大地震~すごかったの一言~
2011 / 03 / 12 ( Sat ) 09:26:10
 
 おはようございます、kakisakasanです。


 皆さん既にご存知のように、関東・東北地方で大きな地震がありました。

 特に、東北地方の太平洋側は甚大なる被害が出ています。

 救助を待っている方、たくさんいらっしゃると思います。

 一刻も早く、救いの手が届けばと思います。

 では、ここからはkakisakasan自身が体験した事を書いていきたいと思います。

 kakisakasanは会社で仕事をしていました。

 時計を見たらそろそろ三時になるので、缶コーヒーでも買って来て、一息入れようかなと思っていた矢先でした。

 軽い縦揺れが来て「えっ、地震?」と向かいに座っている人と顔を見合わせました。

 先週も地震があったので、最初は「また地震か」と思う程度でした。

 でも、そのうち、次第に揺れが大きくなって「長いな」と思ったら、物凄い激しい揺れになって…

 ロッカーは倒れる、書類棚は倒れる、机の上のモニターは倒れる…

 kakisakasanは瞬時に「関東大震災が遂に来た」と思いました。

 揺れはなかなかおさまらず、それどころか、激しさは増す一方…

 ある人は机の下に隠れたり、ある人は閉じ込められないようドアを開けて逃げ道を確保したり…

 kakisakasanは机にしがみついて、どうなるのか周囲をずっと観察してました。

 そうして、揺れがおさまってくると、とにかく外に出ようと言うことになり、全員会社の外に出ました。

 外に出たら、ビルは倒れている、電柱は折れている、火事が発生している…

 そんな事を想像しながら、kakisakasanは外に出ました。

 しかし、意外にも、そのような事態にはなっていませんでした。

 いえ、それどころか、近所のコンビニに行ったら、ほとんどの商品は陳列棚から落ちることなく、営業も普通に行われていました。

 とても不思議な感じでした。

 kakisakasanの会社が入っているビルの人達だけでなく、回りのビルからもたくさんの人が出て来て、会社によっては震災用に備えてあったヘルメットを被り、点呼を取っていたのに…

 非難場所では、それぞれが携帯で地震速報を見ていました。

 震源地は宮城沖だと誰かが言いました。

 kakisakasanは「えっ、宮城?」と思いました。

 さっきも言いましたようにkakisakasanは関東大震災が来たと思いましたから、震源地は東京直下か関東の近海だと思ってました。

 ですから、宮城沖と聞いた時はちょっと耳を疑いました。

 そして、もし、それが本当なら、宮城沖から離れている東京でさえ激しい揺れでしたから、東北地方は一体どうなったんだろうと恐ろしくなりました。

 この日は、もう仕事にはなりませんし、電車は完全ストップであるのは分かっていましたから、早い帰宅となりました。

 当初はタクシーを使おうと思いましたが、もう無理でした。

 タクシー乗り場には長蛇の列、タクシーを見かけても既に誰か乗車しているか、予約車の掲示…

 結局、歩いて帰りました。

 災害難民という言葉は知っていましたが、まさか自分がそんな目に遭うとは考えてもいませんでした。

 通勤距離は比較的短いのですが、それでも歩くとなると家に着くまでに2時間以上かかりました。

 途中から、足の裏や太ももの付け根が痛くなり、しんどかったです。

 幹線道路沿いの歩道は、歩いて帰宅する人で溢れてました。

 異様な光景でした。

 でも、街並みはいつもと変わらず、ビルには電気もついていて、本当に大地震があったのだろうかと思いました。

 日常と非日常が入り乱れて、夢でも見ているような錯覚に陥りました。

 途中、ラーメン屋さんに寄って、夕飯を頂きました。

 テレビ中継は津波で飲み込まれた街を映していました。

 場面が変わると、次はコンビナートの火災を映しました。

 それを見て、やっぱりとんでもない事が起きたんだと改めて実感しました。

 家に無事着くことは出来ても、部屋はきっとぐちゃぐちゃになってるんだろう…

 本棚は倒れ、冷蔵庫は倒れ、電子レンジは棚から落ちて…

 最悪を想像していました。

 しかし、驚いた事に、部屋はほとんど無事でした。

 本棚から、数冊本が落ちている程度でした。

 会社で体験した揺れは、一体何だったんだろう…

 地震の疑似体験をする施設をテレビで何度か見たことがありますが、まさにそれだったんですよ。

 とんでもなく酷い揺れだったんですよ。

 会社はもちろん鉄筋コンクリートのビルで、築年数もそんなに古くはないと思います。

 片や、kakisakasanのアパートは木造で、築年数もかなり古いと思います。

 なのに、会社での揺れが大きかった…

 この差は何なんだろう…

 一つ言えることは、kakisakasanの会社は比較的高い所にあるので、それで揺れが大きかったのかと…

 しかし、階下の会社の人達も慌てて外に出てましたし…

 建物の構造と言うよりは、地域差の影響なのでしょうか。

 はっきりとした事は分かりませんが、とにかく、部屋が無事なことにはホッとしました。

 余震は未明からずっと続いています。

 さっきも震度3程度の揺れがありました。

 テレビニュースを見ていましたら、宮城沖の震源地は何カ所もあり、新潟を震源地とする地震もあり、日本はどうなってしまうんだろうと怖くて仕方がありません。

 原発にも事故が発生して、きっと電力不足が起きると思います。

 政府は電力の無駄遣いをしないよう呼びかけるべきだと思います。

 kakisakasanも出来るだけ電気は使わないようにしたいと思います。

 それから、マスコミには「壊滅」という言葉を使わないようにしてほしいです。

 状況を見れば、確かにその通りかもしれませんが、被災者の人達からすれば、それはどん底に突き落とす言葉です。

 復興を妨げる言葉です。

 マスコミは政治家に対して「言葉の使い方」を指摘します。

 それと同じ事をマスコミは自分自身に対して実行してほしいと思います。

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* kakisakasanの世間話 * comment(2) * page top↑
<<原子力~エネルギー問題の過渡期かもしれない~ * HOME * 何気ない白梅の景色>>
comment
**すごかったです**

私の従兄弟も東京に住んでいまして、2時間歩いて帰宅したそうです。
部屋の中は、泥棒に入られたかのように酷いものだったそうです。
家具の向き・配置と揺れる方向の関係もあるかな?と今回思いました。
御殿場が震度5、沼津は震度4とのことでしたが「嘘だろ~~~!?」と
こちらの友人達と話しました。
とにかく長かったですね。「まだ?」という感じで。
余震も大きいのが幾度も幾度も・・・。もー、船酔い状態です。
余震で、一度大きな縦揺れがありましたが、それが東海地震に
つながらないといいなーと心配しています。
ここって、ちょうどプレートの真上なんですよ・・・。

安否の確認は、宮城の友人があと1人、いわきの友人があと2家族、
八戸があと数人、まだ取れていません。無事を祈るばかりです。

まだ大きいのが来るかもしれませんから、kakisakasanも気をつけてくださいね。
by: tokotoko * 2011/03/12 12:04 * URL [ *編集] * page top↑
**tokotokoさんへ**

ほんとに、無事を祈るだけです。
早く連絡が取れるといいですね。
by: kakisakasan * 2011/03/12 21:36 * URL [ *編集] * page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *