自衛隊の方々にはほんとに感謝しなければ…
2011 / 06 / 16 ( Thu ) 07:03:33
 

 今朝の東京は曇りです。

 肌寒いです。

 梅雨寒です。
 
 おはようございます、kakisakasanです。


 大震災から三ヶ月以上が過ぎましたね。

 被災地では、瓦礫の撤去が行われ、仮設住宅が作られ、歯を食いしばり明日に向かっている人達が大勢いらっしゃいます。

 その人達を支援するために、自衛隊の人達は今尚懸命の努力を続けています。

 フジデレビの朝の番組である『めざましテレビ』では、時々自衛隊の特集を組んで放送しています。

 それを見て思ったのは、「ああ、自衛隊がいて、本当によかった」という事でした。

 瓦礫の撤去では、自衛隊の所有する特殊車両がその力を発揮し、橋の無い所にはこれまた自衛隊の所有する簡易の橋を架け、その活躍には目を見張りました。

 どうして、自衛隊はそんな設備を整えているのかと言いますと、自己完結しなければならない組織だからです。

 詳細はこちら。

 自衛隊愛知地方協力本部
 http://www.mod.go.jp/pco/aichi/naritai/shigoto.html

 有事と言うと、一般的には戦争を意味するのでしょうが、今回のように地震と津波、また台風・土砂崩れ・火山噴火など、日本にはありとあらゆる自然災害が存在するんだと言う事を、私達日本人は改めて認識したと思います。
 
 それに対応するためには、自衛隊はやはり必要不可欠であることもまた認識したと思います。

 しかし、自衛隊の人達もまた、今回の大震災で自分達の存在意義を大きく感じられたようなんです。

 以下はネットに掲載されたニュースの一文です。

 「自衛隊員は、各々の力量でみれば世界に引けをとらないレベルにあると思っていますが、それでもやはり、永劫演習とも言うような日々を過ごしていると、わずかに“本当の有事”に対応できるのかと思うものです。でも、今回の災害派遣で、自分は組織としての自衛隊を内側から見直した面がありました」

 3月13日の日記

 観光客を救出するために、ヘリで石巻市のホテルに向かう。このホテルは海岸線にあるが、高台のため、市街への道路が寸断されただけで、大きな被害はなかった。着陸予定地のゴルフコースを確認すると、驚いたことにゴルフをやっている人がいる。何が起こっているかを知らなかったのだ。

 しかし、離陸して山を越え、石巻市街を一望した瞬間、宿泊客たちは愕然とし、ある者は泣き始め、私にしがみついてきた。自分には、頷くことしかできない。総合運動場で彼らを降ろすと、一人の中年男性に手を握られ、「本当にありがとう」と言われた。入隊してから20年近いが、国民から本気で御礼を言われたのは、初めてかもしれない。嬉しかった。

  
 また、この隊員の方はこのようにも言っています。

 拠点になった霞目飛行場は、陸上自衛隊が管理しているヘリコプターを主とした飛行場。平時は静かなこの飛行場も、今は消防ヘリ、警察ヘリ、防災ヘリ、ドクターヘリ、そして自衛隊機がところせましと並んでいる。今回、印象深いのは各省庁のヘリ運用がとても機能的に連携している点だった。

 今までの災害派遣では、各省庁がバラバラに活動を行っていて、あまり連携を感じたことがなかったのだが、今回は違う。活動する地域を区切り、割振りを実施した。また、普段あまり接することのない消防、防災、ドクターヘリの関係者と情報交換、共有ができた。燃料補給に行くたびに、お互いの連帯感が強くなることを感じた。


 永田町では、醜い争いが続いています。

 彼らの目に映っているのは、被災地の人達でもなければ、ましてや日本の未来でもない。

 選挙、選挙、選挙…

 選挙は国会議員の就活の場じゃない。\(*`∧´)/

 救いだったのは、現場で働いている人達が有能だったこと…

 自衛隊の方々にはほんとに感謝しなければと思います。

 そして、自衛隊の方々同様、現場で働かれた警察や消防など各省庁の方々にも感謝しなければと思いました。 


 典拠URL
 NEWSポストセブン~被災地支援自衛官「国民に本気で御礼言われたのは20年で初」2011.05.19 07:00~
 http://www.news-postseven.com/archives/20110519_20416.html

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* kakisakasanの世間話 * comment(3) * page top↑
<<盗み食いしたのは誰だ? * HOME * カメラのフレームにズームニャン>>
comment
****

私の中学自分の自衛隊は,イメージが悪かったです。繁華街などで,入隊希望者を掴まえて説明していました。自分の名前が書ければ合格のようでした。
就職難以後,自衛隊の人材も一変されましたね。

三島由紀夫の事件の時,自衛隊員に演説していた三島由紀夫の話してることを理解している人は少なかったでしょう?
by: 花と竜 * 2011/06/16 08:06 * URL [ *編集] * page top↑
****

改憲されなければずっと自衛のままだからモチベーション等は難しい問題だとおもいます
自衛隊も無休に近いんでしょうね!お疲れ様です
by: ころすけ * 2011/06/16 19:41 * URL [ *編集] * page top↑
**コメントのお返事です♪**

花と竜さんへ
これも時代の趨勢ですよね。
有事という意味が変わってきましたから、これからますます自衛隊の力が必要とされると思います。

ころすけさんへ
改憲は必要ですよね。
でも、これまでの国会議員は責任を取りたくないから、いつも逃げ腰。
憲法も時代と共に変わるべきであり、変えるという意志にこそ、国や国民に対する責任を、国会議員は感じるべきなんだと思いますけどね。
by: kakisakasan * 2011/06/16 20:54 * URL [ *編集] * page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *