はらはらと落ちる葉の冬支度
2011 / 12 / 03 ( Sat ) 08:25:08
 
 今朝の東京は雨です。

 土砂降りではないですが、よく降ってます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 先日、ネットニュースを見ていたら、今年の秋は記録的な暖かさだったようです。

 体感的にも、今年の秋は暖かいと思いました。

 でも、12月に入った途端、冬の寒さが到来して、一気に冷え込みが厳しくなりました。

 昨日今日と、朝の室内温度は11度台でしたから…

 これが一桁になるのも、もうすぐのようです。

 ただ、私の感覚では、12月から寒くなったのですが、植物はもう暖かい秋から寒い冬に変わるのを知っていたのかもしれません。

 先月末、近所にあるしだれ桜の葉がはらはらと落ちて、地面を覆い尽くしていました。

 私はそれを見ながら「暖かくても、やっぱり冬は近づいているんだな」と、何となく思いました。

 ただ、それは、冬になれば落葉植物の葉は落ちるものと観念的に思っていただけのことでした。

 しだれ桜は、数日後に訪れる冬の寒さを既に知っていたのでしょうね。

 葉は落ちていたのではなく、しだれ桜自身が葉を落としていた。

 冬支度のため、そして、来年の春を迎えるために…

 私達人間の季節感は、真っ只中のそれしか感じることが出来ません。

 でも、植物の季節感は、常に数ヶ月後なのかもしれません。

 春には既に秋を感じ、秋には既に春を感じている。

 色づいた葉がはらはらと降り積もる。

 それは秋の紅葉ではなく、春の息吹と言えるのかもしれません。

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* しっとりと~つれづれ日記 * comment(0) * page top↑
<<美しき世界の秘境 * HOME * 駄目だ、どうしても上れない>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *