肉まんにソース!?
2012 / 04 / 05 ( Thu ) 06:24:53
 

 今朝の東京は晴れです。

 眠いです。

 春だからでしょうか。

 おはようございます、kakisakasanです。


 4月に入ると、目に映るものが華やかに感じられて、春らしくなってきたなあと思います。

 日差しが冬と違って、強く明るくなったからでしょうか。

 食べる物も暖かいものがそれほど恋しくなくなってきました。

 一番寒い1月の頃は、会社のお昼休みにカップ麺だったり、コンビニで買ってきた肉まんだったり、暖かい物が食べたくて仕方なかったんですけどね。

 そうそう、その肉まんですが、みなさんはどうやって食べます?

 kakisakasanはそのまま頂きます。

 と言うか、そのまま頂くものだと今までずっと思ってました。

 でも、実は違うんですね。

 と言うのも、ネットサーフィンしていて偶然見つけたんですが、肉まんに何かを付けて食べる人がかなりいるんですよね。

 典拠元である教えて!gooによりますと、肉まんにソースを掛ける人がまず意外と多いんです。

 ご意見を幾つか引用しますと、

 「神奈川・40代 家で食べるときには、必ずソースをつけます。いつからかは覚えていません。少なくとも小学生の時には、確実に使ってました。私の家内は東京生まれですが、私がソースをかけて食べるのをみて最初はビックリしてました」(osanemさん)

 「長崎出身です。豚まんにはソース以外に考えられません キッパリ 長崎はソース文化です。何にでもソースをかけます。長崎の有名料理である皿うどん、もちろんソースをかけていただきますが、ソースは『金蝶ソース』に限ります」(rehearsalさん)

 「大阪市内の出身で、現住所も同じです。(中略)…豚まんには、昔からウスターソースとマスタードです。これ以外は考えられません。しょうゆをかけた豚まんなど、とても考えられません」(blue5586pさん)

 「生まれも育ちも大阪です。(中略)…とんかつソースをつけてました。子どもの頃、まだコンビニなどがなかった頃、家でチルド製品や、冷凍の肉まんを食べてました」(rinringさん)


 こうして見ますと、ソースを掛ける地域って、西日本がメインのような気がします。

 また、このようなご意見もありました。

 「長崎、神戸、横浜に共通するのは『港町』と『中華街』です。さらにこれらの都市に共通するのは、『豚まん』であり『ソース』ではないかと思います。すなわち、中華街のあるとこ、豚まんでありソースであるのです」(rehearsalさん)

 なるほどねえ~

 でも、大阪には中華街はないと思うんですが、これは神戸が近くにあることが影響しているのでしょうか。
 
 だったら、東京も横浜が近くにありますから、ソースを掛けても不思議ではないと思うんですが、kakisakasanはソースを掛けて食べる人を一度も見たことがありません。

 肉まん以外の味を楽しみたいのであれば、ピザまんやカレーまんがありますから、ソースを掛けて食べると言う発想は全くありませんでした。

 機会があったら、肉まんにソースを掛けてみようかなと思いますが、その時はウスター、中濃、おたふく…

 どれがいいんでしょうね。

 いっそ、しょう油にしてみるのも、いいかもしれませんね。


 典拠URL
 教えてgoo~教えてウォッチャー 肉まんにソースをかける地域肉 2012年02月22日 花守深雪(Hanamori Miyuki)~
 http://oshiete.goo.ne.jp/watcher/entry/e01b0b1dbe288e0061429e43ee8ca080/

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<世界の海流 * HOME * ヘリが楽器を演奏する>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *