お姉ちゃん えらいなあ
2012 / 07 / 06 ( Fri ) 06:29:01
 今朝の東京は雨上がりの曇りです。

 蒸します。

 とにかく蒸し暑いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 このお話は、確か先月の初めくらいだったと思います。

 スーパーで買い物をした帰り道、幼い姉妹がいたんですよ。

 お姉ちゃんは5歳から7歳くらいの間。

 妹ちゃんは2歳から3歳くらいの間。

 理由は分かりませんが、妹ちゃんがとにかく大声を上げて泣いてるんですよ。

 そりゃあもう、凄い勢いで…

 すると、少し先に進んでいたお姉ちゃんが戻って来て、何やら言うんですよ。

 口調は明らかに叱っている感じでした。

 でも、妹ちゃんの耳には全く届かない。

 大声上げて泣くばかり…

 で、kakisakasan、ここで思ったんですよ。

 お母さんはどこだろうって…

 そしたら、お母さんは少し離れたところでじっと様子を見ていました。

 妹ちゃんが泣き止みそうにないので、そのままほっといて、歩きながら様子を見ていたんでしょうね。

 でも、その場から動かないものだから、見るに見かねてお姉ちゃんが戻って来たんでしょうね。

 じっと立ち止まって見るのも失礼ですから、kakisakasanはゆっくり歩きながら姉妹の様子を見ていました。

 すると、お姉ちゃんが妹ちゃんを抱き上げて、お母さんのところまで連れてきたんですよ。

 距離にして、そうだなあ、20メートルくらいはあったかな…

 偉いなあと思いましたね。

 お姉ちゃんだってまだ幼いのに…

 幼い頃からこんなふうな態度を取れるのは、躾けだけでは無理でしょうね。

 持って生まれた天分だと思いました。

 まあ、ですから、大きくなったら、きっとしっかり者の世話女房になるんだろうなあ…なんて思ったら、妙に微笑ましくなって…

 日常の何気ない光景でしたが、ほっとするようなそれは心温まる光景でした。

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* kakisakasanの世間話 * comment(2) * page top↑
<<ギャグマンガのような光景 * HOME * ワンコ、水の中でくつろぐ>>
comment
****

その時のお母さんの,何を考えて見ていたんだろう?そこが知りたいです。
私の家の近所では,一つ間違えば,交通事故に会いますよ!
by: 花と竜 * 2012/07/06 09:24 * URL [ *編集] * page top↑
**花と竜さんへ**

ベビーカーを手にして、じっと様子を見ていました。
車の多いところではないですが、全く通らないわけではないですからね。
by: kakisakasan * 2012/07/06 19:20 * URL [ *編集] * page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *