美しき世界の秘境
2011 / 12 / 05 ( Mon ) 06:30:25
 

 今朝の東京は晴れだと思います。

 もう少し明るければ、はっきりと分かるのですが…

 室内温度は15度弱です。

 おはようございます、kakisakasanです。


 みなさんはブラジルと聞くと、どんな事を連想されますか。

 一番多いのはやっぱりサッカーでしょうか。

 バレーボールと答える人もいるでしょうね。

 リオのカーニバルもありますね。

 経済問題に長けている人は、BRICsと答えるかもしれません。

 kakisakasanは疑うことなくアマゾンと答えます。

 あっ、通販ではないですよ。

 アマゾン川流域に広がるジャングルです。

 ですから、熱帯雨林という印象が強いですのですが、驚いた事に、ブラジルにも砂漠(実際は砂丘のようです)があるんですよ。

 知ってました?

 世界で最も白いと言われる砂丘が15万ヘクタールも広がるその場所は、ブラジル北東部にあるマラニャン州で、レンソイス・マラニェンセス国立公園と言います。

 マラニェンセスは「マラニャン州の」という意味を持ち、レンソイスは「シーツ」を意味するそうです。

 その名の由来のとおり、どこまでも広がるなめらかな絹のような白は、宇宙からも確認できるそうです。

 世界のどこにもない美しい風景もさることながら、そこにある生態系も世界で最も独特だといわれている不思議な地域、レンソイス。

 レンソイスの砂丘を形成する白い砂は100%石英。

 石英とは水晶を砕いたもので、この地を形成したといわれるパラナイーバ川が大地を削って運んできた砂が由来とされているそうです。

 また、毎年1~6月の雨季によってできる無数のターコイズブルーの湖は、7~9月までにしか見ることのできない幻のような存在で、これは石英の層の下にある地下水が、雨で増した水位によって湧き出るためだと考えられているそうです。

 3か月しか存在しない湖。

 それにもかかわらず、この湖にはどこから来たのか魚が泳いでおり、自ら穴を掘って生活している新種のカメやカエルも生息しているんですって…

 しかし、どこまでも広がる砂漠と、雨季の間の足場の悪さによる環境調査の遅れから、レンソイスの湖に生息する生物の謎は未だ解明されていないそうです。

 そんなブラジルの秘境レンソイスは、近年観光地として話題になり始めたばかり。

 この後、写真を掲載しますが、それは綺麗ですよ。

 kakisakasanも行ってみたいとは思いますが、日本から現地まで行くのに丸二日はかかるそうです。

 精神的にも体力的にも金銭的にもきついですが、それでも実際に見る価値は充分にあると思います。


砂漠1

砂漠2

砂漠3

砂漠4

砂漠5

砂漠6

砂漠7


 典拠URL
 ROCKET NEWS~ブラジルの秘境! 呆然とするほど美しい、どこまでも白く続く砂丘 2011年11月12日~
 http://rocketnews24.com/2011/11/12/151304/

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト
* 大自然の神秘 * comment(4) * page top↑
<<メガネを外したら、満月のおぼろ月夜 * HOME * はらはらと落ちる葉の冬支度>>
comment
****

素晴らしい景色ですね!いろいろなところがあるんですね!
by: 花と竜 * 2011/12/05 11:57 * URL [ *編集] * page top↑
**花と竜さんへ**

機会があったら、奥さんと是非行ってみて下さい。
by: kakisakasan * 2011/12/05 19:19 * URL [ *編集] * page top↑
****

ブラジルの人きこえますか~というギャグがあるくらい地球の裏側なので行くだけで時間かかりますよね!
飛行機がしんどいのでいく機会なさそうな場所ですね!!
by: ころすけ * 2011/12/05 20:25 * URL [ *編集] * page top↑
**ころすけさんへ**

確か、アメリカで乗り換えるんですよね。
イモトアヤコは大したものだと思いますよ。
by: kakisakasan * 2011/12/05 21:23 * URL [ *編集] * page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *