ストレス冷えにご注意
2010 / 12 / 10 ( Fri ) 10:26:40
 
 今朝の東京は晴れです。

 仕事の疲れが溜まってます。

 ああ、会社、辞めたい。

 おはようございます、kakisakasanです。


 天気予報を見ていますと、今年の冬は平年並みと言うことで、まあ、そうなりますと、普通に寒いと言うことになるんでしょうが、みなさんのお住まいではどうですか。

 東京地方は思った程寒くはなく、寒がりのkakisakasanも体を丸くすることなく過ごしております。

 それに、寒がりではありますが、冷え性ではないので、その点は大丈夫です。

 でも、冷え性の方はこれからが大変になるんでしょうね。

 しかも、最近は「ストレスによる冷え」を訴える人も急増中だって、知ってました?

 目黒西口クリニック院長の南雲久美子先生の話によりますと、最近は、“冷え”の原因として“ストレス(過緊張)冷え”が増えているそうで、訪れる9割がストレス冷えの患者さんなんだそうです。

 以下は、その“ストレス冷え”大きな特徴です。

 1.部分的に汗をかく。
  「交感神経の緊張から、手のひらや足先など部分的に汗をかいてしまう人は、“ストレス冷え”の可能性が高い」

 2.外から温めるなど体をリラックスさせると症状が悪化する。
  「“ストレス冷え”の人は、緊張した状態が普通になってしまっているため、体がリラックスした状態になっても気持ちはリラックスすることができず、かえって“冷え”の症状が悪化する」

 3.イライラ・不眠・うつなどの症状が出やすい。
  「“冷え”から派生した不調はいろいろあるが、“ストレス冷え”の人には、こういった自律神経系の症状が出やすい傾向がある」

 4.“冷えている”という自覚がない。
  「“ストレス冷え”の人は“冷え”の自覚がないため、1年中冷たいものを飲んだり、冷房にあたり過ぎたりすることで、“冷え”をため込み、気がつかない内に悪化させている人が多い」

 
 これらの症状を感じる“ストレス冷え”の人は、外側から温めるような対策だけでは改善せず、むしろ汗をかくとさらなる“冷え”を招くような悪循環に陥りやすいのだとか…

 うわあ、厄介ですねえ~

 だから、ポイントとなるのが「内側からのケア」

 内側から温めるなどの対策を継続的に行い「“冷え”をこれ以上悪化させず、ためない」ような丈夫な体づくりが改善への一歩となるそうです。

 たとえば、辛くない新種のトウガラシ「CH-19甘」に含まれる新規天然成分「カプシエイト」は、高い燃焼パワーを持っているそうで、これを摂取すると、熱を体内に留め、下げないようにする効果があるとか…

 「体の代謝を上げるためにも、このような成分を摂取したり、旬の物を取り入れた食事をすることが“冷え”対策にはいい」と南雲先生は言われてますが、これって明らかに現代病の一つですよね。

 仕事に追われ、人間関係に悩む…

 嫌だなあ~

 まあ、だから、旬の物を取り入れた食事をすることも大切ですが、一番良いのは、生活にメリハリをつけることではないかと…

 仕事とプライベートをきっちりと分ける。

 しかし、世の中全体がそのような意識を持たないと、個人でするのは難しいでしょうねえ~

 何か、いい方法はないものでしょうか。

 典拠URL
 Walker Plus~“ストレス冷え”に悩む人が急増中! その症状と対策とは?2010年10月26日 東京ウォーカー~
 http://news.walkerplus.com/2010/1026/12/

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* kakisakasanの世間話 * trackback(0) * comment(2) * page top↑
<<ニャンコをモフモフしたいと思う時 * HOME * ん~、眠いよう…>>
comment
****

ストレス!これには困りますね!
仕事場での人間関係これが一番ですよ!
胃潰瘍の原因です!
しかしストレス冷えは初めて聞きましたよ!

ストレスも必要なんですが,過度のストレスはいろんな病気が起こるんですね!
by: 花と竜 * 2010/12/10 16:12 * URL [ *編集] * page top↑
**花と竜さんへ**

おっしゃっる通り…
人間関係のストレスって辛いですよ。
ほんと、どうにかならないものかといつも思ってます。
by: kakisakasan * 2010/12/10 18:52 * URL [ *編集] * page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback URL
http://kakisakasan.blog56.fc2.com/tb.php/1788-788d6d00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *