垣坂弘紫の出版している電子書籍です(2013年5月現在 7冊)
2013 / 05 / 18 ( Sat ) 10:24:46
 
 『日本国憲法は最初から破綻している』(縦書き)
 ジャンル:サブカル/知的教養
 400字詰め原稿用紙換算枚数164枚
 400円

 終戦から約2年後に施行された日本国憲法は、アメリカ人による原案作成、作成期間の不足などにより、実は多くの不備を抱えています。要点をまとめると次の3点になります。

 1 日本語がおかしい。
 2 主語のない条文が多い。
 3 日本国憲法はその条文自体で成立しているのではなく、法律の専門家によって
   為された【解釈と定説】によって成立している憲法である。

 法律の専門家には【解釈と定説】は当たり前のようですが、素人にはおかしいことだらけです。安倍総理が言及している第96条憲法改正の第2項は意味不明の条文です。本書は難読な日本国憲法を分かりやすい表現に変えて、何がおかしいのかを解説しています。

 

 楽天kobo、キンドルからも販売しています
 楽天kobo キンドル



 『地盤下のジャングル』(縦書き)
 ジャンル:長編小説(時は2019年、舞台は東北)
 400字詰め原稿用紙換算枚数414枚
 800円(新刊ハードカバーでしたら1600円はします)

 タグ:道州制、アナコンダ、ヘビ、リーマンショック、東日本大震災、財政破 綻、下水、IMF、ネバダ・レポート

 あらすじ
 
 西暦2008年、リーマン・ブラザーズの経営破綻が世界的金融危機の引き金となった。
 同じ頃、日本では大阪府がついに財政破綻を来たし、2009年2月自治体の倒産を意味する『準用財政再建団体』として日本国の管理下に置かれることとなった。
 しかし、リーマンショックと日本の第二の都市である大阪府の財政破綻によって、かねてから危惧されていた巨額な日本の赤字財政が、世界の日本に対する信用を失墜させ、それが国債の暴落へと繋がり、とうとう日本国そのものが財政破綻をするという現実を迎えることになってしまった。
 日本はIMFが既に用意していたネバダ・レポートによる日本再建プログラムによって過酷な財政管理下に置かれるが、しかし、同時に日本独自の政策も行われることとなった。
 それが日本列島循環政策である。
 しかし、そこへ追い打ちを掛けるようにして起こったのが、空前絶後の大災害である東日本大震災であった。
 これによって、ますます日本に対する世界の信用は失墜するかに思われたが、逆に日本列島循環政策が“変わるんだ”と言う国民の強い意志によって推進されるようになった。
 そうして迎えた2019年。
 日本列島循環政策のひとつである人口の強制移動で大阪から南東北州は魁市に引っ越して来た菊田家族は、ここで新たな生活を始めることとなった。
 魁市は菊田家族に平和な幸せをもたらしていたが、それも束の間、ある噂話がとんでもない悲劇を呼ぶことになる…

 

 楽天kobo、キンドルからも販売しています
 楽天kobo キンドル



 『おふろの神様、ごめんなさい』(縦書き)
 ジャンル:短編小説
 400字詰め原稿用紙換算枚数34枚:所要読書時間30分~60分 
 100円

 おじいちゃんの次治は孫と一緒にお風呂に入るのを楽しみとしている。
 孫の太一と真悠子は時々お風呂でおしっこをするが、そのとき次治から必ず言われるのが「おふろの神様、ごめんなさい」と言うこと。
 これは、おじいちゃんと孫のふれあいを楽しく描いた、心温まる物語です。

 

 楽天kobo、キンドルからも販売しています
 楽天kobo キンドル


 『阪神ファンを増員せよ』(縦書き)
 ジャンル:短編小説
 400字詰め原稿用紙換算枚数35枚:所要読書時間30分~60分
 100円
 
 姑​の​鈴​子​は​阪​神​フ​ァ​ン​、​息​子​の​嫁​の​慶​子​は​巨​人​フ​ァ​ン​で​あ​る​。
 孫​の​太​子​は​現​在​一​歳​半​。
 鈴​子​は​太​子​を​何​と​か​阪​神​フ​ァ​ン​に​し​よ​う​と​、​あ​る​企​み​を​実​行​す​る​。
 これは、阪神ファンの姑と巨人ファンの嫁の対決をユーモラスに書いたものです。

 

 楽天kobo、キンドルからも販売しています
 楽天kobo キンドル



 『ふきの煮物』(縦書き)
 ジャンル:短編小説
 400字詰め原稿用紙換算枚数34枚:所要読書時間30分~60分
 無料(お試し価格)

 ある朝、専業主婦の宏子は商店街にある八百屋でふきを買う主婦を見かけた。宏子にとってふきは苦手な食べ物であったが、これをきっかけに自分でもふきを煮ることにした。
 出来あがったふきは、想像していた以上に美味しく、ふきは大人の味だと思うようになる。

 



 『廃墟の戯れ』(縦書き)
 ジャンル:短中編小説
 400字詰め原稿用紙換算枚数90枚:所要読書時間60分~90分
 150円

 『​廃​墟​の​戯​れ​』​は​、​ア​メ​リ​カ​映​画​『ス​タ​ン​ド​・​バ​イ​・​ミ​ー​』​を​思​わ​せ​る​少​年​た​ち​の​青​春​へ​の​通​過​儀​礼​の​物​語​が​、​と​て​つ​も​な​い​惨​劇​へ​と​反​転​す​る​過​程​を​た​ど​っ​て​い​る​。
 語​り​手​の​「​僕​」​を​含​む​小​学​校​六​年​生​の​五​人​組​は​、​臨​海​副​都​心​の​廃​墟​と​な​っ​た​ビ​ル​に​忍​び​込​み​、​真​夜​中​の​冒​険​を​楽​しむ​。
あ​る​夜​、​リ​ー​ダ​ー​格​の​少​年​が​、​未​完​成​の​高​層​ビ​ル​に​残​さ​れ​た​足​場​を​渡​ろ​う​と​し​て​転​落​。​​助​け​を​呼​ぼ​う​と​す​る​が​、​子​分​の​よ​う​な​存​在​だ​っ​た​気​弱​な​少​年​は​「​こ​こ​は​僕​達​だ​け​の​場​所​な​ん​だ​」​と​他​人​を​入​れ​る​こ​と​を​拒​絶​し​た…
 1​9​9​8​年​(​平​成​1​0​年​)​1​0​月​1​4​日​(​水​)
 読​売​新​聞​ ​夕​刊
 同​人​誌より抜粋

  



 『私の腕の中で死んでいって』
 ジャンル:映画シナリオ(舞台は東京と香川県)
 200字詰め原稿用紙換算枚数227枚(縦書き)
 推定所用時間90分
 300円

 タグ:瀬戸大橋、サンライズ瀬戸、まんばのけんちゃん、うどん、香川県、ピ アノ、瀬戸内海、スキルス性胃がん、哀しい、切ない、恋愛

 あらすじ

 半年後に結婚を控えた飛翔(しょう)と久美子は、正月に飛翔の実家のある高松に帰省する。
 飛翔の家族と初対面の久美子は、緊張のあまり到着草々熱を出すが、それも程なくおさまり、母の春子、妹の陽子と打ち解け合う。
 久美子にとって、飛翔の実家で過ごした数日間は、まさに幸せの絶頂であった。
 しかし、それから二ヶ月後、飛翔の態度が一変する。
 互いを信じ合いながらも、それ故に哀しい、これは愛の物語です。

 


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* 小説活動 * comment(0) * page top↑
<<にゃんこ、かまくらで遊ぶ * HOME * パンケーキブームは関西へ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *