった!?>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *