もう少し真剣に歌詞を考えて欲しい
2011 / 01 / 17 ( Mon ) 07:11:52
  
 今朝の東京は晴れです。

 今日も寒いです。

 冷えすぎて、頭が痛いです。
 おはようございます、kakisakasanです。


 これは、いつ頃だったかなあ…

 多分、去年の12月半ばくらいだっと思うんですが、会社のお昼休み、ネットニュースを見ていたら、以下の記事を見つけたんですよ。

 ITmediaNews“最近のJ-POP風”歌詞を自動生成 「翼広げすぎ」なジェネレータ 
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1011/04/news089.html

 その内容はと言いますと…

 最近のJ-POPの歌詞は似たフレーズが多いとネットで話題になっており、検証サービスも登場する中、今度は、J-POP風の歌詞を自動生成するサイト「J-POPジェネレータ」が登場した。
 
 サイトにアクセスすると自動生成した歌詞を表示。

 「翼広げ」「桜舞い」「瞳閉じ」「君の名を呼び」「会いたい」など、J-POPの歌詞に「ありがち」と指摘されているフレーズだらけの、どこかで見たような歌詞が表示される。

 リロードすると歌詞が再生成されるため、アクセスのたびに違う歌詞が見られる。

 「本サービスは、翼広げすぎたり、桜舞いすぎたり、瞳閉じすぎたり、君の名を呼びすぎたり、会いたすぎたりしますが、何卒ご容赦願います」としている。

 対象は「J-POPアーティスト様」。

 自動生成された歌詞に「インスパイア」されることで、「全く新しいオリジナルの歌詞を生み出すことができる」ため、「例えスランプで歌詞が浮かばなくても大丈夫」としている。


 ちなみに、こちらがそのサイトです。

 J-POPジェネレータ
 http://jpop.mbtl.net/

 この記事を読んだとき、まさにその通りだなと思いましたね。

 J-POPと呼ばれる歌手の人達の歌詞って、どれもこれも変わらず…( ̄ω ̄;)ンーー

 作詞をしているのが誰だかは知りませんが、本気で詞を考えているのかなと思ってしまいます。

 そもそも、コンピュータで自動生成出来るものを詞とは言えないですよ。

 ちなみに、以下の詞は「J-POPジェネレータ」のサイトで自動生成されたJ-POP歌詞です。

 心震える 会いたい 夢でなら会えるのかな
 今度いつ会えるかな 忘れられなくて
 どんな時でも君を守るから いつまでも
 つないだ手離さないで 今すぐ君に会いたい
 声を聞かせて 私のこの想い
 離れていても心は傍にいるよ


 実に見事だなあと思いましたね。

 巷に流れているJ-POPの歌詞と比較しても、何ら遜色ないですよね。

 これなら、作詞家に頼まず、コンピュータにお願いした方がいいですよね。

 だって、作詞料はタダなんですから…( ̄▽ ̄;)

 でね、この詞中にもありますが、kakisakasanがいつも気になるのが「守る」「守りたい」「守ってあげる」…

 一体、何から守ってあげたいんでしょうね。

 イジメに遭ってる友達を守ってあげたいのか、病に苦しんでいる我が子を不安から守ってあげたいのか、リストラされたお父さんが我が身に変えても家族を守る決意を示す歌詞なのか…

 ただ守ると言っても、その状況によって、守る意味合いが変わって来るんですよ。

 つまり、ここで何が言いたいのかと言いますと、J-POPの歌詞って具体性が全くないんですよ。

 四十代から五十代にかけて、この世代はフォークソングの世代だと思います。

 kakisakasanもフォークソングはそれなりに聴いてまして、中でも、かぐや姫が好きでした。

 喜多条 忠作詞、南こうせつ作曲の『神田川』は今も口ずさみます。

 あなたはもう忘れたかしら
 赤い手ぬぐいマフラーにして…
         |
        割愛
         |      
 若かったあの頃、何も怖くなかった
 ただ、あなたの優しさが怖かった

 回想の言葉から始まって、過去の具体的な叙事があって、そして、最後に「怖かった」と叙情が綴られて…

 この短い詞の中に、物語がちゃんとあるんですよ。

 そして、この詞には当時の時代がちゃんと反映されている。

 だから、何百回聞こうが飽きることはないですし、むしろ、人生経験を積んだ今聞き直すと、十代の頃に聞いた時とはまた違った印象があります。

 詞は生きていなければいけないんです。

 でも、J-POPの歌詞にはそれがない。

 単なる単語の羅列に過ぎない。

 だから感動がない。

 詞を書くと言うのは、その時代と真っ正面から向き合う事だと思います。

 ただ、そんなに難しく考える必要もないと思います。

 素直に感動した事、腹が立った事、悔しかった事などを綴ればいいんですよ。

 トイレの神様がヒットしているのは、そんな所に理由があるがあるからではないでしょうか。

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* 垣坂さんの考えたこと * comment(3) * page top↑
<<こんなストライク、絶対無理… * HOME * お通しは断りますか。>>
comment
****

昔の作詞家は情緒や歴史を踏まえて曲に合わせていましたね!
だから私などは,流行歌と言われた時代の歌が大好きです!

西条八十などの詩はほんと大好きですよ!
by: 花と竜 * 2011/01/17 10:10 * URL [ *編集] * page top↑
****

遅ればせながら、今年もよろしくお願いいたします。

情景、心情を切々と語ってくれる歌が少なくなりましたね。

私もフォーク世代。
『トイレの神様』で泣いちゃいました。
by: とうちゃん * 2011/01/17 12:19 * URL [ *編集] * page top↑
**コメントのお返事です♪**

花と竜さんへ
西条八十…
渋いですね。

とうちゃんさんへ
いえいえ、こちらこそ。
今の歌詞って、曲に合わせて言葉を発する道具のように使われてますよね。
それが本当に残念です。
by: kakisakasan * 2011/01/17 22:34 * URL [ *編集] * page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *