こんなことわざ聞いたことありますか?
2012 / 07 / 31 ( Tue ) 06:26:11

 今朝の東京は晴れです。

 相変わらず暑いです。

 避暑地に行きた~い。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日はYOMIURI ONLINEの発言小町から『辞書には載ってないけど、よく使うことわざ(私だけ?)』についてブログを書いていきたいと思います。

 まず、トピ主さんのお話はと言いますと、

 どこで聞いたのかも覚えていませんが、時々使うことわざ。
 でも誰も知りません。
 勿論辞書にも載っていません。
 皆さんも、謂れは知らないけど自然使っていたことわざってありますか?
 因みに私のよく使っていたことわざは…
 「猫と娘は近くにやるな(嫁に)」(しょっちゅう帰ってくる)
 「若い頃睡眠が足りなかった分、将来寝たきりになる」
 「鞄の重さは頭の重さ(学生限定)」
 などです。
 ことわざと言えないようなものもありますが、他にも誰も知らないモノが多く、少々ショックです。

 と言うものでした。

 それに対して、コメントはと言いますと、

 コメントその1
 >「猫と娘は近くにやるな(嫁に)」(しょっちゅう帰ってくる)
 >「若い頃睡眠が足りなかった分、将来寝たきりになる」
 >「鞄の重さは頭の重さ(学生限定)」

 私は大学では国文科に在籍していましたが、全て初めて聞きました。どこで覚えたのですか?それともご自分で作り上げたのですか?勝手に諺扱いしていらっしゃいますが、辞書に載っていないのなら諺ではないと思います。言ってみれば造語ですね。諺という言葉の使い方自体を間違えていらっしゃるようですが?
 近くに嫁いだからといって頻繁に帰ってくる娘ばかりでもないでしょうし、猫との関係もよく分かりません。「若い頃睡眠が足りなかった=将来寝たきりになる」という事に医学的根拠はあるのですか?最後の諺(?)は鞄が重いと頭が良いという意味でしょうか。鞄が重いのなんて単に整理整頓が苦手で何でも鞄に突っ込んでしまう、ズボラなだけの人という事も考えられますよ。
 諺は「ああ、なるほど」というものばかりですが、トピ主さんの造語は「えっ?どういう意味?」「よく意味が分からない」としか思えません。理屈っぽくてごめんなさいね。

 コメントその2
 “投げた物には使われる”
 ゴミ箱に、ゴミを遠くから投げ入れて入らなかった時によく祖母から言われました。
 「ちゃんと、側に行って捨てなさい」ってことです。
 “自分の頭のハエを追ってから、他人のハエを追え”
 自分の事もまともにできないのに他人の事に口を出すなと言うことですが、やはりよく祖母から言われました。
 祖母は奄美大島出身です。

 コメントその3
 私、40代東北出身です。1番目は「些細なことで帰り易いような近い距離に嫁いだのでは、いつまでも実家に甘え、婚家との良好な関係が築きにくいから」という親の娘への思いと、決意を表した言葉だと思います。
 昔はよく「一度嫁いだら、もう実家はないと思いなさい」と言ったらしいですよ。
 まぁ、今はずいぶん時代が変わりましたが・・
 猫はよく「家につく」と言われ、近所にあげても戻って来てしまうんです。
 3番目は高校時代に年配の先生が言っていました。
 当時は「ツッパリ」が流行った時代で、鞄をつぶしている生徒が多かったです。
 辞書類はもちろん、教科書類も学校に置きっぱなしの生徒が多く「そんなペッタンコの鞄じゃ家で勉強しないんだろうなぁ~」とよく先生が嘆いていました。
 ほたるさん自分でおっしゃってるようにほんと理屈っぽいですね。「辞書に載っていなければ諺じゃない」なんて、諺って古くから地方地方で受け継がれたものも多いわけですし、辞書に載せたらキリがありませんよ。聞いた人が「なるほど~」って思うような教訓が含まれていれば「諺」でいいんじゃないですか?
 たしかに整理整頓ベタでは?には一理あります。私はブタ鞄でしたから。

 
 で、kakisakasanはと言いますと…

 トピ主さんが提示された3つ全て、初めて知りました。(^^;)

 まあ、使われている言葉を考えますと、この3つは古い時代から言われていることではないでしょうね。

 だから、コメント1の方が言われているように、辞書には載っていないのは当たり前だと思いますが、でも、だからと言ってことわざではないとあっさり否定されるのはどうかなあと…

 ウィキペディア フリー百科事典の『ことわざ』では…
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%A8%E3%82%8F%E3%81%96

 「ことわざは、観察と経験そして知識の共有によって、長い時間をかけて形成されたものである。その多くは簡潔で覚えやすく、言い得て妙であり、ある一面の真実を鋭く言い当てている」と言っていますので、トピ主さんの提示された3つの例もことわざと言ってもいいのではないかと…

 まあ、もっとも、長い時間をかけて形成と言う『長い時間』ってどのくらいなの?となりますと、1年なのか、10年なのか、100年なのか…

 故事成語から生まれたことわざであれば、1000年単位になってしまいますので、それと比較すると「鞄の重さは頭の重さ(学生限定)」なんてものは、コメント3の方が言われている事を参考にしますと、たかだか30年前くらいの話ですからね…

 でも、確か「豚もおだてりゃ木に登る」はことわざとして扱われているって聞いたことがあります。

 「豚もおだてりゃ木に登る」は「タイムボカンシリーズ」の「ヤッターマン」で使われたのが世に広まり、認知度が高くなって、それでことわざになったんですよね。

 まさか、子供の頃に見ていたアニメのギャグがことわざになるとは…

 いやはや、びっくりです。

 それを考えれば、全国における認知度は低くても、地方限定のことわざとして考えれば、充分ことわざとして通用すると思います。

 特に、「猫と娘は近くにやるな(嫁に)」は上手いなあと思いました。

 これなら、テレビやラジオで取り上げたら、全国に広がると思いますけどね。

 それから、コメント2の“投げた物には使われる”

 ズバリ、その通りだと思いましたね。(^^ゞ

 典拠URL
 YOMIURI ONLINE~発言小町 辞書には載ってないけど、よく使うことわざ(私だけ?)2008年11月13日 9:02~
 http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/1113/212582.htm?o=0

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* kakisakasanの世間話 * comment(2) * page top↑
<<きゃあ、ハムスター、こわ~い * HOME * 和と洋の調べ~琴とピアノの合奏~>>
comment
****

「若い頃睡眠が足りなかった分、将来寝たきりになる」
私の生活は、今も睡眠不足かな?寝たきりになるのか?心配ですね?
by: 花と竜 * 2012/07/31 08:43 * URL [ *編集] * page top↑
**花と竜さんへ**

睡眠は健康にとって大事なものですが、それだけではないですからね。食事に、規則正しい生活、適度な運動…
ただ、私のように体の弱い者はどんなに摂生しても結果的に不健康になりがちですが、元来が丈夫な人は多少不摂生をしても大丈夫ですよ。
でも、健康を意識することに越したことはないですけどね。
by: kakisakasan * 2012/07/31 20:13 * URL [ *編集] * page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *