ソメイヨシノの花びらは何色に見えますか。
2013 / 03 / 31 ( Sun ) 10:58:25
 
 今朝の東京は曇りです。

 未明は雨が降っていました。

 春とは思えない寒さです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 昨日今日と東京地方は寒くて、暖房器具を片付けるタイミングがつかめないままでいます。

 満開だった桜も、この寒さと雨でかなり散ったことだと思います。

 古来から花と言えば桜を示すほど、日本人にとっては親しみ深いものですが、ただ現代人にとっての桜は間違いなくソメイヨシノだと思います。

 ソメイヨシノは、江戸中後期、染井村の植木職人によって作出されたと言われています。

 ですから、それ以前にはソメイヨシノは存在しなかったわけです。

 万葉集などに詠まれている花は桜を意味していても、それはソメイヨシノではなく、おそらくヤマザクラであろうと言うのを聞いたことがあります。

 青空に映え、そよ風に揺れるソメイヨシノの花びら…

 皆さんは何色に見えますか。

 おそらくほとんどの人がピンクと答えると思います。

 わたしには、淡い赤紫色に見えます。

 限りなく白い赤紫色に…

 でも、散った花びらが風によって道の片隅に集められ、真っ直ぐ伸びている状態では、確かにピンク色に見えるんです。

 不思議ですよね。

 しだれ桜、八重桜、河津桜など、桜は数あれど、多くの日本人がソメイヨシノに惹かれるのは、このようなところに秘密があるのかもしれませんね。

 桜前線は北上中。

 東北、北海道の桜が見頃になるのは、いつ頃になるのでしょうか。


 
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* しっとりと~つれづれ日記 * comment(0) * page top↑
つぶやきクイズ7「熱帯や亜熱帯の遠浅の海岸…何と言うか」
2013 / 03 / 29 ( Fri ) 10:25:18
 今朝の東京は曇りです。

 暖かいです。

 雨降るかなあ~

 おはようございます、kakisakasanです。


 本日はつぶやきクイズ7をお届けしたいと思います。

 では、早速…


 問 熱帯や亜熱帯の遠浅の海岸沿いの砂泥地に海水の塩分濃度に耐えうる樹木が多数集まってつくる樹林を何と言うか。

 1 マングローブ
 2 ウーマングローブ
 3 ミッツマングローブ






























 正答 1

 

テーマ:クイズ - ジャンル:

* つぶやきクイズ * comment(0) * page top↑
つぶやきクイズ6「与謝野晶子の処女歌集は次のうちどれか」
2013 / 03 / 27 ( Wed ) 19:25:04
  今宵の東京は曇りです。

  昼間は冬のように寒かったです。

  こんばんは、kakisakasanです。


  本日は、つぶやきクイズ6をお届けしたいと思います。

  では、早速…

 
  与謝野晶子の処女歌集は次のうちどれか?

  1 みだれ髪
  2 みだれ肌
  3 みだれた壇蜜





























 
 正答 1

 人によっては、3であって欲しいかもしれませんね。( ̄ー ̄;

テーマ:クイズ - ジャンル:

* つぶやきクイズ * comment(0) * page top↑
ゴルちゃんはどうして後ずさりをしているのでしょう?
2013 / 03 / 24 ( Sun ) 08:55:51
 

 今朝の東京は曇りです。

 ちょっと寒いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日はゴールデンレトリーバーの動画をお届けしたいと思います。

 ゴルちゃんは、ある何かを見ています。

 そして、びびっちゃったのでしょうか、後ずさりを始めてしまいます。

 でも、生まれて一度も出会ったことがないはずだと思うんですが…

 これってやっぱり本能のなせるわざなのでしょうか。( ´艸`)

 
 TVのライオンにびびる生後6ヶ月のゴールデン

 


 

テーマ:ゴールデン・レトリーバーとの生活 - ジャンル:ペット

* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
電子書籍『おふろの神様、ごめんなさい』を出版しました
2013 / 03 / 20 ( Wed ) 20:10:17
 
 今宵の東京は曇りです。

 時々、パラパラと雨が降っています。

 これから本降りになるのでしょうか。

 こんばんは、kakisakasanです。


 ええっと、今日は電子書籍『おふろの神様、ごめんなさい』の広報をしたいと思います。

 物語は、おじいちゃんと孫のふれ合いを描いた心温まるお話です。

 以下は冒頭の引用文です。

 ******************************

「おふろの神様、ごめんなさい」

「ごめんなしゃい」

「よし、じゃあ、いいぞ」

 と言われると、太一(たいち)と真悠子(まゆこ)は排水口に向かって、勢いよくおしっこをした。

 お兄ちゃんっ子の真悠子は、同じように立ってして、太一の顔を見ては、にこにこしていた。

その様子を、湯船に浸(つ)かりながら、おじいちゃんの次治(つぎはる)は、

「いいか、今度からは、ちゃんと便所に行ってから、お風呂に入るんだぞ。そうしねえと、おふろの神様だけじゃなくて、便所の神様にも怒られるからな」

 と、きっぷよく言った。

「えっ、どうして」

 太一は手にちんちんを持って、おしっこのしずくを落としながら、そうたずねると、真悠子がまた、お兄ちゃんの真似(まね)をして腰を大きく振った。

 次治は湯船で顔を洗うと、

「何だ、そんなことも分からねえのか、太一」

 と言って、湯船のお湯を手ですくって、二人に掛けてやった。

******************************

 くすくす笑える小説を書いたつもりですが、人によってはちょっぴり泣けるかもしれません。

 お値段は100円です。

 よかったら、読んで下さい。

 パブーサイト(PDF)(epub) 

 


  forkNサイト(PDF)

 

おふろの神様、ごめんなさい

by 垣坂弘紫
forkN

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

* 小説活動 * comment(0) * page top↑
ペロペロが好きなんです
2013 / 03 / 19 ( Tue ) 22:07:36
 

 今宵の東京は晴れです。

 現在、室内温度は22度です。

 日中はほんとに暑かったです。

 こんばんは、kakisakasanです。


 今日はとってもペロペロが好きなニャンコ動画をお届けしたいと思います。

 いや、まあ、何がそんなに楽しいのか、とにかくペロペロしてるんですよ。

 キャンディをペロペロさせたら、あっという間に無くなっちゃうくらい、勢いのあるペロペロをご覧下さい。


 crazy cat, licks when you scratch him.

 


 典拠URL
 らばQ~「もっとなめさせるニャー」 猛烈な勢いでエアペロペロする猫(動画)2013年03月19日 21:15~
 http://labaq.com/archives/51784137.html

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
マイケル・ジョーダンを超えた猫
2013 / 03 / 18 ( Mon ) 19:47:19
 
 今宵の東京は曇りです。

 風がビュービュー吹いてます。

 深夜は雨が降るみたいです。

 こんばんは、kakisakasanです。


 今日は、猫の跳躍動画をお届けしたいと思います。

 ニャンコと遊んだ方なら分かると思いますが、ニャンコって俊敏でしかも結構ジャンプするんですよね。

 でも、じゃあ、どのくらいジャンプするのかって確かめた人はそんなにいないと思います。

 この動画を見て思ったのは、猫の身体能力ってすごいなあって…

 マイケル・ジョーダンならぬニャンケル・ジョーダンですよ。

 ジャンプしている姿をロゴマークにしてバスケットシューズを作ったら、結構売れるのではないかと本気で思ってしまいました。( ̄ー ̄;
 

 けしからん猫の垂直跳びには敵わない。 NOTHING CAN RIVAL THE JUMPIN

 

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
畳と猫と平和
2013 / 03 / 17 ( Sun ) 09:12:37
 

 今朝の東京は晴れです。

 穏やかな朝です。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日はスライディングをするニャンコとして有名なまるちゃんのお昼寝動画をお届けしたいと思います。

 ニャンコが日だまりで昼寝をしている。

 それだけで平和だなあと思えるのに、まるちゃんは…

 畳の上でおなかいっぱいに日差しを浴びるのは、さぞ気持ちがいいのでしょうね。^^


 畳とねこ。-Sunny spot and Maru.-

 

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
つぶやきクイズ5 「岐阜事件で言ったとされる板垣退助の台詞」
2013 / 03 / 14 ( Thu ) 14:31:14
 お昼の東京は曇りです。

 結構、寒いです。

 つい先日は、夏日になったのに…

 三寒四温とはよく言ったものです。

 こんにちは、kakisakasanです。


 今日はつぶやきクイズ5をお届けしたいと思います。

 では、早速…

 問 岐阜で遊説中に暴漢に襲われ負傷した際に言ったとされている板垣退助の台詞は次のうちどれか。

 1 板垣死すとも自由は死せず
 2 板垣死んだら自由はどうなる
 3 板垣死ぬのやだなあ~
























 正答 1

テーマ:クイズ - ジャンル:

* つぶやきクイズ * comment(0) * page top↑
渋谷区宇田川町にありますamberさんに『ようこそ、守谷家へ』を置かせてもらえました
2013 / 03 / 11 ( Mon ) 09:07:07

 今朝の東京は晴れです。

 昨日は春の陽気だったのに、今日はまた冬に逆戻りです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日は、快く寄贈を承諾して下さったbook cafe amberをご紹介したいと思います。

 こちらのお店は渋谷区宇田川町にありまして、まあ、ですから、渋谷のど真ん中にあるお店と言っても過
言ではないと思います。

 西麻布ほどではないにしても、渋谷にも来ることなんて滅多にないですから、道に迷わなければ良いなあと思っていたんですが、意外にもすんなりたどり着けました。

 道順は、渋谷駅北口から今や観光名所となっていますスクランブル交差点を渡り、原宿方面に向かって井の頭通りを進みます。

 しばらくすると、左手に西武デパートのA館とB館の間にある道が出てきますから、そこを入り、まっすぐ歩いていくと右手にロフトが見えてきます。

 そのすぐ目の前にありますビルの6階にbook cafe amberがあります。

 伺ったのは、宵の口でしたが、既に何組かのお客さんがいました。

 女性同士が多かったような気がします。

 お昼はランチタイムがあり、夜もお食事が頂けます。

 kakisakasanは親子丼を頂きました。

 おいしかったです。

 料金は880円で、夜はテーブルチャージ5%が追加されます。

 喫煙可です。

 で、親子丼を注文したので、先に割り箸やおしぼりを持って来られたんですが、割り箸の袋にanniversary2005って書いたあったと思います。

 と言うことは、2005年に開店何周年かを迎えたのかなあって…

 で、今は2013年ですから、それから8年が経過したとなると、10年以上は続いているお店なのかなあって…

 これはkakisakasanの勝手な推測ですが、もし、この推測が正しいのであれば、渋谷区の繁華街、しかもど真ん中にあって、10年以上もお店を経営しているのはほんとにすごいと思いました。

 お店に何かの魅力がないと、浮き沈みの激しい世界で10年以上も経営するのは不可能ですよ。

 ですから、きっとその魅力のひとつが本のソムリエが選んでお店に並べている本なのかなあと…

 『ようこそ、守谷家へ』はどちらかと言うと女性向けの小説だと思いますし、お店も女性客が多い印象を受けましたので、手にとって読んで下さる方がいるのではと期待しています。


 住所:東京都渋谷区宇田川町17-1 渋谷ブラザービル6F・7F
 TEL :03-3770-8987
 営業時間:12:00~24:00(FOOD LO22:30)※7Fは18:00~/無休
 席:30席(6F) 24席(7F)

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

* 小説活動 * comment(0) * page top↑
港区西麻布にありますTHESEさんに『ようこそ、守谷家へ』を置かせてもらえました
2013 / 03 / 10 ( Sun ) 10:01:49
 今朝の東京は曇りです。

 なんだか、まだ眠いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日は、快く寄贈を承諾して下さったbook cafe THESEをご紹介したいと思います。

 場所は港区西麻布。

 西麻布と言えば、1980年代、とんねるずの『二人の西麻布』を思い出しますが、西麻布界隈に足を踏み入れたことなんてないですから、道に迷わずお店にたどり着けるのか、まずはそれが心配で…

 ですから、地図を食い入るように見て、どう歩けばいいのか事前にシミュレーションをしました。

 左手に六本木ヒルズを見ながら、地下鉄六本木駅から六本木通りを渋谷方面に歩いていくと、程なく下り坂になります。

 すると、外苑西通りとの交差点があります。

 横断歩道を渡り、ちょっと進むと右側に道がありますので、そこに入ります。

 まっすぐ進むと二股に道が分かれます。

 その二股道の間に、THESEがあります。

 ちなみに、はす向かいにはとんかつ屋さんがあります。

 book cafeと言いましたけど、実際は何て表現すればいいのか…

 お店はそんなに広くはないのですが、天井が高く、カウンター周辺には本とお酒があって…

 kakisakasanはお酒が飲めない上、昼型人間ですから、今回のように本を置かしてもらうと言った事をしない限り、こういった感じのお店に足を踏みいれることはありませんから、すごく新鮮な気持ちになれました。

 また、本とお酒、と言ってもこの場合は洋酒ですが、すごく合うんですよね。

 大きな本屋さんで明るい照明の下で見る本であったり、あるいは図書館で見る本であったり、そう言うのとはまた違った、独特の雰囲気があるんですよ。

 何て言うんでしょうね、人文科学、自然科学、社会科学と言ったジャンルに関係なく、気心の合うお客さんがいれば、本の方から語りかけてくる。

 ここに通うお客さんはそんな本の語りかけを求めに来る。

 お酒は本の語らいを聞く人のネクタイをそっと緩めてあげる。

 そんな雰囲気を感じました。

 『ようこそ、守谷家へ』の主人公は守谷民代という普通の主婦であり、犬を飼っている普通の家族ですから、お店の雰囲気とはちょっとかけ離れているかなあとも思いましたが、あの雰囲気で読むとまた違った味わいがあるかもしれません。

 今回は挨拶程度で終わりましたが、機会を見て伺いたいと思っています。

 お酒はそんなに飲めませんけど、趣のあるお店の一軒くらいは知っておきたいです。


 住所:東京都港区西麻布2-15-12カルテットビル1F
 TEL :03-5466-7331
 営業時間:月~土 19:00~翌4:00(L.O.翌3:00)
        日祝 19:00~翌2:00(L.O.翌1:00)/ 無休

 THESE HP
 http://www.these-jp.com/

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

* 小説活動 * comment(0) * page top↑
豊島区雑司が谷にありますキアズマ珈琲さんに『ようこそ、守谷家へ』を置かせてもらえました
2013 / 03 / 09 ( Sat ) 09:41:59
 
 今朝の東京は晴れです。

 暖かいです。

 目を覚ました時の室内温度は16度でした。

 おはようございます、kakisakasanです。


 前回、NPO法人である情報ステーション、セカンドブックアーチ、福岡県NPO・ボランティアセンターに『ようこそ、守谷家へ』を寄贈したことを書きましたが、実際はまだまだ余っていますので、寄贈大作戦もまだまだ続くことになります。

 で、寄贈できるNPO法人は他にないだろうかと色々探したのですが、なかなかねえ~

 ですから、全く別の方面で調べることにしました。

 それがブックカフェなんですよ。

 ブックカフェという言葉は寄贈先をネット検索する過程で偶然みつけたもので、近年話題にのぼることも多くなり、新しい店舗も増えてきているそうです。

 ちなみに、ブックカフェとは、カフェの店舗形態でありながらも、中に置いてある書籍を自由に読んだり、購入することができるお店です。

 経営スタイルには書店・カフェチェーンと個人の2種類あって、前者の場合だと自費出版の本を置いて頂けるわけがないので、おのずと個人経営のお店に目が向くことになります。

 ブックカフェに関することを参考にしたサイトはこちら。
 本屋検索α
 http://www.alpha-hon83.com/bookcafe/index.html

 で、あれやこれやと調べて都内で10数箇所みつけました。

 そうして最初に伺ったのが東京都豊島区雑司が谷にあります『キアズマ珈琲』なんです。

 まずは事前連絡をして「置かしてもらってもいいですか」と尋ねたところ、「いいですよ」と言って頂けましたので、喜び勇んで出かけました。

 東京にはもう30年近く住んでいますが、雑司ヶ谷近辺に来ることは、おそらく初めてだと思います。

 ですから、道に迷わないようにoogleマップを使って下調べをしました。

 で、ついでと言ってはなんですが、この近辺のことについてちょっとネット検索をしたんですよ。

 すると、こんなサイトを見つけました。

 東京普通の喫茶店 泉麻人
 http://webheibon.jp/blues/2011/04/post-67.html

 これを読んで驚いたのは、子どもの頃によく見ていたドラマ『水もれ甲介』のロケ地であったこと。

 「へえ、そうなんだ」と実に新鮮な驚きでした。

 改めて見たいですね、『水もれ甲介』。

 で、実際に訪れてみますと、お店のある場所が実に不思議な空間なんですよ。

 何か特殊ものがあるとか、変わった作りの建物があるとか、そう言ったものは無いんです。 

 何て言うんでしょうねえ、全体的に醸し出されている雰囲気がそう感じさせるんですよね。

 ふっと気がつくと、隣にトトロがいるような…

 そんな感じがします。

 お店も古い家屋を再利用した、とても趣のある雰囲気で、気持ちを落ち着かせたい時などに来ると、優しく迎えてくれそうな、そんな佇まいです。

 ただ、この日は、kakisakasan自身もちょっと忙しくて、本をお渡しするだけで…

 ですから、機会を見て、改めて伺えればと思っています。

『キアズマ珈琲』さん、本を置かせて頂き、ありがとうございました。


住所:豊島区雑司が谷3-19-5
TEL :03-3984-2045
開店時間:10:00-19:00
お休み :第1・第3水曜日
最寄り駅:鬼子母神前(都電)雑司が谷(東京メトロ)

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

* 小説活動 * comment(0) * page top↑
情報ステーション、セカンドブックアーチ、福岡県NPO・ボランティアセンタに『ようこそ、守谷家へ』を寄贈しました
2013 / 03 / 03 ( Sun ) 09:38:30
 
 今朝の東京は晴れです。

 体がだるいです。

 腰も痛いなあ~ 

 おはようございます、kakisakasanです。


 先々月、kakisakasanは『ようこそ、守谷家へ』の委託販売の契約を解除しました。

 ブログやミクシィなどを通して知り合った方々に読書のお願いをしてはレビューを書いてもらい、それを世に広めることで更に多くの読者を獲得しようと頑張ってきたのですが、個人で広報をするのは本当に厳しいです。

 それに、同じように個人広報をするにしても、今は電子書籍に力を入れていますので…

 ですから、預けておいた書籍がどどんと返却されて…

 手元に置いていたのもあったので、それと合わせると、ざっと100冊あまり…

 ほんとにねえ、何とかしなきゃと思いつつも、1月2月は電子書籍で手一杯で…

 でも、まあ、何とか一段落して…

 しかし、じゃあ、100冊の書籍を具体的にはどうすればいいのかと考えたんですが、なかなか良い考えが浮かばず…

 とりあえず、公共図書館への寄贈を考えたんですが、これがねえ…

 寄贈は受け付けてはいるものの、無名作家の書籍は希望していないんですよね。

 公共図書館が寄贈を熱望しているのは、まあ、いわゆる有名作家さん…

 中でも人気ダントツなのが東野圭吾さん…

 そんな状況ですから、公共図書館に持って行っても邪険に扱われるのがオチだなって…

 それでも根気よく探していたら、いくつか受け付けてくれるのではと言う所をみつけたんですよ。

 それが情報ステーション、セカンドブックアーチ、福岡県NPO・ボランティアセンターなんです。

 情報ステーションはまちづくりの団体で、地域活性のために民間図書館を運営しています。

 セカンドブックアーチは「本」を媒体としてどれだけ世の中に貢献できるかということを目指している団体です。

 福岡県NPO・ボランティアセンターでは、家庭で不要になった図書を九州各県の刑務所、少年院等へ寄贈し、更正に励んでいる方の社会復帰に役立てることに本を活用されています。

いずれも、事前連絡をしたところ、快く寄贈の依頼を受けて下さって、本当に有り難かったです。

 ただ、破損していたり、汚れがひどかったり、そう言う本はもちろんダメです。

 kakisakasanとしては社会奉仕という観点で行っているわけではありませんが、一人でも多くの方に読んで頂けれる場を与えてもらったので、少しでもお役に立てればいいなあと思っています。


 ・情報ステーション
 http://infosta.org/
 ・セカンドブックアーチ
 http://www.npo-sba.com/
 ・福岡県NPO・ボランティアセンター
 http://www.nvc.pref.fukuoka.lg.jp/

テーマ:更新報告・お知らせ - ジャンル:小説・文学

* 小説活動 * comment(0) * page top↑
つぶやきクイズ4「虎児を得ず」
2013 / 03 / 02 ( Sat ) 08:36:12

 今朝の東京は晴れです。

 青空です。

 風も強いです。

 洗濯物が吹っ飛ばされないよう気をつけたいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日はつぶやきクイズ4をお届けしたいと思います。

 では、早速…


 問 「虎児を得ず」の前に来る一文は次のうちどれか。

 1. 虎穴に入らずんば
 2. おけつにルンバ
 3. お嫁サンバ






















 正解1 ( ̄ー ̄;
 
 お嫁サンバは郷ひろみさんが歌っていました。

テーマ:クイズ - ジャンル:

* つぶやきクイズ * comment(0) * page top↑
* HOME *