夢の中の同窓会~ちゃんと白髪が生えていた
2017 / 08 / 05 ( Sat ) 09:05:43
  I am distributing e-books from kindle.(in japanese)  


 今朝の東京は曇りです。

 ホットコーヒー、飲んでます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、これは夢のお話です。

 kakisakasanは中学の同窓会に出席していました。

 場所は通っていた中学。

 部活で使っていた部屋を訪れて、当時の落書きがあったことに嬉しさと懐かしさが込み上げてきて…

 同じように部屋を見ていた部活仲間がいて、そいつは懐かしさの余り泣きそうになっていて…

 中学時代の彼はそんな事で泣く男ではなかったので、見ていて不思議と言いますか、歳なんだなあと思いました。

 でもね、実を言いますとkakisakasanの通っていた中学に部活用の部屋なんて無かったんですよね。

 公立の中学ですから、予算の問題もあって、部活に割り当てる部屋なんてあるはずがないんですよ。

 しかも、異様にだだっ広い部屋で…

 25mプールくらいの広さはあったような気がします。

 それでも、夢を見ているときはそれを当たり前のように思っているのが、夢の不思議なところなんですよね。

 で、場面が変わって…

 居酒屋っぽい所に同窓会のメンバーが集まっていて…

 ふと隣を見ていたら部活で一緒だったさっきとは別の男が座っていたんですよ。

 頭を見ると、前髪が白くなっていて…

 ちなみに、中学卒業後、彼と会ったのは2~3度くらいで…

 それも高校時代の時ですから、実質卒業後は一度も会っていないんですよ。

 だから、夢の中に出て来るのであれば、当時の彼が出て来るはずだと思うんですが、夢で見た彼はちゃんと歳を取っていて白髪が生えていたんですよ。

 目が覚めた後はそれがとても不思議で、だから、ひょっとしたら今会えば、夢の中で見た彼と実在の彼が一致するのではないかと思ったんですよね。

 まあ、実際のところはどうなのかは分かりませんが、ただ夢の中ではあっても、当時の仲間と顔を合わせられたのは、やはり嬉しかったですね。

 
スポンサーサイト
* 夢のお話 * comment(0) * page top↑
田辺靖雄さんが車の運転して桂文枝さんが自転車に乗っていた
2017 / 07 / 16 ( Sun ) 09:24:41
  I am distributing e-books from kindle.(in japanese)  


 今朝の東京は晴れです。

 嫌になるくらい暑いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、これは夢のお話です。

 皆さんは田辺靖雄さんをご存じでしょうか。

 ヤッチンという愛称で、紅白にも出演された方です。

 田辺さんが活躍された頃、kakisakasanはまだ子どもでしたので、顔と名前は分かりますが、それ以外の事は全く知らないんですよね。

 もちろん、現在のことも分かりません。

 知らない尽くしなんですよね。

 にもかかわらず、夢に出て来たんですよ。

 その時、kakisakasanは車の助手席にいました。

 田辺さんは運転席にいて、そうしたら後部座席の方からお酒の入ったグラスを持った男の人が現れたんですよ。

 その人は現在kakisakasanが勤めている会社の人で、不断そんなに接点はないのに夢に出て来るんですから、これがまた不思議なんですよね。

 で、その人が言うには「会合が面白くないから抜けてきた」と言ったんですよ。

 で、そのまま、kakisakasanと田辺さんの間に座ろうとしたんですよね。

 kakisakasanは「えっ?」と思ったんですが、よく見ると運転席と助手席の間にお酒を置くちょっとした棚があるんですよ。

 そこに、お酒の瓶が幾つかあって「いいの、車内にこんなのがあって」と思うんですよ。

 だって、飲酒運転禁止なんですから、そんなのがあったらよくないですよね。

 で、そんな事を思っていたら、その人が運転席と助手席の間に座って「へえ、座れるんだあ。この車、一体どれだけデカいんだ」と妙に感心しました。

 でも、すぐにちょっと怖くなって…

 と言うのも、車内にアルコールを置ける場所があるということは、運転をしている人もひょっとしたら飲んでるのはないかって…

 つまり、田辺さんも飲んでるのはないかって…

 これから運転する気配があったので、kakisakasanは急に不安になって…

 で、気がついたら、車はもう出発していたんですよ。

 そうしたら、反対方向から自転車に乗った男の人が来て…

 見たら、桂文枝さんなんですよ。

 顔が少し赤かったので、文枝さんもお酒を飲んでいたようなんです。

 で、いつの間にか車から降りていて、kakisakasanは文枝さんと何やら話をしていました。

 新婚さんいらっしゃいについて話したような気がするんですが、定かではないです。

 で、その後の記憶はないので、ここで目が覚めたのか、夢がここで終わったのかも分からないです。

 芸能人、落語家、会社の人…

 面識の無い人が二人に、同じ会社にいてもほとんど接点の無い人が一人、夢の中に一緒に出て来るなんて…
 
 kakisakasanの頭の中って、一体どうなっているのでしょうね。

 本当に夢というのは不思議だなあと思いましたね。

 

* 夢のお話 * comment(0) * page top↑
どうして勝俣さんが夢に現れたのか?
2017 / 06 / 18 ( Sun ) 09:34:03
  I am distributing e-books from kindle.(in japanese)  


 今朝の東京は曇りです。

 結構涼しいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、これは夢のお話です。

 kakisakasanは23区内のどこかにいました。

 どうして23区内にいたのが分かったのかと言いますと「都心のこんな所に」と思ったからです。

 そこは23区内のどこかでありながら、すごく緑があって、小高い丘と言いますか小さな山と言いますか、まあ、とにかく、その斜面が見えるんですよ。

 「ここはどこなんだろう?」

 そう思っていると、一人の男が現れるんですよ。

 それがタレントの勝俣州和さんなんです。

 勝俣さんとは何か話したと思いますが、それよりも「あっ、芸能人だ。知り合いになれば後で何か良いことがあるかもしれない」と思って、名刺を渡そうと思うんですよ。

 でも、運悪く名刺を持っていなくて…

 「でも家に戻れば名刺がありますから、3分、いや5分待って下さい。すぐに取ってきますから」

 と言って、自宅に走って向かうんですよ。

 で、戻ったんですが、現在住んでいる部屋とは全く違うもので…

 でも、夢って不思議なもので、自分の部屋ではないと認識しつつも、自分の部屋として名刺を探すんですよね。

 それで見つけたのかどうかは定かではないんですが、走って戻っている記憶がありますので多分名刺はあったんだと思います。

 走っている最中、霧雨のような小雨のような、とにかく雨が降っていて…

 そうして、同じ場所に戻ったと思うんですが…

 その後、勝俣さんと会えたかどうかは分からないんですよね。

 しかし、まあ、どうして勝俣さんが夢の中に現れたのか?

 勝俣さんのファンでもなければ、ここ数年メディアを通して見た覚えもないですし…

 どうせ会えない人であるのなら、グラビアアイドルやAV女優さんの方がkakisakasanにとっては嬉しいに決まっているはずですが、なぜか男性タレントの勝俣さん…

 (。-`ω´-)ンー

 夢って、本当に謎多き現象ですよね。


 

* 夢のお話 * comment(0) * page top↑
植木理恵先生が真っ赤なショールを羽織っていて、ルパン三世が現れた~夢のお話
2017 / 02 / 18 ( Sat ) 09:43:46
 kindleから電子書籍を出版しています。

 
 今朝の東京は曇りです。

 疲れてます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 タイトルにありますように、これは夢のお話ですが…

 公園と言いますか広場と言いますか、とにかく屋外の広い場所に複数の男女がいたんですよね。

 雰囲気からして、どうも合コンっぽいんですよね。

 kakisakasanが20代の頃に流行ったねるとんみたいな感じでした。

 そこに一人の女性が背筋を伸ばし、キリッとした雰囲気で立ってたんですよ。

 それがホンマでっか!?TVでお馴染みの植木理恵先生だったんです。

 植木先生は髪の毛をアップにして、真っ赤なロングのショールを羽織って、一際目立っていました。

 kakisakasanはそれを見て「すげえなあ」と思いました。

 また、ちょっと目先を変えると同じくホンマでっか!?TVでお馴染みのおおたわ史絵先生もいて、淡いピンクのカーディガンを着ていました。

 kakisakasanは「やる気だなあ」と思いました。

 で、場面が変わって…

 kakisakasanはホテルの一室で行われているパーティー会場のような所にいて、多分合コンの場所が屋内に変わったのでしょうね。

 パーティードレスを来た若い女性が複数いたのですが、植木先生もおおたわ先生もここにはいませんでした。

 で、kakisakasanは色気より食い気と言った感じで、カルビやハラミなどの肉を取りに行って、自分の席に戻り、肉を焼いて食べようとしていました。

 すると、同じテーブルの席に若かりし頃の目黒祐樹さんが座っていて、kakisakasanは思わず「ルパン三世」だと言ったんですよ。

 その昔、目黒さんは『ルパン三世』の実写版でルパンの役をされていたんですね。

 だから、目黒さんを見て「ルパン」と言ったのは正しいのですが、しかし、どうして夢の中に目黒さんが現れたのか…

 植木先生やおおたわ先生は、不断ホンマでっか!?TVを見ていることから、夢に現れても不思議ではないのですが、目黒さんはもう記憶の片隅にすら無いんですよ。

 なのに、夢の中に現れた。

 しかも、ルパンとして…

 あっ、言っておきますが、kakisakasanはこの映画を見ていません。

 だから、余計不思議なんですよね。

 夢のお話はここで途切れてしまいますが、kakisakasanの頭の中では、一体何が起こっていたのか?

 脳科学の澤口先生に聞けば、それなりの答えがもらえるかもしれませんが…

 う─σ(・´ω・`*)─ん…

 あの先生はやっぱりやめておこう。

 (´∀`;)

 
* 夢のお話 * comment(0) * page top↑
今度はたけしが出て来たぞ…夢のお話
2017 / 02 / 09 ( Thu ) 06:04:20
 kindleから電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京はちょっぴり雪です。

 ホットコーヒーが美味しいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、タイトルにありますように、これは夢のお話です。

 kakisakasanは知り合いの紹介で大学の職員試験を受けるんですね。

 で、問題用紙に解答を書いたんですよ。

 その後、知り合いの人に「どうだった?」と尋ねられたんですが、一体どんな試験を受けたのか、さっぱり覚えていないんですよ。

 むしろ、どうして試験を受けたんだろうって、疑問に思ったんですよ。

 すると、その知り合いの人は池袋に飲みに行こうって言って…

 それも、明け方の5時くらい…

 kakisakasanは仕事があるから行けないと言うのですが、なぜか付いて行くんですよね。

 で、池袋に着いたら、なぜかデパートの最上階に居て…

 そして、どうやら知り合いの人とははぐれたようで、その人を探しに階下に降りようと階段を探すんですよ。

 そしたら、北野武さんが椅子に座っていて、目が合ったんですよ。

 kakisakasanは思わず「垣坂弘紫と言います」と言ったら、「あっ、どうも」と返事をされて…

 ここでたけしさんとお友達になれたら、小説が売れるきっかけを作れるかもしれないと、前回の夢のお話と同様腹黒いをことを考えたんですが、それを差し置いて、やっぱり探しに行くんですよ。

 でも、気になって振り向いたら、たけしさんが食堂の冷蔵庫(ジュースやビールを冷やす専用のものでドアがガラス戸になっているもの)を開けてワンカップ大関を取り出し、「へへへっ」と笑ったと思ったら、小走りに逃げながら蓋を開けて飲み始めたんですよ。

 すると、そこにセダンの高級車が走って来て…

 kakisakasanは「危ないな。ここは駐車場じゃねえだろ」と思いつつも「やはり金持ちのすることは違うな」と妙に納得もしている自分がいて…

 で、ふと見たら柴田恭兵さんが乗ってたんですよ。

 それもあぶない刑事に出演されている時の格好で…

 夢の記憶はここで途切れるんですが、ここまでの細かい情景は今も覚えています。

 ただ、今回は書くのが面倒なので省略します。

 それにしても、夢のお話には何の脈絡も無くて、何でこんな夢を見たのだろうと本当に不思議です。

 北野武さんと柴田恭兵さんって、知り合いではないですよね?

 でも、kakisakasanの頭の中では、どういうわけか夢のくくりで一緒に出て来たんですよね。

 意味は何もないとは思いますが、もしあるとしたら、一体どんな意味があるのでしょうね。

 (。-`ω´-)ンー

 
* 夢のお話 * comment(0) * page top↑
明石家さんま、桂文枝、森光子…変な夢を見た
2017 / 02 / 04 ( Sat ) 09:38:49
 kindleから電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は晴れです。

 ホットコーヒー、飲んでます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 これは数日前に見た夢の話なので、もう記憶が曖昧なのですが…

 偶然にもkakisakasanはさんまさんと出会って、ラッキーと思ったわけですよ。

 なぜかって言いますと、kakisakasanは小説を書いていて、それを売るための努力を日々行っています。

 さんまさんに読んで頂いて、いや、読んで頂けなくてもここで知り合いになれば、垣坂弘紫と言う名前をテレビで言ってもらって、日本中の人に自分の名前を知ってもらえるのではと腹黒いことを考えたわけです。

 夢の中のさんまさんは、現実のさんまさんと全く同じで、笑いながらkakisakasanと話していました。

 話が弾んでいる手応えを感じたkakisakasanは「こりゃいける」と思いました。

 (*´∀`*)

 すると、近くに男の人がいて、誰かと思ったら桂文枝さんなんですよ。

 で、この後、さんまさんも含めて何かのやり取りがあったような気がするんですが、この辺りはもう記憶が曖昧で…

 でも、まあ、さんまさんと桂文枝さんは吉本興業の後輩と先輩の間柄ですし、二人が一緒にテレビに出演されていたのもよく見ました。

 ですから、この二人が夢の中で一緒に出て来るのは分かるんですよ。

 不思議なのが、森光子さんなんですよ。

 (。-`ω´-)ンー

 どの辺りで登場されたのかは、これまた記憶が曖昧なのでもう分かりません。

 森光子さんだと分かったのも夢から覚めた後で「あの女の人、誰だっけ?」と思っていて、ハッと気がついたんですよね。

 子どもの頃は森光子さん主演のテレビドラマを見ていましたが、もう何十年も昔の話ですし、実際にこのお三方が共演されたことってないと思うんですよ。

 夢の不思議と言ってしまえばそれまでですが、だから、夢占いってものがあるんでしょうね。


 
* 夢のお話 * comment(0) * page top↑
* HOME *