便利すぎて怖いですよ…
2011 / 09 / 06 ( Tue ) 06:31:19
 
 今朝の東京は曇りです。

 未明はまた雨が降ってました。

 ちょっと涼しいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 地デジになって早一月が過ぎましたね。

 kakisakasanは相変わらずテレビ無しの生活を送っております。

 それまで使っていたテレビは家電リサイクル法に基づき、業者に引き取ってもらいました。

 本当に、長いことお世話になったなあと思いました。

 で、それに伴って、ビデオデッキも別の業者さんに引き取ってもらいました。

 もう4~5年は使っていませんでしたね。

 とは言っても、ビデオデッキの場合は時計代わりとして使っていて、特に朝出掛ける時は重宝してました。 

 目覚まし時計にはアナログを使用していまして、こちらは多少時間のずれが起きるのですが、 ビデオデッキの時計はデジタルでしかも正確でしたら、朝はそれを見ていつも出掛けていたんですよ。

 すると、駅に到着する時間も決まって同じ時間になるので、同じ電車に乗れたんですね。

 でも、そのビデオデッキが無くなったものですから、目覚ましのアナログ時計を頼りに家を出るのですが、どうも時間のずれが生じてしまって、決まった電車に乗るタイミングがずれるんですよね。

 ですから、先日、デジタル時計を買いました。

 しかも、電波時計ってやつ…

 標準電波を受信して誤差を自動修正するという優れものですよ。

 電池を入れて、スイッチを入れたらピーと鳴って、しばらくしたら勝手に時間が調整されていて、いやあ、これには本当にびっくりしましたよ。

 今の世の中って至れり尽くせりと言いますか、正直言って、便利と言うよりはちょっと怖いですよね。

 そりゃあね、正確な時間を知りたいから買ったわけで、不満はもちろん無いのですが、何て言うんでしょうね、kakisakasan自身が時計を使っている感覚にならないんですよね。

 目に見えぬ何かに管理されているような、そんな錯覚に陥るんですよ。

 だから、ビデオデッキの時計を使っていた頃も、正確な時間を知りたい時はそっちを使って、それ以外の時はアナログの目覚まし時計を使っていたんですよ。

 単なる数字に頼るのではなく、針の角度で時間を知る。

 そうやって時計を見ると、凄く時間を体感出来るんですよ。

 そして、時々、ビデオデッキのデジタル時計と見比べて、時間の調整をする。

 それがまた時間を体感出来る良い機会なんですよ。

 今回電波時計を買って思ったのは、同じ正確さを持っていながらも、ビデオデッキの時計と電波時計では、これまた印象が違うんですよね。

 どうしてなんでしょうね。

 目に見えぬ何かに管理されているという錯覚と、標準電波が時間を管理しているという意識が同一線上にあるからでしょうか。

 そう言えば、SF映画でこんな感じのものがありましたよね。

 『ゼイリブ』って映画はそうじゃなかったかな…

 まあ、便利であるのは有り難いですが、便利すぎる事を当然とは思わない方がいいですよね。

 過ぎたるは猶及ばざるが如し…ですからね。

 
 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<ジョーズが上手に空中を泳いでいる * HOME * あら、まっ、電車の中に猫が…>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *