お通しは断りますか。
2011 / 01 / 16 ( Sun ) 09:15:26
 
今朝の東京は晴れです。

 空は綺麗ですが、空気は冷たいです。

 ああ、冬晴れ…

 おはようございます、kakisakasanです。


 去年の12月、会社のある人と仕事帰りにご飯を食べに行った時の事ですよ。

 まあ、男二人ですから、ご飯と言っても、アルコールが付いて回りますので、ちょっとした居酒屋に入ったんですよ。

 で、いろいろと注文をして、しばらくしたら生ビールとお通しが来たわけですよ。

 そして、お疲れ様の乾杯をしまして、その後は仕事について、ああだこうだと話したんですよ。

 で、お会計を済ます時になって、二人でぼそっと話したんですよ。

 「お通しって、金取られるのかな…」

 お通しは、店によって出たり出なかったり…

 出た場合は、お金を取られたり、取られなかったり…

 今回は、しっかり取られました。

 料理は筑前煮みたいなもので、小鉢に入っていて、値段は350円。

 結構な値段だったので、店を出てから、断ればよかったなという話になったんですよ。

 もちろん、二人とも、お金が取られるのではと言う事は知っていましたが、店に入る時は、そんな事にまで頭が回らず…

 料理そのものは、別に美味しくないって事はなかったのですが、特に食べたいものでもなかったので、そう思うとねえ~

 正直、嫌な気持ちになりましたね。( ̄-  ̄ )

 お通しって、断ってもいいものなんでしょうが、でも、店に入っていきなり断るのは気が引けますし、だからと言って、注文してないものを渡されるのもねえ~

 しかも、会計の時は当然のごとく、お金を取る。

 何だか、だまし討ちに遭ったような気になるんですよね。

 だからね、お店側もそう言う所に配慮して欲しいですよね。

  たとえば、「今日のお通しは××の煮物で、お値段は××円ですが、いかがしますか」という風に聞いて欲しいですよね。

 
 でも、おそらく、店側の言い分は「何も言わずに渡すからお通しなのであって、尋ねたら、それはお通しじゃなくなるだろ。ただの注文…いらないのなら、断ればいいんだよ」

 お通しって、そう言う所が暗黙の了解になってますよね。

 繁盛しているお店は、そんなお客の微妙な心理まで気を遣うことはないのでしょうが、そう言う嫌な思いをさせられたお店にはもう行きたくないですし、この店には二度と来ないと言う話になっちゃうんですよね。

 実際、二人の間で、そう言う会話になりましたよ。

 忘年会の時期だっただけに、より強く印象に残った出来事でしたが、みなさんはどうですか。

 お通しは断りますか。

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
<<もう少し真剣に歌詞を考えて欲しい * HOME * 踏んでも、気づいてないよ>>
comment
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

* HOME *