アニメみたいな金魚
2011 / 04 / 25 ( Mon ) 07:07:47

 今朝の東京は晴れです。

 さわやかな朝です。

 GW、みなさんは出掛けられますか。

 おはようございます、kakisakasanです。


 みなさんは金魚と言うと何を連想されますか。

 kakisakasanはやっぱりお祭りの金魚すくいですね。

 上手な人は5~6匹、達人となると何十匹とすくいますが、kakisakasanは…(^^:)

 まあ、すくっても、後々の事を考えると…

 水槽は買わなくちゃいけない、泡がブクブク出るやつは買わなくちゃいけない、毎日の世話が大変…

 大切に育てると、2~3センチだった金魚が10~15センチくらいまで成長しますからね。

 しかも、まるで熱帯魚のように…

 そんな金魚ですが、愛好家にとってはたまらない魅力があるようです。

 中でも、スイホウガン(水泡眼)という金魚は“東洋の生ける芸術品”と言われているようで、なんでも欧米のあこがれの的なんだそうです。

 中国で1000年以上繰り返された掛け合わせで生まれ、長らく門外不出の種だった…

 その姿は、アニメに出て来る愛らしいキャラクターのようで、確かにこれは人気が出そうだなと思いましたね。

















 スイホウガン
 

 典拠URL
 NATIONAL GEOGRAPHIC~今日の写真 2011年4月19日~
 http://www.nationalgeographic.co.jp/photography/photo-of-the-day/?year=2011&month=4&day=19a

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

* 大自然の神秘 * comment(0) * page top↑
<<バタンキューなニャンコ * HOME * ブラックバスのコロッケ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *