渋谷区宇田川町にありますamberさんに『ようこそ、守谷家へ』を置かせてもらえました
2013 / 03 / 11 ( Mon ) 09:07:07

 今朝の東京は晴れです。

 昨日は春の陽気だったのに、今日はまた冬に逆戻りです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日は、快く寄贈を承諾して下さったbook cafe amberをご紹介したいと思います。

 こちらのお店は渋谷区宇田川町にありまして、まあ、ですから、渋谷のど真ん中にあるお店と言っても過
言ではないと思います。

 西麻布ほどではないにしても、渋谷にも来ることなんて滅多にないですから、道に迷わなければ良いなあと思っていたんですが、意外にもすんなりたどり着けました。

 道順は、渋谷駅北口から今や観光名所となっていますスクランブル交差点を渡り、原宿方面に向かって井の頭通りを進みます。

 しばらくすると、左手に西武デパートのA館とB館の間にある道が出てきますから、そこを入り、まっすぐ歩いていくと右手にロフトが見えてきます。

 そのすぐ目の前にありますビルの6階にbook cafe amberがあります。

 伺ったのは、宵の口でしたが、既に何組かのお客さんがいました。

 女性同士が多かったような気がします。

 お昼はランチタイムがあり、夜もお食事が頂けます。

 kakisakasanは親子丼を頂きました。

 おいしかったです。

 料金は880円で、夜はテーブルチャージ5%が追加されます。

 喫煙可です。

 で、親子丼を注文したので、先に割り箸やおしぼりを持って来られたんですが、割り箸の袋にanniversary2005って書いたあったと思います。

 と言うことは、2005年に開店何周年かを迎えたのかなあって…

 で、今は2013年ですから、それから8年が経過したとなると、10年以上は続いているお店なのかなあって…

 これはkakisakasanの勝手な推測ですが、もし、この推測が正しいのであれば、渋谷区の繁華街、しかもど真ん中にあって、10年以上もお店を経営しているのはほんとにすごいと思いました。

 お店に何かの魅力がないと、浮き沈みの激しい世界で10年以上も経営するのは不可能ですよ。

 ですから、きっとその魅力のひとつが本のソムリエが選んでお店に並べている本なのかなあと…

 『ようこそ、守谷家へ』はどちらかと言うと女性向けの小説だと思いますし、お店も女性客が多い印象を受けましたので、手にとって読んで下さる方がいるのではと期待しています。


 住所:東京都渋谷区宇田川町17-1 渋谷ブラザービル6F・7F
 TEL :03-3770-8987
 営業時間:12:00~24:00(FOOD LO22:30)※7Fは18:00~/無休
 席:30席(6F) 24席(7F)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

* 小説活動 * comment(0) * page top↑
<<つぶやきクイズ5 「岐阜事件で言ったとされる板垣退助の台詞」 * HOME * 港区西麻布にありますTHESEさんに『ようこそ、守谷家へ』を置かせてもらえました>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *