仕事できるものなら、やってみろ ププッ
2016 / 03 / 31 ( Thu ) 06:02:00
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 肘と膝が痛いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 人が何かをしていたら邪魔をするのが、ニャンコのお仕事。

 新聞を読んでいようが、テレビを見ていようが、パソコンでインターネットをしていようが。ニャンコにとってはお構いなし。

 これからご紹介する動画も、そんなひとつです。

 (´∀`;)
 

 しっぽパタパタはっちゃん

 

 
スポンサーサイト
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
逆さ富士の秘密
2016 / 03 / 30 ( Wed ) 06:06:52
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は晴れです。

 ホットコーヒー、飲んでます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 逆さ富士(さかさふじ。古風な綴りでは逆富士)は、富士山の風景を表す雅称のひとつで、水面に富士山が上下反転した形で映り込むその山影、あるいは、本体とともに生み出される幾何学的景観を指して言います。

 その逆さ富士をTwitterユーザーのYUTA(@dash000777)さんが画像と共にツイートしたところ、かなりの反響が…

 ちなみに、その時の画像がこちらです。

 逆さ富士

 一見、何の変哲もない逆さ富士のようにみえますが、実はある秘密がこの画像の中に隠れさています。

 それは一体どんな秘密なのでしょうか?

 答えはこちら。
 http://grapee.jp/157248/2



 典拠URL
 grape~湖に映り込んだ美しい『逆さ富士』 この写真には秘密が…
 http://grapee.jp/157248

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
ねこ診断やってみました。
2016 / 03 / 29 ( Tue ) 06:05:36
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 眠いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 あれは一週間くらい前の事でしたかねえ~

 アメーバブログにログインして、マイページを開いたんですよ。

 すると、画面中央上に、赤い文字で「ねこ診断××」(←うろ覚えです)というのがあって、何だろうと思ってクリックすると、三択のクイズ形式が表示されたんですよ。

 で、適当にクリックして先に進んでいくと、kakisakasanの一番近い猫と言うのが「ブログを書く」画面にhtmlのタグとして出て来たんですよ。

 で、プレビューのボタンをクリックすると、htmlのタグの内容が画像として表示されました。

 何だろうと思いつつクイズに答えて、その結果を見てようやく「ああ、こう言うことかあ」と理解しました。

 kakisakasanのブロ友さんも同じようにやったみたいで、早速ブログに貼り付けてました。

 アメーバ運営事務局はこれをすることで一体何をやりたいのだろうと、ちょっと首を傾げましたが、まあ、ブロガーが盛り上がればいいのかなあと思い、kakisakasanも貼り付けることにしました。

 当たっているのか当たっていないのか…

 さて、結果はいかに…



































 

 

 



 

あなたに一番近い猫は…

あなたに一番近い猫は…

 

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
どんな楽しい夢を見ているのでしょうね
2016 / 03 / 28 ( Mon ) 06:06:44
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は曇りです。

 比較的暖かいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 人と同じように、ワンコやニャンコも夢を見ていると思われます。

 なぜかと言いますと、寝言を言ったり、足を動かして走っている様子を見せたりするからです。

 これからご紹介する動画も、そんな一場面。

 このワンコは一体どんな楽しい夢を見ているのでしょうね。

 (^ー^* )フフ♪
 

 夢の中でしっぽパタパタ

 

 

* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
電子小説『廃墟の戯れ』kindleから配信中です。読売新聞書評 冒頭文あり(サスペンス)
2016 / 03 / 27 ( Sun ) 09:13:05
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は薄曇りです。

 ホットコーヒー、飲んでます。 

 おはようございます、kakisakasanです。


 現在、わたくし垣坂弘紫は短編小説『廃墟の戯れ』をアマゾンkindleから配信しています。

 以下に、読売新聞(大阪)に掲載された書評と冒頭文を記載しておきますので、是非読んで頂けたらと思います。


 廃墟の戯れ

 400字詰め原稿用紙換算枚数 90枚(縦書き)
 所要読書時間60分以上。
 お値段:およそ150円。


 第三者の評価

 1​9​9​8​年​(​平​成​1​0​年​)​1​0​月​1​4​日​(​水​)
 読​売​新​聞​ ​夕​刊(大阪)
 同​人​誌より(全文)

 垣坂弘紫の『廃墟の戯れ』(関西文学4号)は、アメリカ映画『スタンド・バイ・ミー』を思わせる少年たちの青春への通過儀礼の物語が、とてつもない惨劇へと反転する過程をたどっている。現在、社会問題化している少年犯罪の実像に迫った作品だ。
 語​り​手​の​「​僕​」​を​含​む​小​学​​六​年​生​の​五​人​組​は​、​臨​海​副​都​心​の​廃​墟​と​な​っ​た​ビ​ル​に​忍​び​込​み​、​真​夜​中​の​冒​険​を​楽​しんでいる​。
 あ​る​夜​、​リ​ー​ダ​ー​格​の​少​年​が​、​未​完​成​の​高​層​ビ​ル​に​残​さ​れ​た​足​場​を​渡​ろ​う​と​し​て​転​落​。​​三人は助​け​を​呼​ぼ​う​と​す​る​が​、​子​分​の​よ​う​な​存​在​だ​っ​た​気​弱​な​少​年​が人が変わったように「​こ​こ​は​僕​達​だ​け​の​場​所​な​ん​だ​」​と​他​人​を​入​れ​る​こ​と​を​拒​絶​し​た。
 彼はなだめる他の一人を弾みで刺し殺し、残る「僕」たち二人にもナイフを向ける。
 暗やみの中の攻防の末、「僕」は顔を切られ、もう一人は鉄の棒でわき腹を殴られた。「僕」がナイフの少年を突き飛ばすと、彼は窓ガラスに激突し、あっけなく死んでしまう。
 少年たちの心理の背景は、「大人世界にしかなかった(中略)大人病と言うものが、子供世界にまで侵入して来てしまった」と説明される。「早すぎる時のサイクル」に巻き込まれた子供たちは、人生に疲れた大人のような「気だるさ」を背負わされ、「子供の時でしか味わえない大切な時間」を失った。廃墟のビルは、その「大切な時間」を取り戻すための聖域だったのだ。
「大切な時間」には、自分を取り巻く世界や人々への生き生きした好奇心と、豊かな情緒性が満ちているものだ。その対極にあるのは、自分の存在にもこの世界にも、意味を見いだせない虚無感だろう。


 冒頭文

 海の上を走り抜ける僕の目に、東京の街は小さな光を限りなく吸い込む、巨大なブラックホールのように見えた。いつか図鑑で見た、コンピューターグラフィックの描くそれと似ていると思えたからだろうか。
 僕達は今、レインボーブリッジの歩道をお台場に向けて自転車を飛ばしている。街中の風とは違って、海の上を吹き抜ける風は寒さを通り越して、刺すように痛い。でも、それが快感だった。日常では味わえない、興奮の風だった。僕達は締め付けられた生活にうんざりして、異常を求めた。
 眼下では、水上バスがレインボーブリッジの下を通り過ぎようとしている。波しぶきの音が寒い風に乗って、ペダルを漕ぐ足の裏から伝わって来る。僕の目線は地上から遥か離れた海の上の、漆黒の闇の真っ只中にある。橋を渡っている自覚がなければ、まさにETの映画のように、空中を走っているような気分だった。
 僕はこれから向かう廃墟で戯れるよりも、このレインボーブリッジを走っているのが一番のお気に入りだった。
 みんなはただ寒いだけだと言って、早く廃墟に行きたがった。今や、ビルの死体置き場となった臨海副都心で、冒険を楽しんで、それに飽きると、それぞれの家族の内情を言い合う。僕達の住む東京とは隔絶された、異様な空間に降りて、子供らしいこともすれば、家族の汚点を殊更取り上げて、大人顔負けの論争を繰り広げる。現実に愚痴をこぼすばかりで親を馬鹿にするだけなら、僕達もあいつらと変わらないではないかと言いたくもなるけど、中学受験を間近に控える僕達のプレッシャーを撥ね除ける共通の拠り所は愚痴しかなかった。


 kindleから配信中



kindle




* 小説活動 * comment(0) * page top↑
電子小説『うそを大切に』kindleから配信中です。あらすじ、冒頭文あり(ホームドラマ)
2016 / 03 / 26 ( Sat ) 07:41:17
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は曇りです。

 風が冷たいです。

 おはようございます、kakisakasanです。 


 現在、わたくし垣坂弘紫は短編小説『うそを大切に』をアマゾンkindleから配信しています。

 以下に、あらすじと冒頭文を記載しておきますので、是非読んで頂けたらと思います。


 うそを大切に

 400字詰め原稿用紙換算枚数 36枚(縦書き)
 所要読書時間30分~60分。
 お値段:およそ100円。


 あらすじ

 安住高廣は二人の娘を持つ父親である。

 毎朝、高廣は長女のまりあを自転車に乗せて幼稚園に送っていた。

 仕事に追われる高廣には、この時間はまりあとスキンシップを図れる貴重なひとときであった。

 ある日、いつものように自転車で送っていると、まりあが「鶴の折り方を教えて」と言ってきた…


 冒頭文

「いってきまあす」
 そう言って、まりあが手を振ると、高廣(たかひろ)も、
「じゃあ、行って来るよ」
 と言って、自転車に乗った。
 奈々子(ななこ)は、乳飲み子のほのかを抱いて、
「行ってらっしゃい、気をつけてね」
 と言って、二人を見送った。
 送迎バスはあるものの、高廣は毎朝、まりあを幼稚園に送り届けていた。
 高廣が家に帰るのは、いつも夜の九時くらいである。躾(しつけ)として、九時にはまりあを寝かせている高廣にとって、起きているまりあと接する時間はないに等しい。何とかスキンシップを図(はか)りたいと思っている高廣には、だから、この時間は、まりあと話せるせめてもの一時(ひととき)なのである。
 まりあも、パパとお話できるのがうれしいようで、幼稚園であった事を、あれやこれやと話してくる。
 昨日(きのう)は、
「まりあね、きのう、大きな声で、おうたをうたって、せんせいにほめられたんだよ。パパは会社で、どんなおうたをうたうの」
 幼稚園でしている事が、そっくり会社でも行われていると思うところが、いかにも子供らしい。
「パパはSMAPを歌ってるよ」
 と言うと、
「じゃあ、パパは中居君だ」
 と、まりあは言った。
 どうやら、それは下手くそと言う意味らしい。
 高廣は、正直、ぐさっと来た。



 kindleから配信中


うそを大切にkindle




* 小説活動 * comment(0) * page top↑
無償の愛を持つ猫
2016 / 03 / 25 ( Fri ) 06:09:44
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は晴れです。

 爽やかな朝です。

 おはようございます、kakisakasanです。 


 パンダ(2歳半のメス)という名の白黒猫は、飼い主の女性が妊娠してからお腹に抱きつくようになりました。

 そうして、9カ月が過ぎて弟が産まれ、対面する日がやってきました。

 最初は混乱していたパンダでしたが、すぐに赤ちゃんがずっと寄り添ってきた弟なのだと理解すると、再び抱きつくようになりました。

 飼い主でありお母さんとなったリエルさんはそれを「無償の愛」であり「純粋な愛」だと語っています。

 パンダはベビーベッドの中で一緒にいることは許可されてないそうですが、ベッドのそばに待機して、赤ちゃんが泣くたびにリエルさんを呼びにくるそうです。

 ちなみに、リエルさんのお宅にはパンダ以外にも猫がいるそうで、かわるがわる弟を守っているそうです。

 上記にあるように、典拠元には弟と書かれていますが、それはおそらく典拠元の典拠の文章(ロシア語)がそのように書かれているからだと思います。

 でも、この写真を見ていると、kakisakasanにはお母さんが我が子に愛情を注いでいるように見えるんですよね。

 ニャンコの赤ちゃんに対する思いが「無償の愛」であり「純粋な愛」だと言うのであれば、やはりそれは母の愛だと思うんですけどね。 


 無償の愛をもつ猫1

 無償の愛をもつ猫2

 無償の愛をもつ猫3

 無償の愛をもつ猫4

 無償の愛をもつ猫5

 無償の愛をもつ猫6


 典拠URL
 らばQ~「お腹にいるときから私の赤ちゃんを守ってくれた猫、ついに対面の日を迎えて…」愛でいっぱいの写真 2016年03月01日 20:12
 http://labaq.com/archives/51865234.html 

 

* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
ピンクの蒸気機関車
2016 / 03 / 24 ( Thu ) 06:04:41
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は曇りです。

 日に日に夜明けが早くなっています。

 おはようございます、kakisakasanです。


 昨年の11月5日には

 カニだしラーメン、興味がある
 http://kakisakasan.blog56.fc2.com/blog-entry-3292.html
 http://ameblo.jp/kakisakasan/entry-12092025535.html

 と言うブログを書き、

 同じく12月1日には
 今、鳥取が熱い~カニ殻があなたの肌を綺麗にする!?
 http://kakisakasan.blog56.fc2.com/blog-entry-3318.html
 http://ameblo.jp/kakisakasan/entry-12101416670.html 

 と言うブログを書きました。

 そして、今回は熱き鳥取第三弾『ピンクの蒸気機関車』というタイトルでブログを書きたいと思います。

 2013年6月9日、鳥取県東部を走る第三セクター鉄道の智頭急行が、恋山形駅(鳥取県智頭町)をピンクで装飾しました。

 恋山形駅は日本全国に四つしかない「名前に恋がつく駅」のうちのひとつ。

 恋を色でイメージするなら、やはりピンクと言うことなのでしょう。

 智頭急行が地域活性化を目的に駅舎やベンチ、看板などをピンク色に塗装。

 それが全国的な注目を集めると、以来、ピンク色の醤油にカレー、マヨネーズなどが相次いで登場。

 鳥取市がピンク色の婚姻届を作るなど、鳥取県内はピンクで盛り上がっているそうです。

 そして、それは遂にSLにまで波及。

 1938年製造のC12形167号機をピンク色にしたんです。

 それがこちら。

 ピンクの蒸気機関車

 若桜鉄道の担当者のお話によりますと…

 「これは先日行われた鳥取県主催の鉄道フォーラムで決まりました」とのこと。

 5月1日を『恋の日』として、普段、展示や体験運転をしているC12型蒸気機関車をピンク色に塗って走らせてみたらどうかという発案に若桜鉄道が乗ったそうです。

 ただ…

 SLをピンクに塗るアイデアが発表されてから、ネット上では「悪ふざけで歴史ある古いSLをピンク色に塗っていいのか」とか「鉄道に詳しくない一般の人たちにはいいアピールになるかも」など、賛否両論が巻き起こっているそうです。

 これに対して担当者は「ご批判も含めて、注目していただいていることに感謝します。県と若桜鉄道の知名度アップにつなげたい」と話しているそうです。

 「悪ふざけで歴史ある古いSLをピンク色に塗っていいのか」と言っている人は、やはりSLに対する思い入れがあるんだと思います。

 でも、それは蒸気機関車がこの世に存在するから言えることであって、新しい電車が次々と開発されている現状を考えれば、蒸気機関車の実在は風前の灯火と言えます。

 機関車やえもんを思い出しちゃったなあ~

 それでも、けしからんと言うのであれば、その人達は蒸気機関車と若桜鉄道の存続のために全財産を抛(なげう)つべきだと思います。

 ピンクの蒸気機関車は2016年5月1日(日)から8日(日)までの期間限定で、若桜駅構内を走行する予定とのこと。

 語呂合わせで「恋の日」とした5月1日(日)には、同駅でピンクSLのお披露目式が行われる予定。

 期間終了後は、黒に塗り直し、元の姿に戻るそうです。



 典拠URL
 YOMIURI ONLINE~SLだって恋したい?「恋の日」にピンクの蒸気機関車 2016年03月18日 16時46分。(メディア局編集部 杉山智代乃)
 http://www.yomiuri.co.jp/life/travel/rnews/20160318-OYT8T50082.html
 乗り物ニュース~ピンク色で活性図る鳥取、SLもピンクに 若桜鉄道 2016.03.12 恵 知仁(鉄道ライター)【写真提供元】
 http://trafficnews.jp/post/49357/

 

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
大好きスリスリ
2016 / 03 / 23 ( Wed ) 06:10:11
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は曇りです。

 眠いです。

 おはようございます、kakisakasanです。

 
 you tubeを見ていますと、人の赤ちゃんにピタッと寄り添うニャンコ動画を時々見かけます。

 これからご紹介する動画もその一例です。

 毛並みから察すると三毛猫のようなので、このニャンコちゃんは女の子だと思います。

 しつこくスリスリするのは、やはり母性本能の目覚めなのでしょうか。

 (^ー^* )フフ♪ 


 赤ちゃん好きな猫vs放っておいて欲しい赤ちゃん1【The cat which likes a baby but the baby who wants you to hit it 1】

 

 
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
車の最高級ブランドからランドセルが販売される
2016 / 03 / 22 ( Tue ) 06:00:14
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は晴れです。

 ホットコーヒー、飲んでます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 トヨタ自動車の最高級ブランドと言えば、LEXUS(レクサス)ですよね。

 貧乏人のkakisakasanには、おそらく一生縁の無い自動車だと思いますが、なんと、レクサスの名前を冠したランドセルの販売が、全国のレクサス販売店で始まったそうなんです。

 えっ、ほんと?Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 完全受注制の商品で、価格は税込み15万円だとか…

 ( ̄ω ̄;)ンーー、ランドセルが15万円とは…

 レクサスのグッズ「LEXUS collection」の2016年春夏コレクションとして、名刺ケースやコインケースとともにラインナップされたランドセル。

 特徴は、何と言ってもその素材。

 レクサスのラグジュアリースポーツカー「LFA」のカーボン繊維と同じ素材を使用した最先端素材「リアルソフトカーボン」と、最高級の人工皮革「ベルバイオ」。

 リアルソフトカーボンの特徴は、カーボンの丈夫さと軽量さ、革のようなしなやかな質感を備えた点。

 ベルバイオは、本革のような高級感のあるしっとりとした光沢を持ちながら、軽量で防水・耐傷性に優れているそうです。

 色はブラック・グリーン・ネイビー・ブラウン・ピンクの5色。

 3千円追加でネーム刺繍(ししゅう)を入れることもできます。

 全国のレクサス販売店で注文を受け付けて、納品は3~4カ月後。

 以下は、記者と担当者のやり取りです。

 ――なぜランドセルなのでしょうか

 「名刺ケースやランドセルなど、世代を超えてブランドを身近に感じていただきたいという思いからです。みなさんのライフスタイルの中でレクサスの感性やこだわりを身近に感じとっていただきたいと考えました」

 ――目立つ位置にロゴマークは見えませんが

 「フタを開けたところにある、取り外し可能な筆箱ケースなどにロゴマークをあしらっています」

 ――どういった点がレクサスらしいのでしょうか

 「軽量で丈夫なリアルソフトカーボンやベルバイオなど、最先端の技術を盛り込んだ点です。カーボンはフタの縁の部分に使用しているのですが、ここに使用することで使い込んだ際に自然と開いてくるのを防ぐ役割を果たしています。カラーリングに関しても、背面が白っぽい色のランドセルが多いなか、同色で統一しています」

 ――新入学直前の3月に発表した理由は

「例年、ランドセルは8月に注文が増えると聞いています。注文をいただいてからお届けするまでに時間がかかるため、この時期に発表しました」

 ――購入を検討している人へメッセージを

 「レクサスの品質やものづくりの感性を体感していただける、こだわりのアイテムです。完全受注制でひとつひとつ丁寧につくられる、『究極のラグジュアリーランドセル』を、ぜひお試しください」



 担当者の方は「世代を超えてブランドを身近に感じていただきたいという思いからです」と言ってますが、身近に感じ欲しいと言われても、庶民には15万円もするランドセルなんてとても手を出すことは出来ないですからね。

 ですから、それは建前だと思いますね。
 
 本音は、顧客の囲い込みかなあ~って…

 高級ブランドを買える顧客のお子さんを小学校入学のシンボルとも言えるランドセルにレクサスで使用している物と同じ素材を使うことによって、レクサスに対する好感度を植え付けるのが最大の狙い。

 6年間使用してもさほど傷んでいないことを実感出来れば、その素材の耐久性を証明することになり、やっぱりレクサスに使用している物はいいなあと思うでしょう。

 それを、子供の時から体験すれば、その子が大人になったとき「車はやっぱりレクサス」と思うようになるでしょう。

 つまり、トヨタは大人だけでなくその子供も顧客であるという認識を既に持っているということです。

 昨今、若者の車離れが言われていますが、自動車メーカーにとってそれは死活問題ですから、自動車っていいぞって言うことを、ランドセルを通して訴えているということなんですね。

 さすがは世界のトヨタ。

 恐ろしいほどのマーケティング戦略ですよね。

 
 レクサス公式サイト
 http://lexus.jp/brand/collection/index.html


 典拠URL
 with news ~なぜレクサスがランドセル? 価格15万円、狙いやこだわりを聞く 若松 真平 withnews編集部

 

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
電子小説『仏様のお祭り』kindleから配信中です。冒頭文あり(ホームドラマ)
2016 / 03 / 21 ( Mon ) 08:58:05
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は曇りです。

 結構寒いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 現在、わたくし垣坂弘紫は短編小説『仏様のお祭り』をアマゾンkindleから配信しています。

 以下に、あらすじと冒頭文を記載しておきますので、是非読んで頂けたらと思います。


 仏様のお祭り

 400字詰め原稿用紙換算枚数 31枚(縦書き)
 所要読書時間30分~60分。
 お値段:およそ100円。

 
 あらすじ

 英司はある商店街で洋食屋を営んでいた。

 以前は近くに工場があって、そこの従業員が店の良いお客であったのが、不景気の煽りで工場閉鎖となってしまった。

 それは商店街にとって大打撃だった。

 しかも、工場の跡地に建設の候補となったのが葬儀場とあって、商店街は大反対ののろしを上げた。

 しかし…


 冒頭文

 英司(えいじ)が家に帰った時は、もう夜の一二時を過ぎていた。
 台所の窓から明かりが漏れているので、待っているのは妻の文恵(ふみえ)と思っていたら、中にいたのは父の保男(やすお)だった。
「遅かったな」
 保男の迎えにも英司は何も言わず、勝手口の鍵を閉めるとそのまま店に向かった。
「文恵は」
 とたずねると、
「文恵さんは、先に寝かせた。あんな身重(みおも)な体で、夜更かしは体に毒だろ」
「そう」
「で、どうなんだ」
 保男は、シャツにステテコと言う格好で、せわしく団扇(うちわ)を扇(あお)いでいた。
「また、物別れだよ」
 そう言うと、英司はジョッキを手にして、サーバからビールを注(つ)いだ。
 英司は、商店街で洋食屋を営んでいた。近所には大学もあって、昼時にもなれば結構なにぎわいを見せている。
 しかし、かつては商店街を抜けたところに工場もあって、その繁盛振りは今とは比べものにならなかった。
 工場で働く職員のみならず、地元商店街の者も交えて、何とか存続できないものかと、当時はかなり粘り強く交渉を続けたが、願いは聞き入れられなかった。
 閉鎖された工場は、それからしばらくして解体された。今はさら地となっている。
 地元商店街としては、何とか企業を誘致して、昔の活況をどうにか取り戻せないものかと思案に暮れていた。
 ところが、ようやく持ち上がった話は、火葬場も兼ねた葬儀場の建設だった。
 もちろん、商店街住民は反対した。ただでさえ、不景気の煽(あお)りで苦しい商いを強いられているのに、その上、葬儀場とあってはイメージが悪過ぎて、商店街に誰も寄り付かなくなると言うのだ。
 しかし、ここに来て、どうも足並みが揃(そろ)わなくなった。
 英司は、それを商店街の面々と話し合うために、出掛けていたのだった。



 
 kindleから配信中
 


仏様のお祭り
kindle




* 小説活動 * comment(0) * page top↑
愛猫との大切な思い出を動画に
2016 / 03 / 20 ( Sun ) 09:47:21
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 風が冷たいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ワンコやニャンコなどを迎え入れる…

 そんなとき、大抵の人は新しい家族が出来たと言いますよね。

 となれば、思い出はやはり残しておきたいもの…

 今日ご紹介する動画は、そんな思い出の一ページです。

 (*´∇`*)


 小さいけど大事な家族

 

 
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
電子小説『弁当の手紙』をアマゾンkindleから配信中です。冒頭文あり(ホームドラマ)
2016 / 03 / 19 ( Sat ) 09:07:21
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。

 
 今朝の東京は雨です。

 洗濯物は部屋干しです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 現在、わたくし垣坂弘紫は短編小説『弁当の手紙』をアマゾンkindleから配信しています。

 以下に、あらすじと冒頭文を記載しておきますので、興味が湧きましたら、是非読んで頂けたらと思います。


 弁当の手紙

 400字詰め原稿用紙換算枚数 32枚(縦書き)
 所要読書時間30分~60分。


 あらすじ

 信夫は後数年で定年退職を迎える会社員だった。

 ある日、いつものように帰宅すると、出迎えたのはお隣の奥さんだった。

 話を聞くと、妻の秋子が救急車で運ばれたとのことだった。

 驚いた信夫は急いで病院に向かうが…

 これは、いわゆる団塊の世代にスポットを当てたある夫婦の物語です。


 冒頭文

 信夫はエレベーターを降りると、左に折れてそのままゆっくりと歩きだした。
 病室に向かう途中、看護婦とすれ違った時、信夫はふと、
「あっ、そうだ。最近は看護師って言うんだよなあ」
 と、思い出したように、つぶやいた。
 妻の秋子は紺色のカーディガンを羽織り、ベッドから体を起こして外の風景を眺めていた。
「どうだ、具合は」
「あら、あなた」
 雲ひとつない冬の青空は、今にも秋子のいる病室に落ちて来そうなほど澄んでいた。
「何を見ていたんだ?」
 信夫も窓の外を見た。
 ゆるやかに流れる川の水面が、波の加減でキラキラと輝いていた。この辺りでは、風向きによっては潮の香りもする時がある。
「見るって、特に何も。朝から何もしないって、本当に退屈で」
「そうやって、のんきに言ってられるのも、たいした事ないからだ」
 昨日、秋子は救急車で運ばれた。
 結果は、軽度のぎっくり腰だったのでひとまずは安心したが、第一報を知らされた時は生きるか死ぬかの瀬戸際のように思えた。
 痛みはおさまったようだが、しかし精密検査をしてみないと詳しい事は言えないので、大事を取って二・三日入院することになった。
「それより、すみませんでした」
「何で謝るんだ」
「会社、お休みさせて」
「わたしも、もう少ししたら定年退職だ。いてもいなくても、変わらないよ……はい、これ」
 信夫はそう言うと、かばんをベッドの上においた。中には、入院に必要な日用品が入っていた。



 kindleから配信中

 弁当の手紙


 
* 小説活動 * comment(0) * page top↑
命の恩人を訪ねて
2016 / 03 / 18 ( Fri ) 06:07:41
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は晴れです。

 スズメのさえずりが聞こえてきます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ブラジルのリオ・デ・ジャネイロ州に住む71歳のジョアオさんは、油まみれで瀕死の状態にいた一羽のマゼランペンギンをみつけました。

 彼はそのペンギンに「ジンジン」と名前をつけ、体についた油を落とし、魚を与え、丁寧に介抱してあげました。

 1週間後には元気を取り戻したジンジン。

 ジョアオさんは、ジンジンを自然に返そうとしましたが、すぐに戻ってきてしまいました。

 しかし、11ヶ月が過ぎたある日、ジンジンは突然姿を消してしまいました。

 ジンジンとは、もう会うことはないだろう…

 そう思っていたジョアオさん。

 しかし、翌年、ジンジンが再びジョアオさんの前に姿を現したのです。

 しかも、ジンジンはそれから毎年ジョアオさんの元を訪ねてくるようになったのです。

 マゼランペンギンの生息地は、チリ・アルゼンチン周辺。

 もし、ジンジンが生息地からジョアオさんの住むブラジルのリオ・デ・ジャネイロ州まで訪れているのであれば、その距離はなんと約8,000km。

 俄には信じられないことですが、命の恩人を忘れられないジンジンにとっては、そんな距離などは関係ないことなのでしょうね。

「ジンジンは僕の膝の上でくつろぐし、一緒にシャワーもあびるんだ。まるで自分の子供のようだよ」

 ジョアオさんもまた、ジンジンのことが可愛くて仕方がないようです。

 愛情の繋がりって、本当に強いものなんですね。


 Patagonian Penguin Finds Second Home in Brazil

 


 典拠URL
 grape~全ては命の恩人に会う為に 8,000kmも泳いで毎年訪ねにくるペンギン
 http://grapee.jp/154051

 
* kakisakasanの動画紹介 * comment(0) * page top↑
頭入れて尻隠さず
2016 / 03 / 17 ( Thu ) 06:03:43
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は晴れです。

 今日は暖かくなるようです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、まずはこちらの画像をご覧頂けますか。

 コンセント

 まさに、頭入れて尻隠さず。

 これをアイデア商品と言うのでしょうね。

 (*≧m≦*)ププッ

 欲しい方は、アマゾンや楽天でも取り扱っていますので、お一つご購入されてはいかがでしょうか。

 もちろん、典拠元でも売ってますからね。

 (o^∇^o)

 アマゾン
 
 楽天 


 典拠URL
 Hamee~【めざましテレビ&twitterで話題!】ディズニーキャラクター/USB-AC充電器 おしりシリーズ
 http://www.strapya.com/products/474293.html

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
ニャンコのトイレ
2016 / 03 / 16 ( Wed ) 05:57:46
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は晴れです。

 眠いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ニャンコをお家で飼うとなると、どうしても必要になってくるのがトイレのしつけ。

 もともとニャンコは綺麗好きですから、場所を教えてあげればそこで用をたすようになるのですが…

 ただ、最近は和式風のトイレのようになものがあるんですよね。

 これは足を砂に触れさせないようになっていて「砂の飛び散り」を防ぐことが出来る仕組みになっているそうです。

 でも、これからご紹介するニャンコは…

 大人になった今でも、このスタイルで用を足しているそうです。

 ( ´艸`)ムププ 


 子猫『なつめ』 おしっこでた~

 

 
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
アメーバブログがメンテのため、お休みします。
2016 / 03 / 15 ( Tue ) 05:58:45
  ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は晴れです。

 ホットコーヒー、飲んでます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今朝はアメーバブログがメンテのため、それに伴ってFC2ブログもお休みします。

 m(_ _)m


 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
追記 知らなかった、目薬を差した後にする行為
2016 / 03 / 14 ( Mon ) 06:00:52
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は小雨です。

 寒いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 3月13日の『知らなかった、目薬を差した後にする行為』をアップした後、気になったことがあったので、ちょっと検索してみたら、やっぱりと思うことがありました。

 それは、取扱説明書。

 ひょっとしたら、取扱説明書に正しい目薬の差し方が書いてあるのではと思いましたら、どうやら書いているみたいです。

 ・・・(・∀・i)タラー・・・

 いつも成分には目を通すんですけど…

 それに取扱説明書の字って小さいし…

 (`・з・)ブー

 はっきり言えば、見てなかったってことですね。

 (人´・ェ・反)(省・ェ・`人)゚

 kakisakasanもそうですが、皆さんも気をつけましょうね。

 これからは取扱説明書をしっかりと読みましょう。

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
知らなかった、目薬を差した後にする行為
2016 / 03 / 13 ( Sun ) 09:24:26
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 雨が降りそうです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 kakisakasanにはドライアイの傾向があって、パソコンをしばらく見ていると目が痛くなってきます。

 ですから、目薬は必需品です。

 ただ、いつも思うことがあるんですが、目薬って本当に効いているのかなあって…

 目薬を差した直後は潤っているから良いのですが、しばらくすると、また痛くなってくるんですよね。

 ですから、頻繁に目薬を差すんですよ。

 それが繰り返し行われていると、当然のことながら、効いてるのかなって思いますよね。

 でもね…

 実は目薬にも正しい使い方と言うのがあって、目薬を差した後は目をつぶって目頭(目の鼻に近い方の端)をそっと押さえる(1分~5分)ことが必要なんですって…

 えっ、(゚∀゚;)そうなの?

 また、目薬をしてすぐにパチパチ瞬きする行為も、やってはいけないことなんだとか…

 Σ(` ・д´・ ;)ウソ!?

 その真偽を確かめるべく検索をしてみたところ、こんなサイトを見つけました。

 参天製薬~正しい目薬のさし方 

 ここには、典拠元で言っている事と同じことが書かれていました。

 知らなかったなあ~

 でも、眼科に行ってもそんな事言われなかったけどなあ~

 眼科の先生は「そんなことは常識です」と思っていて、診察時に言うほどのことではないと思っているのかしら。

 (´-ω-`) ンー

 いずれにせよ、目薬を差した後は、しはらくの間目頭を指で抑えて、瞬きもしないようにすることが大切なようですね。


 spotlight~効果がないのはこのせい?目薬の後に押さえるべき場所があるの知ってますか?2016.02.29
 http://spotlight-media.jp/article/253319741277140974

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
頭を載せられると動けないんだよなあ~
2016 / 03 / 12 ( Sat ) 08:24:10
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は晴れです。

 結構寒いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ちょっと一休み…

 そうしてうとうとしていると、いつの間にかペットがピタッと寄り添って…

 そうなると、動きたくても動けなくなるんですよね。

 これからご紹介する動画は、まさにそれ。

 ワンコやニャンコを飼っている方なら、分かる分かると言って頂けると思います。

 (*^m^*) ムフッ 


 柴犬小春 小春秘儀!あごのせ固めに脱出不能!!

 

 


 
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
あれから5年~東日本大震災とそれにかかわる長編小説
2016 / 03 / 11 ( Fri ) 05:57:22
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は曇りです。

 寒いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 本日3月11日は東日本大震災があった日です。

 早いもので、あれからもう5年が経つんですね。

 東北に足を踏み入れる機会が無いので、復興の現状がどうなっているのかは分かりません。

 それなりに進んでいるとは思いますが、震災からの復興はやはり国任せでは進まないとkakisakasanは思っています。

 そこに住んでいる人達が自主性を持って進めるべきだと思います。

 だって、国任せは、結局、他人任せだから。

 でも、そのためには、制度改革が必要になります。

 『地盤下のジャングル』という小説は、リーマンショックと大阪府の財政破綻が引き金となって日本の財政が破綻、ネバダ・レポートというIMF日本管理プログラムに強制的に置かれながらも、日本列島循環政策という独自の再建プログラムによって、日本が自国の復興を図るのですが、その過程である家族に悲劇が起こり、日本列島循環政策の副産物とも言える有権者法案作成制度によって、その悲劇を乗り越える物語です。

 リーマンショックが起きたのが2008年。

 東日本大震災が起きたのが2011年。

 時代が近接していますので、当然のことながら、この小説は東日本大震災にも触れており、東北地域は道州制のもと自主的な復興を行うと言う設定になっています。

 まさに、今を語る小説だと思いますので、是非一読して頂けたらと思います。


 冒頭文


 序章

 二〇一九年現在、この日本に一体どれだけの人間が住んでいるのか、あなたは御存じであろうか。
 そう、およそ一(注1)億二千六百万人である。
 では、その国民の人口分布がかつてどのようになっていたのか、それは御存じであろうか。
 二〇〇八年当時、東京、神奈川、埼玉、千葉で約三千四百万人。一都三県で四分の一強を占めていたのである。また、近畿の中心である大阪・兵庫、中部の中心である愛知を含めると、この三地域で約五千五百万人となり、日本の人口のほぼ半数を占めていたことになる。
 日本の国土面積はおよそ三八万平方キロメートル。先に挙げた一都一府五県の総面積が約二万九千平方キロメートル。その面積は日本国土の八パーセント弱に過ぎない。
 そんな狭い地域に、日本国民のほぼ半分がこれまで暮らしていたのである。
 今にして思えば、実にいびつな人口分布だったと言える。
 いや、その当時の人々も気づいてはいたに違いない。ただ、どうにもならなかっただけなのだ。
 格差と言う言葉が流行(はや)っていたこの頃、地域格差もまた大きな問題であった。地方では若者が減り、逆に年寄りは増え、人口の減少に歯止めがかからない地方は潰滅(かいめつ)の一途(いっと)をたどっていた。生活の基盤である商店街は次々と姿を消し、廃校が雨後の竹の子のように現れた。進出している企業が日本企業であろうが外国企業であろうが関係なく、大企業の工場が地域産業の要(かなめ)となっていた地方では、その依存体質から脱却出来ず、企業衰退はそのまま地方衰退となる、一蓮托生(いちれんたくしょう)の関係であった。
 地方は、国に集まる税金を地方交付税交付金という形で国から与えられ、また都市部に集まるお金をふ(*1)るさと納税と言う形で奪い取り、何とか経済破綻を免れていた。
 しかし、産業もなければ働き手もいない地方に金を注(つ)ぎ込んだところで、果たして何が出来たと言うのであろう。
 たとえて言うなら、地方は完全な植物人間状態であった。交付金やふるさと納税と言う金を注(つ)ぎ込むのは、生命維持装置で命をつなぎ止めることに他ならなかった。
 しかし、それでも日本国民はまだこの状況をひたひたと差し迫っていた日本崩壊と結びつけてはいなかった。
 その発端(ほったん)は、二〇〇八年九月に起こった。
 そう、世に言うリーマンショックである。これにより、世界は金融崩壊に突入、火に油を注(そそ)ぐかのようにアメリカの象徴であるGM、フォード、クライスラーまでもが倒産の危機に直面した。
 当時、ビッグ3におけるアメリカ国内の新車販売はインセンティブに依存していると言っても過言ではなかった。
 インセンティブとは、自動車メーカーが自動車ディーラーに対して支払う販売奨励金またはディーラーに対して便宜(べんぎ)を図(はか)る販売奨励策のことで、特に二〇〇一年以降は、アメリカ合衆国の市場に参画するメーカーの業績を左右するようになったことから、自動車の販売戦略を語る上で不可欠な言葉となった。この時期のインセンティブは、自動車ディーラーへのリベート、低金利(無金利を含む)自動車ローンの斡旋(あっせん)、購入者へのキャッシュバック、保証期間・保証走行距離の延長・無償修理、レンタカー会社などの大口契約者への大幅値引き、社員を対象とする優遇販売枠を縁故者へ拡大すると言うようものであった。
 率直に言って、これだけのインセンティブを行えば黒字は見込めない。独立採算でインセンティブを維持する事は出来ない。
 では、それを賄(まかな)う財源をビッグ3は何に求めたのか。 
 それが金融事業である。ビッグ3はそれで得た利益をインセンティブに注(つ)ぎ込んで、何とか販売数を維持してきた。
しかし、ではなぜ、ビッグ3はこれほどまでにインセンティブに依存しなければならなかったのであろうか。自動車販売だけで利益を上げることが出来なかったのであろうか。
 その要因となったそもそもの発端は、同時多発テロにまでさかのぼる。
それまでは順調だった売上も、同時多発テロによって販売状況が狂い始めた。しかし、生産を急に減らすことが出来なかったビッグ3の各社は、抱えた在庫を処分するためにインセンティブの大盤振る舞いに踏み切らざるを得なかったのだ。
 そうして、そのような状況が続いた中、突然起こったリーマンショックによる金融崩壊により急速に資金繰りが悪化、金融事業自体が経営難に直面、その結果、財源を絶たれたビッグ3は倒産の危機と言う最悪の事態に陥ったのである。
 本来なら、経営者はそのような悪循環を断ち切るために、まずは固(*2)定費削減の努力を払うものである。しかし、それが出来なかった。
 なぜか?
 その問題こそがUAW(全米自動車労組)の存在であった。
 アメリカの大手労働組合の一つであるUAWは、かつて飛ぶ鳥を落とす勢いと言われた程強大な力を持っていた。自動車産業のメッカと言われたデトロイトでは“工場従業員は全てUAW組合員”と言う図式が確立していた。
 しかし、一九八〇年代に入ってから、その力に翳(かげ)りが見え始めた。この頃から輸入日本車が徐々に市場占有率を高めたからである。
 それ故(ゆえ)、アメリカは日本に年間一六八万台という輸出自主規制の枠(わく)をはめた。日本の自動車メーカーはこれを契機に輸出から現地生産へと切り替えざるを得なくなった。
 現地生産はアメリカでの生き残りをかけた日本車メーカーの一つの方策であった。しかし同時に、それはアメリカにとっても大きな好機であると考えた政治家がいた。一人は当時のアメリカ大統領ジミー・カーターであり、そしてもう一人がテネシー州知事のラマー・アレキサンダーであった。
 カーターは全米の州知事に対し、日本の自動車メーカーに出向いてアメリカ工場建設の誘致活動をするように促した。アレキサンダーは、逸早(いちはや)くそれに応(こた)えた一人だった。
 中西部のテネシーこそが大陸の中心であり、冬はマイナス二十度以下になるデトロイトと比較すれば、気候も温暖なテネシーは間違いなく交通の要衝(ようしょう)となりうる。テネシーやケンタッキーと言った大陸の中央に位置する南部諸州に工場を建設すれば、全米各地への輸送費は東部に位置するデトロイトよりも確実に割安になる。
日本の自動車メーカーは、このセールスポイントに着目、そうして、南西部に工場を建設、アメリカ国内での売上を着実に伸ばしていった。
 この日本のアメリカ進出は当然脅威となった。しかし、それは何もビッグ3に対するものだけではなかった。UAWにとっても、それは自身の存在を掻(か)き消してしまう、とんでもない脅威となった。と言うのも、日本車メーカーを初めとした各国の自動車メーカーは、組合員を雇用したがらない傾向が強かったからだ。
 UAWに加盟すれば労使間闘争があり、それによって賃上げはまず勝ち取れるだろう。しかし、労組に加盟すれば会合やら闘争やらで時間もまた奪われてしまう。その点、日本車メーカーには昇給があり、二十四時間オープンの保育所やディスカウント薬局、あるいは著名人を招いたイベントやピクニックを主催し、従業員にとってはこの上ない福利厚生が充実していた。
 不満のない職場にとってもはや労組は無用の長物であった。そして遂(つい)には、UAW反対のウェブサイトを立ち上げ、正面切って反労組を掲げる者までが現れた。
 このような状況に対し、では、ビッグ3はどうだったのであろうか。
 先に話したように、ビッグ3は同時多発テロ以降はインセンティブを出さないと車が売れないという悪循環に陥っていた。だからこそ、この時点で固定費の削減をするべきであり、企業側もそうしなければならない事は十二分に承知していたはずだった。しかし、UAWという強固な労組をビッグ3は抱えていたために、リストラや人員の削減を実行出来なかったのである。
 更(さら)に、UAWに内在するビッグ3にとってのもう一つの足かせが従業員の医療費であった。たとえば、GMの場合、医療費の自己負担比率はUAW加盟者であれば一割弱である。アメリカの労働者平均は三割強であるから、その優遇さが分かろうと言うものだ。しかも、医療費の三分の二が退職者の家族向けであり、高齢化が更に負担を重くするという最悪の状況であった。それ故、当時の会長兼最高責任者であるリチャード・ワゴナーは医療費の削減交渉に真剣な構えをUAWに示した。
 これまでUAWとビッグ3との労使間交渉では、工場閉鎖や人員削減が実施された時は、留(とど)まる従業員の賃上げや労働条件の改善を訴え勝ち取るのが常であった。
 しかし、今回も同様の事を行えば、経営が悪化するのは必至だ。会社が存続すれば、給与が下がっても生活は何とか保障される。リストラされた人達は気の毒だが、留まった人たちは救われる。しかし、会社が潰れたら、何もかもが失われてしまう。助かる人たちも助からなくなるのだ。
 ビッグ3にとっても、UAWにとっても、それは避けたいはずだった。
 しかし、全てが遅かった。
引き潮のように景気が後退した結果、あのトヨタですら売上の下方修正を余儀なくされたのだ。
 トヨタ自動車は二〇〇八年十二月、二〇〇九年三月期の連結業績予想(米(*3)国会計基準)を大幅に下方修正、本業の儲けを示す営業損益が十一月六日の中間決算発表時に公表していた六〇〇〇億円の黒字から、一転一五〇〇億円の赤字に転落すると発表。トヨタが営業段階で赤字となるのは決算数値の公表を始めた一九四一年三月期以来これは初めてのことであり、トヨタショックと呼ばれるこの一連の出来事が世界を震撼(しんかん)させ、ビッグ3に対する信頼を完全に失墜(しっつい)させてしまった。
 時の大統領であるオバマはアメリカの国是(こくぜ)である市場原理主義を貫くべきか、それとも政府として救済するべきなのか判断を迫られ、結果、オバマは市場原理における淘汰(とうた)を選択した。
 ビッグ3は、破産という最悪の事態を以(もっ)て長きにわたるアメリカの象徴としての歴史から姿を消したのである。
 世界は、まさに未曾有(みぞう)の恐慌の真っ只中であった。そして、恐れていた最悪のことが、遂に日本でも現実となってしまった。
 そう、日本国の破産である。
 この物語は、IMF傘下で日本の大改革が行われてから十年後に起きた、ある家族の悲劇である。



 kindle
 地盤下のジャングル


 
* 小説活動 * comment(0) * page top↑
東京大空襲のあった日~その長編小説
2016 / 03 / 10 ( Thu ) 05:54:52
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。
 
 ホットコーヒー、飲んでます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 本日3月10日は東京大空襲のあった日です。

 正確に言えば、3月9日から10日未明にかけての出来事です。

 アメリカと日本が戦争をしていた…

 教科書で学んでも、今の若い人達には実感が湧かないでしょうね。

 もちろん、kakisakasanも戦争の経験はありませんが、両親や祖父母は経験をしていますので、昔話として時々聞いていました。

 空襲に遭って、逃げ回る話も聞いたことがあります。

 B29の絨毯爆撃によって潰滅させられた東京は、それこそ、灰と瓦礫になりました。

 わたしは東京大空襲にスポットを当てて、戦争に正義はないと言う考えのもとに『Kill The Japanese』と言う小説を書きました。

 以下にあらすじを記載しておきますので、是非読んで頂けたらと思います。


 小説の構成

 第1章 東京の思い出
 第2章 パール・ハーバー
 第3章 東京大虐殺
 第4章 生き残りし者の義務

 あらすじ

 時は西暦1935年。
 アメリカはニューヨークから、一人の白人青年が東京の下町である三筋に降り立った。
 彼の名前はフランクリン・スチュワート。
 幼少の頃に母親と死別。その後は、日本人の乳母である加藤ハツに育てられ、彼女を実の母親のように慕うようになった。
 しかし、ハツもまたガンで亡くなった。
 三筋を訪れたのは、ハツが育ったと言われる東京の下町を見たかったからである。
 三筋には、父の仕事仲間であるマケインの友人、村上源次郎・君子夫婦が住んでいた。
 彼は村上夫婦に東京の下町を案内してもらった。
 ところが、村上夫婦と接しているうち、彼は次第次第にこの夫婦に理想の父母を見るようになり、ついには、お父さん・お母さんと呼ぶまでになった。
 しかし、温かい気持ちになれたのも束の間、時代はいつしか戦争に突入。
 フランクが再び東京の地に足を踏み入れる事が出来たのは、焼夷弾で瓦礫の地となった終戦直後の事であった。
 これは、日本人に愛情を注いでもらった一人のアメリカ人が、戦争によって得た経験から『戦争に正義はない』と考えるに至った、数奇な運命の物語です。



 冒頭文

 第一章 東京の思い出

             一

 鳥越神社の脇にある通りを上って行くと、三筋と言う町に出る。村上源次郎が住む三軒長屋は、その通りを更に上った左手にあった。
 源次郎は妻の君子と二人暮らしであった。子供はいない。植木職人を生業とし、その腕の良さと快活な人柄に惚れて、源次郎に仕事を依頼する人は少なくなかった。その噂を聞き付けて、中には外国人もいた程である。
その源次郎宅が今朝は何やら騒々しい。玄関前には、近所の者が我先にと詰め掛けて、あちらこちらで話の花を咲かせている。
 空は抜けるような秋晴れが広がり、時折吹く風が実に爽やかだ。
 仕事でたまたま三筋を訪れていた者が、一体何の騒ぎだろうかと、通りにまではみ出ている人垣の向こうを背伸びして見遣ると、紋付き袴を着た源次郎が難しい顔をしてたばこをふかしていた。傍で見ても、気を落ち着かせるためにふかしているのがよく分かる。
「なるほど。娘さんがいよいよ嫁ぐって訳だ」
 独り合点して、そう呟くと、斜向かいに住んでいる中山さん家のおかみさんが、
「あんた何勘違いしてんだよ。源さんとこに娘なんていないよ」
「えっ……じゃあ、この人だかりは何なんだい?」
「外人さんが来るんだよ」
「外人?」
「そうなのよ。あたしも詳しい事は知らないんだけど、何でもアメリカの金持ちらしいよ」
「へえ、こんな下町にアメリカ人がねえ……一体あの人はどういう御仁なんだい」
「ただの植木職人だよ」
「ただのって、相手はアメリカの金持ちなんだろ」
「だから、みんなびっくりしてこうやって集まってるんじゃないか」
 と、その時である。
「来たぞ、来たぞ」
 と、子供の甲高い声が、やじ馬を煽るように、飛び込んで来た。
 源次郎の家の前に詰め掛けていた者達が、一斉に踊り出た。通りの人だかりはまるで風船が膨らむように大きくなった。
 大声で叫びながら、こちらに走って来るのは、憲太であった。憲太は今し方話していたおかみさんの息子である。更に見ると、憲太の後ろから一台の黒い乗用車が、濛々と砂煙を上げながら、勢いよく走って来るではないか。車はあっと言う間に憲太を追い越し、人だかりの手前で止まった。
 さっきまでの喧噪が嘘のようにやんだ。皆の視線が自動車に釘付けとなった。
 後部座席の扉が開いた。
 皆、固唾を飲んでじっと見ている。そして、全員が釣られるように上を向いた。
「おおっ」
 感嘆の声が一斉に沸き起こった。
 そこに立ったのは、背広を身に纏った見事なまでの青年紳士であった。
 背丈は軽く六尺はあろう。髪の毛はそれは綺麗な金色で、鼻筋の通った面立ちは日本人の目にもいい男だと映る容貌であった。憲太のかあちゃんなどは思わずうっとりである。
「はじめまして、皆さん。わたくし、フランクリン・スチュワートと申します。村上源次郎さんのお宅はこちらでよろしいのでしょうか」
 フランクが日本語を話せる事は、源次郎からの又聞きで既に知っていた。ただ、話せるとは言っても、そこは所詮外人である。おそらく片言の日本語であろう。せめてアメリカに帰る頃までには、ましな日本語が話せればと、近所の者達は噂をしていたものだ。ある意味、優越感もあったであろう。
 ところが、フランクの日本語は余りにも流暢であり、しかも敬語を用いた大変丁寧なものであった。はっきり言って、下町の者よりも上品である。美男子の上に、流暢な日本語となれば、その驚きは度を超えよう。口をぽかんと開けたまま、ただフランクを見るのみとなっても、それは至極当然であった。
 そこへ、憲太が戻って来た。
「どうだ」
 息を切らしながら、憲太が尋ねると、
「あの外人さん、すげえ。日本人みたいだ」
 そう言ったのは、優であった。優は憲太と同じ歳で、今年十一歳になる。住まいは源次郎と同じ三軒長屋、つまり源次郎とは隣同士である。優は四歳になる妹の妙をそばに寄せて、通りを挟んだ斜向かいの長屋の陰からフランクの動向を窺っていた。
「馬鹿、感心してる場合じゃないだろ」
「でも、ほんとに上手なんだもの」
 優に同感したのは、憲太の妹のミツ子である。ミツ子の後ろでは、優の弟である治雄が興味津々にフランクを覗き見していた。
 人だかりはしんと静まり返っている。誰も動こうとはしない。
 風が吹いた。フランクの髪の毛が靡いた。
 フランクはこの何とも言えない空白の間に困惑した。こういう場合、どう対処すればいいのだろうか。そもそも、彼らはなぜ驚いているのだろうか。
 フランクは日本語を学んで、もう十六年になる。その間、日本の文化や慣習も当然のことながら学んで来た。今の挨拶に誤りがあるとは思えない。しかし、日本で生活をして来た訳ではない。飽くまで知識として持っているだけである。ひょっとして、自分の与り知らない所で失礼な事をしてしまったのではないのだろうか。フランクはちょっと首を捻り、考える仕草を見せた、まさにその時、
「よし、今だ」
 これぞ絶好の機会と思った優は、そう言うなり、妙の背中をぽんと叩いた。
 妙が歩き出した。
 フランクが顔を上げた。悩んでも仕方がないと思ったのだろうか。しかし、納得がいかないのか、再び考え始めた。
 憲太と優は、そんなフランクをよそに、妙に向かって、身振りで行け行けと言っている。
 そんな妙に逸速く気づいたのが、例の通りすがりの男であった。あっ、と奇声を上げるや、フランクばかりに気を取られていた人だかりも、つい釣られてそっちを見た。
 驚いたのは言うまでもない。人だかりは、突然の妙の登場に、またも唖然呆然である。
 妙がフランクの足元まで来た。
 考え事をしている時に不意を衝かれるのは、ちょっとした事でも驚くものだ。フランクは、ツンツンとズボンを引っ張られる感触に、声にならない奇声を上げるや、直ぐさま足元を見た。
 すると、そこには、黒々とした髪をおかっぱにした女の子が、はにかむような笑顔で、フランクを見上げているではないか。
 フランクは驚きの正体が小さな女の子であったのに“なあんだ”とひとまず胸を撫で下ろすと、妙に笑顔を向けて、
「どうしたの、お嬢ちゃん」
 と優しく問いかけた。
 すると、妙は開口一番、
「ウエルカム トゥ ジャパン」
 と大きく、はっきりとした声で言った。
 人だかりの山は目を丸くした。
 通りすがりの男も驚きの連続に呆れ返り、
「おいおい、あの女の子、英語を話してるんじゃねえか。すげえなあ」
 と言うと、憲太のかあちゃんまでもが、
「妙ちゃん、たいしたもんだねえ」
 と言ったきり、口をあんぐりである。
 だが、フランクは周囲の驚きなど気にも留めず、しゃがみ込むと、妙の顔を覗き込んだ。
「歓迎してくれてありがとう。ところで、お嬢ちゃんのお名前は」
「オカノタエ」
「そう、タエちゃんて言うんだあ」
「うん」
「タエちゃんにちょっと聞きたい事があるんだけど、この辺に村上源次郎と言う人は住んでるかなあ?」
 妙は長屋を指さした。
それを見て、憲太と優は、
「その調子、その調子」
 と熱を入れて言った。
「じゃあ、一緒に行こうか」
 フランクは妙に笑顔を見せて立ち上がると、小さな手を取った。
 人だかりの山がすぱっと半分に分かれた。まるで歌舞伎の花道のような、人垣の道が現れた。
「ありがとうございます」
 フランクは道を開けてくれた人に礼を述べると、妙に案内されるままに源次郎宅へと歩き始めた。
 玄関先で今か今かと見張っていた妙の父ちゃんは、フランクの顔を見るや、
「源さん、来たぜ」
 と威勢よく声を掛けた。
 ところが、妙も一緒なのに気がつくや、今度は余りの予想外な事に、
「あれっ、妙」
 と思わず素っ頓狂な声を上げてしまった。
 玄関口では、源次郎と君子が並んで、既に正座して待っている。俯き加減ではあるが、源次郎の表情の堅さは誰の目にも明らかだ。
 フランクが来た。
「村上源次郎さんのお宅はこちらでよろしいのでしょうか」
源次郎の緊張は最高潮に達した。ちらっと見上げた。正面にフランクの顔が見えた。フランクと視線がぴたりと合った。源次郎はそれこそ心臓が破れんばかりにドキッとした。
「ははっ」
 源次郎と君子が頭を下げた。そして、そのままの姿勢で、
「うえっ、うえっ……うえっ」
 何度もどもる源次郎に、君子が見かねて、
「ウエルカム トゥ ジャパンでしょ」
「分かってるよ……うえっ……」
 と、その時である。
「ウエルカム トゥ ジャパン」
「そう、ウエルカム トゥ……えっ」
 源次郎は思わず顔を上げた。
「ウエルカム トゥ ジャパン」
 再度の声に、今度は一転、下を見た。すると、そこには妙がフランクと手を繋いで、ひょっこり立っているではないか。
「……妙坊」
 源次郎は驚いた。
 片や、君子は大きなため息をついた。
 フランクはわざわざアメリカから来て下さる賓客である。いくら、フランクが日本語を話せるとは言っても、まずは英語で歓待するのが礼儀であろう。そこで源次郎はフランクを紹介したマケインに歓待の言葉を教わった。それが『ウェルカム トゥ ジャパン』であった。
 それからと言うもの、源次郎は毎晩練習を繰り返した。君子はたった一言にそこまで練習する必要はないと言ったが、こんな汚い家に来て下さる、しかもアメリカからお見えになる方に粗相でもあったらどうすると源次郎は言って聞かなかった。源次郎にとっては、それこそ日本とアメリカの外交を一手に引き受けたような気持ちであったのだろう。しかし、それをあっさりと妙に持って行かれたのだから、源次郎も立つ瀬がない。いや、小さな外交官に脱帽である。
「なあ、妙坊、ひょっとして、おじちゃんの声聞こえてたかい?」
「うん」
「やられたなあ」
「まったく馬鹿だねえ、この人は」
「誰が馬鹿なんだよ」
「あんな大きな声で練習してたら、聞かれるのは当たり前だって言ってんだよ」
「大きな声のどこが悪いってんだ」
「悪いって言ってんじゃないの。馬鹿だって言ってるの」
「かあちゃんだって、留袖どうしようかって、竹町の古着屋を漁ってたじゃねえか」
「何でそんな事言われなきゃいけないの」
「馬鹿だって言いてえんだよ」
「源さん、いい加減にしろよ。待ってるぜ」
 妙の父ちゃんが割って入った。
 源次郎と君子が同時にフランクを見た。
 フランクが愛想笑いをした。
 二人は慌てて頭を下げた。
「申し訳ありません。お恥ずかしいところを見せてしまって。では、改めまして、御挨拶を。あっしは村上源次郎と申します。こっちにいますのが、かあちゃんの、あっ、いやいや家内の君子と申します」
「はじめまして、源次郎の家内で君子と申します」
「はじめまして。わたくし、フランクリン・スチュワートと申します。皆はわたくしの事をフランクと呼びます。皆様もわたくしの事を気軽にフランクと呼んで下さい。村上さんの事はマケインさんから色々と伺いました。この度は、わたくしの我がままを受け入れて下さって、本当に感謝しております。これから一月の間、何かと御迷惑をかけるとは思いますが、どうぞよろしくお願い致します」
「そんな御丁寧な。このようなむさ苦しい所においで下さって、感謝するのはあっしらの方です。まっまっ、堅い挨拶はこれくらいにしまして、さあ、どうぞ。狭くて汚い所ですが、酒はありますから。マケインさんの話だと、フランクさんはいける口なんですよね」
「まだ日が高いって言うのに」
「めでてえ日に酒はつきものだろうが」
「あのう……」
「へえ、何でしょ」
「わたくし、今日は御挨拶と言うことで参ったものですから」
「そんな遠慮なさらなくてもいいんですよ」
「そうそう、かあちゃんの言う通りですよ」
「いえ、今日は他の所にも御挨拶に伺わなければなりませんので。また、明朝お伺いしたいと思っております」
「そうですかあ……まあ、無理に引き留めてもねえ。分かりました。じゃあ、明日と言うことで、お待ちしております」
 にこやかに源次郎が言うと、フランクも笑顔で応えた。だが、それは源次郎に対する愛想笑いではなかった。夫婦ゲンカから取り敢えず解放された、ほっとした笑みだった。
「では、失礼します。タエちゃんも」
「ウェルカム トゥ ジャパン」
 これには、一同大笑いであった。
 だが、人垣を割って見ていた憲太達だけは別であった。にんまりとほくそ笑むのは、明らかに子供の悪知恵が覗いて見えた。



 kindle
Kill The Japanese_完全版


 

* 小説活動 * comment(0) * page top↑
元気いっぱい柴ワンコ
2016 / 03 / 09 ( Wed ) 06:02:23
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 今は暖かいですが、夜は寒くなるようです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 淡い日差し。

 広々としたお庭?

 その中を、柴犬の子ワンコ達が所狭しと走り回る。

 でも、やっぱり気になるのは飼い主さん…

 ほのぼのとした幸せの一場面ですよね。

 (*´∇`*)


 広い所で走り回って楽しそうな柴犬子犬たち

 

 
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
三つの『場』が人材を育てるのは分かる
2016 / 03 / 08 ( Tue ) 05:59:08
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 かなり暖かいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 人、モノ、カネが国民国家の枠組みを超えて活発に移動し、各国経済の開放と、世界の産業、文化、経済市場の統合が進む現象。

 これををグローバリゼーションと言います。 

 経済ニュースを見ていれば良く出て来る言葉だと思いますが、まあ、はっきり言いまして、世界を舞台にお仕事をしている人でないと、あまり実感を得られない言葉だと思います。

 これからご紹介するのは、グローバリゼーションの時代における人づくりに関しての一文。

 まずは、それを読んで頂けたらと思います。

 グローバリゼーションの時代における人づくりに言及したい。理想の人材像は、「変える力」と「つなぐ力」を持ち合わせた人材であり、この二つの能力の基礎となるのが「現場力」だ。

 「変える力」「つなぐ力」とは何か。グローバリゼーションの時代は、さまざまな変化が地球規模で複雑に連鎖する時代でもあるが、「変える力」とは、そんな複雑な変化に迅速に対応して自らが変わることに加え、周囲や社会、そして時代をも変革する能力を指している。

 また、グローバリゼーションの下での世界経済の発展は、地球規模での国と国、企業と企業、人と人とのつながりが原動力になっているが、そうしたなかで、自分自身が社会につながるだけではなく、さまざまな個をつなぎ合わせる能力が「つなぐ力」である。

 これらの力は、人それぞれが持って生まれた素質による部分も当然ある。しかしわたしは、学習や仕事を通じて身につけることも十分可能と考える。仕事の現場で習得できる能力こそが「現場力」である。

 現場力はさまざまな力が絡み合った複合的な能力と言える。その中身を明確に切り分けることは難しいが、因数分解すると四つの力が含まれている。

 ひとつは「洞察力」。これは好機と危機を察知する力であり、現場で直面する出来事の裏に潜む意味や潮流を把握する能力である。二つ目は好機や危機に際し、スピーディーに対応できる「瞬発力」。三つ目は、物事がうまく進まない時でも粘り強く取り組み、突破口を見つけて物事を動かす「行動力」。

 そして最後が「コミュニケーション力」。組織では自分で行動するだけでなく、人にもしっかり動いてもらうためにも、コミュニケーションは不可欠だ。これら四つの要素は、多くの業種・職種の人の現場力に共通するものであり、わたしはグローバリゼーションの時代に求められる「変える力」と「つなぐ力」の土台となると考えている。

 現場力をつけるうえでは、自分を追い込むことが重要だ。厳しい環境や難しい課題を抱えたギリギリの状態に身を置くことで、自身の現場力は確実に向上する。「修羅場・土壇場・正念場」こそが人づくりの最高の舞台となる。これは、若い時代に、たくさんの失敗を繰り返してきたわたしの経験則である。


 kakisakasanもそれなりに苦労してきて、今も苦労の真っ最中です。

 ですから「修羅場・土壇場・正念場」という3つの場が人づくりに必要なのは分かるんですよ。

 ただね…

 こう言う状況に直面してそれを突破出来る人って、そうは居ないんですよ。

 洞察力、瞬発力、行動力、コミュニケーション力…

 この4つの力は持って生まれたものが大きく作用します。

 一種の才能ですね。

 それを研磨するのが「修羅場・土壇場・正念場」なんですよ。

 そして、それらを支える力が精神力なんですよ。

 でも、その精神力が持たず、挫折する人は数知れず。

 中には退職する人もいれば、うつ病を患ったり…

 《「修羅場・土壇場・正念場」こそが人づくりの最高の舞台。若い時代に、たくさんの失敗を繰り返してきたわたしの経験則》と言われていますが、この人は間違いなく仕事が出来る人なんですよ。

 だから、自分主体に物事を考えているだろうなあって…

 でも、そんな人生を振り返ったとき、本当に自分一人の力だけで全てを解決出来のかと言えば、そうではないはずなんですよ。

 先輩の助言があったり、後輩が付いて来てくれたり…
 
 誰かの支えがあったはずなんですよ。

 個の力ばかりに捕らわれると、木を見て森を見ずということになりかねません。

 個の力と潤滑の良いチームワーク…

 この両輪が揃って、初めて仕事はうまく行くはずです。

 言い換えれば、潤滑の良いチームワークが「修羅場・土壇場・正念場」で必要とする精神力を生み出すんですよ。

 グローバリゼーションの時代における人づくりと言われていますが、いつの時代においてもどんな仕事においても、人材の育成には潤滑の良いチームワークによって生まれる下支えが必要だと思うんですけどね。 


 典拠URL
 ニュースイッチ~三井物産会長が語る人づくりの最高の舞台は「修羅場・土壇場・正念場」 飯島彰己氏 「変える力」と「つなぐ力」を備えた人材へ、自分を追い込め 2016年02月28日(明 豊)
 http://newswitch.jp/p/3775

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
グラフェンは太陽光発電を向上させることが出来るか?
2016 / 03 / 07 ( Mon ) 05:59:36
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は雨です。

 かなり暖かいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 皆さんはグラフェンという言葉を聞いたことがありますか?

 グラフェンとは、炭素の同素体の一種であり、炭素原子1個分の厚さしかない平面状の物質であり、炭素原子のsp2結合によって形成されたハチの巣状の結晶格子で構成されています。  

 ( ̄ω ̄;)ンーー

 まあ、難しいことは抜きにしまして、今日ここで言いたいのは、このグラフェンを使うことで、太陽光発電の発電効率を大幅にアップさせることが出来るかもしないと言うことなんです。

 グラフェンは光学的にも、紫外線から可視光線、そして赤外線まで、幅広い周波数の光を均一に吸収できるという興味深い特徴があります。

 ただ問題は厚さが原子ひとつ分しかないので、光や熱の吸収効率は高くないことなんです。

 そこでイギリスのサリー大学の研究チームは、自然の素材にヒントを求めました。

 そうしたら、あったんですよね。

 それが、蛾の目なんですよ。

 (・0・○) ほほーっ

 論文共著者のRavi Silva氏はプレスリリースで次のように述べています。

「蛾は目の微細な構造によって、非常に暗い環境でも目が見えます。これは光を目の中心へ集めるという機能を有しており、さらに捕食者に居場所を知らせてしまう反射を抑えるという効果もあります。我々は同様の手法を使い、グラフェンを同じようにパターン化することで、非常に薄く、かつ効率的に光を吸収する素材を作り出しました。」

 グラフェンのシートの光吸収率は、通常だと2~3%しかありません。

 でもSilva氏らの開発手法によって、95%というほぼ完ぺきな吸収率が実現されました。

 この「ナノ・テクスチャリング」という新手法によって生み出された素材によって太陽光パネルをコーティングすれば、発電効率を大幅に向上させられます。

 そうすれば、たとえば家の中のような薄暗いところでも太陽光発電が可能になり、将来、家電に必要なエネルギーは壁紙発電で全部OK、なんてことになるかもしれません。

 技術は日進月歩で進んでいますから、そう遠くない将来、この技術が太陽光パネルに装備されるのは間違いないと思います。

 ただ、コストの問題がありますから、それをクリアするのが大変なんだろうとは思います。

 太陽光発電を日本の基幹エネルギーにする気が本当にあるのなら、日本政府は補助金を付けてこの技術の共同開発をするべきでしょうね。


 典拠URL
 gizmodo.jp~グラフェンを蛾の目みたいにしたら、壁紙で太陽発電ができるかも 2016.03.04 14:05
 http://www.gizmodo.jp/2016/03/graphene_mothseye.html

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
子猫が次から次へと…
2016 / 03 / 06 ( Sun ) 09:36:20
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は薄曇りの晴れです。

 妙に眠いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 画面には一匹の大人ニャンコと一匹の子ニャンコ。

 子ニャンコは生後20日程度。

 おそらく、親子なんでしょうね。

 すると、後ろからもう一匹の子ニャンコが…

 と思ったら…

 恐る恐る辺りをうかがう様子が何とも微笑ましいですよね。

 (^ー^* )フフ♪


 子猫がでてきた!

 

 
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
クリームチーズテリヤキバーガーを食べてみたい
2016 / 03 / 05 ( Sat ) 08:18:51
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 夕方には雨が降るそうです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 最近、マクドナルドが衰退傾向にあるというニュースをよくネット上で見かけます。

 閉店ラッシュが相次いでいるようで、本当にそうなのかはよく分かりません。

 と言うより、このニュースに関心がないというのが正しい言い方ですね。

 なぜかと言いますと、ハンバーガーが食べたい時、kakisakasanはマクドナルドでなはく必ずモスバーガーに行くからです。

 だって、マックよりも絶対モスの方が美味しいですし、同じ1000円を支払うのであれば、モスの方が絶対お得感があると思います。

 そのモスバーガーが3月22日(火)から5月下旬までの期間限定で「クリームチーズテリヤキバーガー」(390円)を発売。

 また、パティを2枚使用した「クリームチーズダブルテリヤキバーガー」(510円)も同時に販売するそうです。

 対象店は全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)。

 「クリームチーズテリヤキバーガー」は、日本のハンバーガーチェーンにおいて初めて発売し、モスが元祖である「テリヤキバーガー」をアレンジし、マヨネーズタイプの代わりにクリームチーズを合わせたハンバーガーだそうです。

 みそとしょうゆを使ったオリジナルのテリヤキソースを絡めたジューシーなパティに、たっぷりのレタスと、濃厚でクリーミーなモスのオリジナルクリームチーズを載せ、深味とコクがあるテリヤキソースとクリームチーズの滑らかでほどよい酸味がマッチ、濃厚ながらもさっぱりとした味わいが口の中に広がり、「テリヤキバーガー」とはひと味違うおいしさが楽しめるそうです。

 kakisakasanがモスでハンバーガーを注文するとき、頻繁に注文するのがテリヤキバーガーとモスバーガー。

 チーズも好きなkakisakasanにとって、そのテリヤキバーガーとクリームチーズが合わさるのはまさに朗報。

 3月22日まで残り2週間とちょっと…

 今から非常に楽しみです。

 (⌒¬⌒*)   


 典拠URL
 ウォーカープラス~モスから「クリームチーズテリヤキバーガー」が新登場 東京ウォーカー(全国版) 2016年2月25日 14時38分 配信
 http://news.walkerplus.com/article/73123/

 
* kakisakasanのグルメ * comment(0) * page top↑
世界一怖い?絶叫アトラクション
2016 / 03 / 04 ( Fri ) 06:02:46
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は晴れです。

 夜が白々と明けるのが早くなりました。

 おはようごさいます、kakisakasanです。

 
 岡山県倉敷市にある遊園地『鷲羽山ハイランド』。 

 ここにはジェットコースターである『チューピーコースター』や、椅子に座って上下運動をする『ターボドロップ』といった絶叫マシンが存在します。

 しかし今回ご紹介するアトラクションは、更なる恐怖を味わうことができる、いや、世界一の恐怖?を体験できるアトラクションがあるのです。

 それがスカイサイクル。

 どんなアトラクションなのか、それは動画を見て頂ければと思います。

 ちなみに、高い所が苦手なkakisakasanは絶対乗りたくないと思いましたね。

 (>ω<、)

 漕ぐ時に聞こえるあのギシギシという音が本当に怖いんですよね。

 (゚v゚;ノ)ノ


 鷲羽山ハイランドスカイサイクルなぜか異常に怖い

 


 アトラクションに乗りながら撮影してみた!「スカイサイクル」鷲羽山ハイランド

 


 典拠URL
 grqpe~どの絶叫マシンよりも怖い…岡山県にある『史上最強のアトラクション』
 http://grapee.jp/150673

 
* kakisakasanの動画紹介 * comment(0) * page top↑
今週は忙しい
2016 / 03 / 03 ( Thu ) 05:57:56
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は晴れです。

 比較的暖かいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今週は仕事が非常に忙しいため、ブログを書く余裕がありません。

 (>ω<、)

 ですので、今日はお休みします。

 m(_ _)m

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
おもちゃの魚を追いかけていたら…
2016 / 03 / 02 ( Wed ) 21:07:05
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今宵の東京は晴れです。

 今朝はFC2メンテのため、夜のアップです。

 こんばんは、kakisakasanです。

 
 ニャンコと言えば、魚。

 それがたとえおもちゃであっても、ニャンコである以上、やはり興味津々。

 しかも、それが手に届くのではないかと思ってしまうと…

 ああ、でも、それが命取りになってしまうんですよね。

 ( ̄▽ ̄;)


 【マンチカンズ】猫が魚を追ってドボン ~ A cat fell into the bath-tub ~

 


 
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
* HOME * next