節電で浮いたお金を有意義に使おう
2011 / 04 / 09 ( Sat ) 09:44:14

 今朝の東京は曇りです。

 昼過ぎ頃から雨が降るようです。

 今日の洗濯物は部屋干しです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 昨日、ニュースを見ていましたら、計画停電は今後中止にすると言ってました。

 電力を大量消費する企業だけでなく、おそらく、個々人にも電気の節約に対する意識が高まった結果だと思います。

 もっとも、消費しようにもそれを賄う電力供給が出来ないわけですから、否応にも節約しなければならないんですけどね。

 でね、それで思ったのが、電気代…

 一人暮らしの月平均の電気代は6000円程度と聞いた事がありますが、kakisakasanはそれを下回っていますので、普段からそれほど電気を使っているわけではないと思いますが、それでも、今月は意識して使わないようにしましたから、若干電気代が下がっていると思います。

 おそらく、これが数人の家族でしたら、もっと下がってるのではないでしょうか。

 その上、最近は買い控えで消費が低迷していますから、更にお金が浮く可能性があります。

 つまり、家計費が少し浮くのではないかと…

 まあ、家庭の事情はそれぞれでしょうから、そんなにうまくお金が浮くことはないかもしれませんが、節約や買い控えで浮いたお金があるのなら、今からその使い道を考えるべきだと思います。

 経済の専門家の人達は、日本経済の低迷を心配して、中には「停止させている原発を使うべきだ」と言う人もいますが、いくら何でもそれは無茶苦茶だなあと思います。

 確かに、お金が流通しないと、世の中が立ち回らなくなってしまいます。

 人間にたとえるなら、お金は血液。

 血液が体中を回らなければ人間は死んでしまいます。

 お金が回らなければ、日本は死んでしまいます。

 現状の日本は、大怪我をしている状態です。

 そのような時期に、原発を動かして電力を賄い、経済を復活させようとしても無理ですよ。

 人の心も体も動きません。

 今は、じっくりと休める時です。

 そして、傷が癒え、何かしら前向きに考えられるようになったとき、初めて、人の心は動きます。

 人の心が動けば、経済もまた動き出します。

 で、ここで登場するのが、節約したお金なんですよ。

 花見の自粛が言われていますが、花見って、何も馬鹿騒ぎするだけが花見ではないですよね。

 本来は、美しい花を愛でるのが花見だと思いますから、被災者の人達の安寧を願いつつ、花を愛でられる世の中を有り難く思い、節約したお金でお団子を食べたり、家族でご飯を食べたりすればいいんですよ。

 被災地では徐々に復興が始まり、早ければ、ゴールデンウィークには被災地側もお客さんを受け入れられる態勢が整う場所もあるでしょう。

 その時は、励ましの意味を込めて、被災地を観光地として訪れようじゃありませんか。

 ホテルに泊まって、現地の美味しい物を食べて、特産物を買って…

 今はまだ品数が豊富ではないでしょうが、とにかく、浮いたお金を有意義に使いたいものです。

 地味な活動でも、それが私達一人一人に出来る日本復興の第一歩だと思います。

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<ネコがワニに勝った * HOME * 今できる事から未来に向けてやるべき事へ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *