豪雪うどん、食べてみたいです
2013 / 05 / 03 ( Fri ) 10:08:15

 今朝の東京は晴れです。

 日差しは暖かいですが、空気はひんやりです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ゴールデンウィークもいよいよ後半ですね。

 昨日、テレビニュースを見ていましたら、あるデパートでは好調な売れ行きのようで…

 インタビューに答えていた主婦は「近所ミクス」と言ってました。

 お出かけはしないで、GWは近場で済ますと言うことなんでしょうね。

 アベノミクスと言う言葉、主婦層にも浸透してるなあと思いました。

 そんなkakisakasanは近所ミクスより更に狭い自宅ミクスですが、本音を言えば旅行に行きたいですね。

 行ってみたいところは北海道。

 でも、一口に北海道と言っても広いですからね。

 どこに行けばいいのやら…

 まあ、その指針と言いますか、観光の目玉のひとつと言いますか、北海道は倶知安(くっちゃん)町で誕生した「豪雪うどん」を頂くのもいいかもしれませんね。

 「豪雪うどん」はおよそ20年前、倶知安のホテル第一会館が創立30周年を記念して、地元特産品のジャガイモを使った名物料理として考案されたそうです。

 「戦中戦後の食糧難のころ、地元の農家ではジャガイモのでんぷんをうどんにして食べていたそうです。それをヒントにでんぷん9割のしこしこぷりぷり感のある麺を開発しました。あえて豪雪うどんと名付けました」と説明するのは総務・営業統括部長の大砂誠司さん(57)。

 kakisakasanはもちろん食べたことがありませんので、豪雪うどんで検索をしましたら、出てきましたよ。

 それがこちら。

 ホテル第一会館 豪雪うどん
 http://www.d-kaikan.com/udon

 写真で見る限りでは、ほんとにねえ、普通にうどんなんですよ。

 腰のあるうどんそのもの…

 だから、余計食べてみたくなって…

 見た目はうどん、お味ははてさて…?

 町内で食べられるのは併設されているrestaurant バロンだけであるそうですが、倶知安観光協会によると、夏場の長期滞在客へのお土産として贈られるほか、秋のSL運行時にJR倶知安駅で振る舞われることもあるそうです。

 スーパーでも売られており、好んで買う町民も多いとか…

 同町商工観光課の柳沢利宏商工労働係長(45)は、「倶知安のジャガイモは良質なでんぷん質で、ホクホク感と甘みが違う。昔からイモモチや、そばがきならぬでんぷんがきにして食べていた伝統もある」とおいしさの秘密を解説しているそうです。

 
 典拠URL
 SankeiBiz~北海道・倶知安「豪雪うどん」 特産ジャガイモで名物料理 2013.5.2 09:47
 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/130502/ecb1305020955000-n1.htm
 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/130502/ecb1305020955000-n2.htm

 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* kakisakasanのグルメ * comment(0) * page top↑
<<憲法記念日ということで~電子書籍『日本国憲法は最初から破綻している』のPR * HOME * ワンちゃん、くわえ過ぎですよ。>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *