最近、ほうきが見直されているそうです
2012 / 07 / 15 ( Sun ) 09:46:05


 今朝の東京は曇りです。

 日差しはないけど、やっぱり暑いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 みなさんはお部屋の掃除をするとき、何を使われますか。

 やっぱり、掃除機?

 そうですよねえ、掃除機と答える人が大半でしょうね。

 板の間だけでなく、畳みのお部屋にもカーペットを敷く人がいますから、どうしても掃除機がメインになるでしょうね。

 でもね、最近、箒(ほうき)が見直されてるそうなんです。

 「江戸箒(ほうき)」の老舗・白木屋傳兵衛の高野純一さんのお話によりますと「ここ10年くらいでしょうかね。20~40代くらいの女性のお客さまが増えている感じです。掃除機に比べてうるさくないし、畳表も傷めません。環境にやさしいということもあります。昨年来の節電ブームで、さらにほうきを使う人が多くなっていますね」

 ちなみに、白木屋傳兵衛の創業は天保元(1830)年だそうですから、江戸幕府11代将軍・徳川家斉のころなんだそうです。

 ざっと、180年前。

 いやあ、老舗だあ~(ノ´▽`)ノ

 でね、このお店では今でも、職人が一本、一本、手作りでほうきを編んでいるそうなんです。

 中には、茨城県・筑波山の麓で採れた国産のホウキグサを使ったものもあって、1本が6000~1万2000円もするとか…

 うひょ、高~い。ヽ((◎д◎ ))ゝ

 でも、実はそうでもないらしい…(  ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!

 「ほうきというのは、丁寧に使ってやれば、5年から10年もつものです。しかも、最後まで無駄なく使えます」

 へえ、そうなんだ…(・0・○) ほほーっ

 具体的に言うと、

 ほうきの掃く部分は草で出来ていて、この草の部分が片寄らないように、左右均等にバランスよく使うことが基本。

 右に向かって掃いたら、今度は左に向かって掃く。必要以上に力を入れずに、草が持っているコシの強さを利用する。

 高野さんの実演では、草のしなりをうまく利用して、ササッと掃いていく感じ。

 「バネ感が強いんで、これで十分」だとか…

 ほうきには、柄の長いものと短いものがあり、長い柄のほうきの先は水平に仕上げられている。

 一方、短い柄のものは斜めに仕上げられている。

 手前のほうが、少し短くなるように切り揃えられている。
 
 なぜかと言うと、腰をかがめて掃くときに、ほうきの先全体が床にピッタリとくっつくようになるから…

 こうしてほうきの先が変形しないように気をつけることが大事。

 だから、ほうきをしまっておくときにも、つり下げて、ほうきの先に余分な力がかからないようにする。

 白木屋傳兵衛の店には、柄の先が傘の持ち手のように曲がっているほうきがあり「これだと、どこにでも気軽につり下げられるでしょ」と言うのが、その理由。

 変形防止ってことですね。

 それでも、ほうきは使っていくうちに、どうしても「掃きぐせ」が付いてしまうものです。

 その場合は、草に水を含ませて手で揃えてあげるといいそうです。

 髪の毛のくせを直すのと同じ要領。

 へえ、初めて知った。(*´∀`)ホウ

 それでも片寄りが直らない場合は、ほうきの先をハサミで切る。2・3センチ切って、形を元のように整えてあげる。

 切って草の部分が短くなると、次第にコシが強くなってくるそうです。

 最初は畳に使っていたものが、3センチくらい切るとじゅうたんやカーペットに適したものになり、半分くらいの短さになれば玄関などの外掃きにおろす。

 こうして先を少しずつ切って使っていくと、5年や10年は簡単にもつそうです。

 「昔だと、短くなって使えなくなったほうきは、最後は火種にしました。柄の竹は、火がつきやすいんです。昔の人は、最後の最後まで道具を使い切っていましたね」と、高野さん。

 以上が、一般的にイメージされるホウキグサを用いている「座敷ぼうき」の使い方です。

 このホウキグサのほうき以外にも、よく使われているものに「シュロぼうき」があるそうですが、こちらは引用元を見て頂ければと思います。

 kakisakasanはほうきと掃除機を併用しています。

 普段はほうきを使って、部屋の角とかタンスの裏だとかほうきでは掃除しにくい所は掃除機を使うようにしています。
 考えてみれば、今使っているほうきも4~5年になります。

 そんなに高い物ではないので作りが雑なんでしょうね、クサがすり減ると言うより、元から抜けてクサが無くなっています。( ̄▽ ̄;)

 でも、減価償却を考えれば、掃除機よりずっとお得ですよね。

 掃除機の音ってかなりうるさいですし、電気代節約のためにも、ほうきを一本備えてみては…

 日本の良さを改めて知るきっかけになるかもしれませんよ。(^ー^* )フフ♪

 典拠URL
 sankeibiz~便利な掃除機があるのに? 「ほうき」が見直されているワケ (1/4ページ )2012.6.30 14:00~
 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/120630/ecc1206301401001-n1.htm
 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/120630/ecc1206301401001-n2.htm
 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/120630/ecc1206301401001-n3.htm
 http://www.sankeibiz.jp/econome/news/120630/ecc1206301401001-n4.htm

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* kakisakasanの世間話 * comment(2) * page top↑
<<すずめどんぶり * HOME * シロクマの兄弟遊び>>
comment
****

京都はまだ箒を使っているところは多いですよ!
旅館,料亭などです。三条小橋に昔からの雑貨店がありますが流石に箒は高いです。
by: 花と竜 * 2012/07/15 13:43 * URL [ *編集] * page top↑
**花と竜さんへ**

旅館,料亭でほうきを使うのは、昔ながらのしきたりもあるのでしょうが、掃除機ってうるさいですからね。老舗で使うには、ちょっと品格を欠くと思われますから、それで使わないのでしょうね。
by: kakisakasan * 2012/07/15 19:23 * URL [ *編集] * page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *