買い占めの理由のひとつとして…
2011 / 03 / 25 ( Fri ) 06:56:02
 kakisakasanのブログ友達のえみをさんからの転載希望の記事がサイドバーにあります。 

 内容は今回の大震災で行方不明になっている“いっしさん ”と愛犬のこー君の安否情報です。

 被災地の方々、また、被災地と連絡の取れる方々、もしこの情報をご覧になって心当たりがありましたら、えみをさんまでお知らせ下さい。

 えみをさんのブログ
 ++嗚呼、短足動物園++ 
 
 http://ameblo.jp/tansoku-zoo/ 

 
 今朝の東京は晴れです。

 でも、夜から雨になるようです。

 3月も終盤なのに、寒いです。

 おはようございます、kakisakasanです。
 

 地震以後、問題の一つとして買い占めが取り上げられていますよね。

 テレビCMでも買い占めは止めようと放送されるくらいですから、日本全国で買い占めが発生していると思われます。

 本当に迷惑な話ですが、しかし、中には買い占めではなく買いだめをしなければならない人もいるんだなあと考えさせられまして…

 これは先日会社の人から聞いた話なんですが、その人の知り合いがやっぱり買い占めをしたんですよ。

 なぜかって言いますと、震災に遭った人が頼ってきて、しばらくの間お世話をすることになったんですって…

 何人くらい来たのかは分かりませんが、本当に着の身着のままだったらしく、お世話になるからといくらかお金を渡されたそうです。

 ですから、いきなり家族が増えたせいで、その分必要な物が増えてしまって、買いだめをしなければならなくなったそうです。

 なるほど、そう言う事もあるのかと思いましたが、でも、その震災に遭った人って凄い親しい人ではなく、親戚の親戚のような人で普段は全く連絡を取り合った事など無いそうなんです。

 ですから、正直、迷惑な所もあるようなんですが、事態が事態ですからね。

 むげに断ることも出来ず…

 震災に遭った人にからすれば、きっと藁をもつかむ思いだったんたでしょうね。

 きっと微かな記憶を辿って、そう言えば、関東に知り合いが…と思い出したんでしょうね。

 大阪の橋本知事は疎開を引き受けると表明しました。

 おそらく他の自治体も名乗りを挙げると思います。

 その地に留まって復興を目指す道もあるのでしょうが、疎開もまた一つの方法であることを、行政は本腰で考えるべきなんでしょうね。

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* kakisakasanの世間話 * comment(3) * page top↑
<<お一人様一点なのは分かるが… * HOME * 新幹線とじゃれる>>
comment
****

いつまでも寒いですね!被災地の人は大変でしょう!風邪等が流行らないように祈るだけですよ!
今日のマイミクさんの日記からです。

最近連日のように報じられている
『買いだめ』のニュースを見ていると
なんだか人間の本質を見せ付けられているような気がする。

もちろん
買う人が悪いわけではない、と思う。

買い物へ行く度
何もなくなった棚を見て
どんな人がどんな思いで買ったのか
いろんなことを考える。
でも、私は
買いあさっている人を攻める気にはなれない。

買いすぎること自体問題はあるけれども
不測の事態時に物資がなければ
自分のみならず、大切な人を守る事も出来ない。
それは
現実的な事実だと思う。

そんな不安によって
誰かの為に買ってしまう、
買わずにいられなくなる。
人間の欲に駆られた行為だけではなく
愛情のある行為であっても
それが人間の性なのだと思う。

どんなときでも『生きて行く』という
意思がなければ、
人間に未来はない。

それは命が持っている本能の力なのだから。

でも、
ちょっと考えてみて。
もし、あなたが死んだとしたら何を持っていくの?
体さえ、持っていくことはできないんだよ。
せっかく集めた物なんて、持って行けないよ。

命の危機が訪れたとき、
最も必要なのは、
危機を脱する『物』ではなく
あなた自身の体力と
不安に負けないあなたの心。

日常の生活の中で
健康を心がけ、知識を蓄える事が
最も大事なんじゃないかな。

今、これからの未来に向けて
神様が私たちに宝箱を贈ってくれています。

あなたが選ぶのは
大きな葛篭ですか?
小さな葛篭ですか?

『足るを知る』それは叡智の一つだろうと思う。

by: 花と竜 * 2011/03/25 08:55 * URL [ *編集] * page top↑
**知恵**

そうですね。主人も同じようなことを言っていました。
子どもが1人の家庭もあれば、我が家のように3人いたり、4人・5人・・・
その上、介護しているご家庭など、いろいろあるでしょう。
地震前から我が家は、1週間に一度、約¥10000~15000の買い物を
当たり前のようにしていました。それだけ子どもたちが食べるので・・。
でも、今では、それも「買占め」と思われてしまいます。
しかし、現在はお店にものがない状況ですし、生活をしているのは
自分達の家だけではないですから、知恵を絞るようにしています。
便利な世の中だと考え付かなかったような知恵がどんどん出てきます。
保存食の作り方も学ぼうと勉強欲も出てきます。
食べ物に関して「無駄」がなくなってきます。
もちろん、お弁当や夕食メニューは質素になりました。^^;
それは、本来、とても大切なことだったんじゃないか?と、今、思っています。
by: しゅんちゃんママ☆tokotoko * 2011/03/25 09:54 * URL [ *編集] * page top↑
**コメントのお返事です♪**

花と竜さんへ
吾唯足知(われ ただ たるを しる)
この言葉と出会ったのは、わたしが中学生の時だったでしょうか…
少年ジャンプ連載のマンガに『朝太郎伝』というのがあって、その最終回の時に見た覚えがあります。
満足することを知るということは、傲慢にならない事だと思います。
そのためには、謙虚さを身につける事だと思います。

しゅんちゃんママ☆tokotokoさんへ
そうですね、ただ節約をするのではなくこれまでの生活を見直すこともまた必要だと思います。
見失っていた何かを見つけられるかもしれませんね。 

by: kakisakasan * 2011/03/25 22:50 * URL [ *編集] * page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *