和歌山のマンゴーは大人気
2012 / 08 / 29 ( Wed ) 06:24:23

 今朝の東京は晴れです。

 先日、つくつくぼうしが鳴いていました。

 夏もそろそろ終わるなあ~

 おはようございます、kakisakasanです。


 先日、スーパーの安売りでマンゴーのゼリーを買ったんですが、マンゴーって言いますとやっぱり高級なイメージがありますよね。

 数年前、東国原知事が宮崎県産のマンゴーをPRして、その美味しさが注目されて、それに負けじと沖縄県産のマンゴーも美味しいですよと、このマンゴー競争は良い意味での競争が行われていたような気がします。

 でも、違う見方をしますと、マンゴーを栽培しているのは宮崎県と沖縄県しかないようなイメージがkakisakasanにはあったんですよ。

 ところがどっこい、実は和歌山県でも栽培をしているって知ってました?

 しかも、大学が…Σ(・ω・ノ)ノ!

 和歌山県湯浅町の近畿大学付属湯浅農場のビニールハウスで栽培されている南国のフルーツ、マンゴーの出荷が最盛期を迎えているそうなんです。

 「近大マンゴー」のブランドとして売られていて、人気も高く、9月上旬まで大阪の市場へ計約1トンを出荷する予定だとか…

 同農場では、米国で品種改良されたアップルマンゴーと呼ばれるアーウィン種を取り寄せ、約20年前から栽培しており、マンゴー栽培に力を入れているそうです。

 ええっ、20年も前から…

 3棟計約25アールのハウス内では約250本の木が育てられており、重さ約300グラムから500グラムのマンゴーがたわわに実り、ハウス内は南国ムードにあふれているそうです。

 同農場では「今年は収穫見込み量は昨年より多い。全体的に色づきがよく、甘みは上々です」と話しているそうです。

 和歌山県って言いますと、紀州みかんと紀州の梅干しのイメージが強いんですが、まさかマンゴーがあるとは…

 ただ、経営規模としてはまだ大きくないと思います。

 本格的な農業経営はこれからだと思いますので、このマンゴー栽培のノウハウをしっかりと溜めて、日本の一大産業にまで高めることが出来たらいいですね。


 典拠URL
 ・Sankei Biz~人気の「近大マンゴー」出荷最盛期 和歌山・湯浅町 2012.8.21 13:13~
 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/120821/ecc1208211315000-n1.htm
 ・近畿大学農学部HP
 http://nara-kindai.unv.jp/02gakka/noujyou.html

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<ラブラブなワンコとニャンコ * HOME * 思わず、頑張れ頑張れと言ってしまった…>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *