ゴルゴ13がキャラメコーンになってる
2012 / 03 / 26 ( Mon ) 06:51:06

 今朝の東京は晴れです。

 3月も今週で終わりです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 みなさんはスナック菓子と聞いて思い浮かべる商品ってありますか?

 kakisakasanは真っ先にかっぱえびせんを思い浮かべます。

 止められない、止まらない、かっ~ぱえびせんと言う流行語も生み出したかっぱえびせんは、kakisakasanにとっては子供の頃によく食べた懐かしいスナック菓子です。

 他にも、カール、ポテトチップスなどいろいろとありますが、そんなスナック菓子の中で、異色?だったのがキャラメルコーンなんですよ。

 どうして、異色なのかと言いますと、いろんなスナック菓子がある中で、唯一と言っていいほど甘いスナック菓子だったからなんです。

 ですから、最初食べた時は驚いたと言いますか、違和感を感じたと言いますか、これってスナック菓子なのかなあと思った記憶があります。

 でも、手元にあれば、何となく食べていて、そのうちに美味いと思うようになりました。

 そんなキャラメルコーンですが、最近、マンガのキャラクターがパッケージのデザインで使われていますよね。

 kakisakasanは先日ドラえもんを見ました。

 それが 大変好評のようで、今年はデザインだけでなくオリジナルフレーバーも楽しめる新バージョン(全4種類)となって発売することが決定したそうなんです。

 4月2日(月)に第1弾として発売されるフジオ・プロダクション(「天才バカボン」などで知られる赤塚不二夫先生が設立)がデザインしたパッケージは、はちみつバター味。

 同時期に発売される「うる星やつら」「らんま1/2」などで有名な高橋留美子先生がデザインしたパッケージは、ミックスベリー味。

 続いて5月14日(月)に第2弾として発売される「ゴルゴ13」のさいとう・たかを先生がデザインしたパッケージはチョコレート味。 

 同タイミングで発売する「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげる先生デザインのパッケージは、あずきミルク味。

 それぞれ個性的なキャラクターばかりで、結構売れるだろうなあとは思うんですが、中でも驚いたのがゴルゴ13。

 だって、デューク東郷ですよ。

 スナイパーですよ。

 殺○屋ですよ。

 それをキャラメルコーンにするなんて、プロダクション側はよく許可したなあと思いました。

 ちなみに、ゴルゴ13はほろ苦いチョコレートに練乳を加えた蜜が絡んだマイルドな味付けだそうです。

 一仕事を終えた後に、キャラメルコーンを食べながら、暗闇に消えていくデューク東郷…

 キャラの使用は許可しても、さすがにマンガには描かないでしょうね。( ̄ー ̄;


 典拠URL
 Walkerplus~人気マンガ家とコラボした期間限定キャラメルコーンが今年も登場!~2012年3月2日 東京ウォーカー~
 http://news.walkerplus.com/2012/0302/5/

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<遠吠えか、それとも、歌っているのか * HOME * ピーちゃんとロッキー>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *