あるところで火事…その原因とは…
2012 / 06 / 12 ( Tue ) 06:14:54

 今朝の東京は曇りです。

 ちょっと寒いです。

 風邪ひかないように気をつけないと…

 おはようございます、kakisakasanです。


 まずはこちらの写真を見て頂けますか。

 火葬場の火災

 見ての通り、これは火災現場です。

 では、この現場、一体どこだと思いますか。

 実はこれ、火葬場なんですよ。

 つまり、ご遺体を火葬しているときに火事になったんですよ。

 では、なぜ、火事になったのでしょうか。

 設備が古かったからでしょうか。

 操作を誤ったからでしょうか。

 火事の原因…

 それはご遺体が大きかったからなんです。

 火事になったのは南オーストリアの火葬場。 

 火災が発生した当時、体重が200kgもある女性を火葬していたことが後の調査で判明します。

 巨体ゆえに脂肪が空気孔を塞いでしまったことが熱暴走を招いたとみられています。

 ドイツやスイスでも、肥満の遺体を火葬中に似たようなトラブルの記録があることから、肥満の人専用の火葬場が必要であると消防局は述べているそうです。 

 ちなみにスイスでは、現在XXLサイズの火葬場が特別に作られたとのこと。

 先進諸国では肥満が社会問題になっていますが、あの世に召される時にまで問題が起きるとなると、やっぱり何か対策を講じないと…

 デカイ火葬場をつくればいいって事ではないと思います。

 日本の場合、体重が200kgもある人はそんなにいないとは思いますが、でも絶対にいないわけではないでしょうから…

 ですから、そのような方がお亡くなりになって、いざ火葬場へとなった時、ひょっとしたら収まりきらない事があるかもしれませんし…

 実際にそんな事があったら、どうするんでしょうか。

 気になるところではありますが、あれやこれやと想像すると怖いことばかり連想してしまいます。

 虎は死んでも皮をのこすと言いますが、太りすぎは死んだら火事を起こすなんて事になると…

 遺族に迷惑をかけないためにも、ここはひとつ努力して…

 そう思いました。


 典拠URL
 らばQ~遺体が太りすぎのため火葬場が火事に…オーストリア 2012年06月09日 09:08~
 http://labaq.com/archives/51748946.html

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* kakisakasanの世間話 * comment(2) * page top↑
<<子猫のパンチ、and ジャンプ * HOME * 出たり入ったり、楽しいです♪>>
comment
****

風邪気を付けてください!

肥り過ぎはいい事ないですね!日ごろの健康管理が大事ですね!
by: 花と竜 * 2012/06/12 09:04 * URL [ *編集] * page top↑
**花と竜さんへ**

今日の東京は梅雨寒ですよ。
風邪はもう懲り懲りです。
by: kakisakasan * 2012/06/12 19:00 * URL [ *編集] * page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *