潮流発電機はサメの卵に似てる
2010 / 10 / 25 ( Mon ) 07:19:53
 
 今朝の東京は曇りです。

 寒くなると、起きるのが億劫になります。

 まだ、眠いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 先週の日曜日のことです。

 TBSの場組で「夢の扉~NEXT DOOR~」と言うのがありまして、その時の放送内容は「潮流発電を成功させ、 日本のエネルギー自給率 を向上させたい」と言うものでした。

 中国のレアメタル問題で改めて明らかになったように、日本は天然資源が乏しいですから、 こういう研究は大変意義のあることですし、また何としても実現して欲しいと思いました。

 日本は、四方を海に囲まれた、まさに海の国なんですから。

 ちなみに、その潮流発電を目指している方のHPがこちらです。

 ・株式会社ノヴァエネルギー
 http://www.nova-ene.co.jp/

 潮流発電の実験の動画もありましたので、そちらも載せておきます。

 潮流発電のノヴァエネルギー社を視察




 しかし、潮流発電と言われても、おそらく聞き慣れていない方が多いと思います。

 簡単に説明しますと、潮の流れを利用して発電用のスクリューを回し、それで電気を得るんですね。

 イギリスなどでは、実際に運営もされていて、政府から補助金が出ているようなことを夢の扉では言ってました。

 ただ、スクリューの形態はイギリスのとは全く違っていて、その形態を見た時、kakisakasanは何かに似てるなあと思いました。

 で、思い出したのが、サメの卵なんですよ。

サメの卵
サメの卵1
サメの卵2
 

 やまびこネットに記載されていた事を引用しますと、このドリルのような形態を産むサメはネコザメと言って岩場に棲んでいるんですね。

 ですから、卵を産むときは、岩の間にはさむように産みつけて、流されることのないようにするんです。

 潮流発電のスクリュータービンは潮流エネルギーをいかに回転エネルギーに変換させるかがポイントであり、ネコザメの卵は潮流エネルギーにいかに逆らうかがポイントだと思うんです。

 発電機と卵…

 全く関係のないように思えても、潮流をキーワードに二つは密接に繋がっているとは思いませんか。

 つまり、ネコザメの卵の形状を研究すれば、潮流発電のスクリュータービンをもっと効率よく回転させることが出来るのではないか。

 そう思ったんですが、ただ、kakisakasanは理系に関しては全くのド素人ですからね。

 その筋の専門家がこの意見を聞いたら「あほちゃうか」と言われてしまう可能性は大です。( ̄▽ ̄;)

 でも、この技術には、日本の未来がかかっていると思いますので、kakisakasanなりに協力が出来ればいいなあと思い、敢えてブログに書いてみました。

 2020年までに海の流れを利用した大型の発電所をつくり、日本のエネルギー自給率を向上させたい。

 これが、社長の鈴木清美の言葉です。

 
 写真引用元URL
 ・熱帯魚通販レヨンベールアクア
 http://www.rva.jp/mente/mbaquarium2.htm
 ・New South Wales 
 http://www.geocities.jp/z1r2takeda/around-the-world/nsw2005-2006/nsw2005.html
 ・やまびこネット
 http://www.j-muse.or.jp/kagaku_tanken/vol3/shizen02/page02.html

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* kakisakasanの世間話 * trackback(0) * comment(2) * page top↑
<<リスのにんじんバトル * HOME * すっかり寒くなって、寝坊してしまった>>
comment
**No title**

(*^・ェ・)ノ コンチャ♪
ぉぉ!勉強になる記事だにゃぁ
こういうコトに税金使ってもらうといーねぇ
潮の流れを使うなんて元は無料だし♪
ほんとだ!鮫の卵に似てる!
水族館とか行くとあるんだよね(^ー^* )
by: さえちん(がるっち) * 2010/10/25 15:01 * URL [ *編集] * page top↑
**さえちん(がるっち)さんへ**

そうなんですよ、潮はタダですからね。
それに、こういう事をしていれば、環境問題もみんなで考えるようになるでしょうし、良いことだと思いますよ。
by: kakisakasan * 2010/10/25 19:15 * URL [ *編集] * page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback URL
http://kakisakasan.blog56.fc2.com/tb.php/1741-05ebeadc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *