休みに来たら人がいて、あら、びっくり!
2016 / 12 / 03 ( Sat ) 08:56:16
 kindleから電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 ホットコーヒー、飲んでます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 これは一週間くらい前の事だったかな…

 お仕事でちょっと出掛けることがありましてね…

 で、無事仕事を終えて会社に戻る途中、小腹が空いたのでコンビニで肉まんとお茶を買ったんですよ。

 近くに公園のような休めるところが無かったので、物陰に隠れて頂くことにしました。

 この日は穏やかな日差しで、風も冷たくなく…

 手にした肉まんはほかほかと温かくて、それだけで幸せな気持ちになりました。

 で、これまた温かいお茶を飲みながら、肉まんを食べていたら、どこからともなく二羽のすずめが飛んで来て、kakisakasanの目の前で羽を閉じたんですよ。

 思わぬ珍客に食べる手を休めたkakisakasan…

 すると、すずめの方も気がついて…

 その時のすずめの表情…

 (*。◇。)ハッ!!

 と言うように見えたのは、kakisakasanの気のせいかな?

 でも、やっぱりそんな風に見えて、妙におかしくなりました。

 (´∀`)

 二羽のすずめはその場からすぐに飛び去りました。

 冬の何気ない一場面…

 もし、その場にずっといたら、肉まんの皮をちょっとお裾分けしたのにと思うと、ちょっぴり切なくなりましたね。


 
スポンサーサイト
* しっとりと~つれづれ日記 * comment(0) * page top↑
雑巾なんて今はもう買う時代なんでしょうけど…
2016 / 11 / 28 ( Mon ) 05:53:51
 kindleから電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は多分曇りです。

 比較的暖かいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 床を拭いたり、棚を拭いたり…

 掃除に欠かせないものと言えば雑巾ですよね。

 年末の大掃除に向けて、きっと大活躍することだと思います。

 kakisakasanはその雑巾を自分で作ります。

 古くなったタオルを四つ折りにして、それを縫って…

 そんなに器用ではないので、縫い目は雑ですが、それで使い勝手が悪くなることはないので、別に困ることはありません。

 一昨日も、雑巾を二枚ほど作りました。

 一枚はお風呂用。

 シャワーを浴びた後、壁やドアに飛び散った雫を拭くためです。

 もう一枚は、床拭き用。

 どちらもボロボロになっていたので、そろそろ作らないといけないなと思っていたんですよね。

 kakisakasanが子どもの頃は、雑巾なんてものは古くなったタオルを縫って作っていたものです。

 小学生の時には、家庭科の時間で雑巾をミシンで縫うこともしました。

 ですから、大人になった今でもそれが当たり前だと思っているのですが、スーパーやホームセンターに行くと、5枚セット10枚セットで売ってるんですよね。

 それを、誰もが普通に買って行って…

 kakisakasanはやっぱり古くさい人間なんでしょうね、雑巾を買うことにすごく抵抗があるんですよ。

 何て言うんでしょうね、新品のタオルは最初体を拭いたり顔を拭いたりすることに使って、それでゴワゴワしてきたら雑巾にして、ボロボロになったら「ご苦労様でした」と言って、最後を終えさせる。

 一生を看取るような気持ちになるんですよね。

 でも、今の人達って、ゴワゴワしたらそれでさっさと捨てて、雑巾は買ってくる。

 それも、ちょっと汚れただけですぐ捨てて、新しいのを買ってくる。

 きっとそんな事をしてるのでしょうね。

 消費生活がすっかり根付いてしまった今の時代では、それが当たり前なのでしょうが…

 やっぱり何か空しいなあ…

 
* しっとりと~つれづれ日記 * comment(0) * page top↑
玄関を開けたらショウリョウバッタの赤ちゃんが…
2016 / 07 / 06 ( Wed ) 05:59:33
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 涼しいです。

 この涼しさ、続いて欲しいなあ~

 おはようございます、kakisakasanです。


 昨日は、先日の日曜日とは打って変わってとても涼しい一日でした。

 朝夕は、風が吹くとちょっと寒いくらいで…

 わすが二日しか違わないのにこの寒暖の差ですからね。

 そして、今日はまた暑くなるようで…

 体調管理には気をつけないと…

 で、これは昨日のことなんですが…

 涼しい朝は寝起きを気分の良いものにさせて、出勤の足も軽やかになりました。

 で、玄関を閉めて、鍵を掛けようと思ったら…

 「何だ、これは」と思わず呟きました。

 玄関のドアに小さな緑色の何かが付いていたんです。

 で、よく見たら…

 「あっ、ショウリョウバッタの赤ちゃんだ」

 大きさは、そうですねえ、5ミリくらいだったかな。

 ひょっとしたら、もっと小さかったかもしれません。

 どこからやって来たのか分かりませんが、健気に佇んでいる赤ちゃんを見ていると、妙に気持ちが和やかになって…

 「気をつけろよ」と声を掛けて、出勤の途につきました。

 帰って来た時はもういませんでしたが、ノスタルジックな思いに駆られたのは、なぜなんでしょうか。

 無事に大人になったら、戻って来て欲しいな。

 そんな願いを込めて、kakisaksasanはゆっくりと部屋のドアを閉めました。

 
* しっとりと~つれづれ日記 * comment(0) * page top↑
白いあじさいっていつ頃から増え始めたんだろう
2016 / 06 / 09 ( Thu ) 05:53:51
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は雨です。

 眠いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 先日の日曜日は久しぶりに雨が降って、洗濯物は除湿機を使っての部屋干しでした。

 気象協会の発表によりますと、この日から東京地方は梅雨に入ったみたいです。

 雨が続くと気分も塞ぎがちになりますが、それを和らげてくれるのがあじさいですよね。

 数あるお花の中でもあじさいは本当に雨が似合って、しとしとと降る雨露に揺れる葉っぱは、不思議と生き生きとして見えます。

 子供の頃、あじさいは土壌のpH(酸性度)によって花の色が変わり、一般に「酸性ならば青、アルカリ性ならば赤」になると教わりました。

 道すがら、青いあじさいを見るとこの辺りの土は酸性、赤いあじさいを見るとアルカリ性と、今でもそんなことを思いながら、あじさいを見ています。

 でも、最近は白いあじさいもよく見かけるようになりました。

 子供の頃に見た記憶はあまりないので、多分ここ10年くらいのことだとは思うのですが、実際のところは分かりません。

 でも、やはり気になったので、ちょっと検索してみたら、kakisakasanと同じ疑問を持っている人がいました。

 アジサイについて教えてください 

 結局、ここでも回答は得られませんでしたが、おそらくは輸入されたあじさいが増えたのでしょうね。

 白いあじさいも綺麗ですが、懐郷的な思いに浸れるのは、やはり赤と青のあじさいですね。

 
* しっとりと~つれづれ日記 * comment(0) * page top↑
もう朝顔が咲いていた
2016 / 06 / 03 ( Fri ) 06:02:45
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は晴れです。

 風が涼しいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 え~っと…

 これは先週のことでしたね。

 朝、会社に向かう途中、何気に道の脇を見たら朝顔が咲いていたんですよ。

 花の形と言い、葉の形と言い、確かに朝顔なんですよ。

 咲いていた場所は建物と建物の透き間で、蔓を巻き付けさせるための支柱はなかったので、間違いなく自生した朝顔だと思います。

 ほんと、種は一体どこからやってきたのかしら。

 日当たりは良い場所とは言えないので、どちらかと言えば成長するにはよろしくない環境だと思います。

 それでも咲いていたのは、それまで暖かい日が続いていたからでしょうね。

 朝顔はもう夏だと思ったのかしら。

 一昨日当たりから涼しくなってきました。

 これからは梅雨もやってきます。

 あの朝顔は、夏を迎える前に枯れてしまうのでしょうか。

 そう思うと、ちょっとセンチメンタルな気持ちになりました。

 
* しっとりと~つれづれ日記 * comment(2) * page top↑
花びらの訪問
2016 / 05 / 04 ( Wed ) 08:54:00
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は雨上がりの曇りです。

 あっ、今、太陽の日差しが…

 おはようございます、kakisakasanです。


 これは先週のことでしたね。

 干していた洗濯物を取り入れるために窓を開けたんですよ。

 取り入れた洗濯ハンガーはカーテンレールに引っかけて、シャツは取り敢えず床に置いて…

 この日は天気が良かったので、洗濯物はしっかりと乾いていました。

 床に置いたシャツから先に畳んで、それから洗濯ハンガーに吊していた肌着や靴下を畳みました。

 それらを押し入れタンスに仕舞って「今日の洗濯は完了」と思った後、ふと足元を見たら一枚の花びらが…

 花びらは八重桜のそれでした。

 洗濯物を取り入れる前の部屋には確かに無かったので、おそらく窓を開けていた十数秒足らずの間に風に乗って入って来たのだと思います。

 それとも、洗濯物に付いていたのかしら?

 ソメイヨシノとは違って、八重桜の花びらはくっきりとした桃色で、たった一枚でも鮮やかな色彩を放っていました。

 kakisakasanは花びらを手に取り、少しの間眺めていました。

 何となく笑みがこぼれました。

 そうして、窓を開けると、ふっと息を吹きかけて花びらを飛ばしました。

 すると、ちょうどその時風が吹いて、花びらはひらひらと舞ってどこかに消えてしまいました。

 偶然にも風が吹くなんて不思議に思いながら、思いがけぬ花びらの訪問に、kakisakasanは小さな幸せを感じました。

 
* しっとりと~つれづれ日記 * comment(0) * page top↑
ソメイヨシノは少し離れてみる方がいい
2016 / 04 / 04 ( Mon ) 06:00:08
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は雨です。

 かなり暖かいです。
 
 おはようございます、kakisakasanです。


 ニュース等でソメイヨシノの開花便りを聞くようになったのは、二週間くらい前からでしょうか。

 kakisakasanの近所にあるソメイヨシノも一昨日には満開になり、その下でしばらくの間見上げていました。

 綺麗だったなあ~

 ただ、残念だったのは、空模様が…

 昨日一昨日と東京地方は曇り空で、これが青空のもとだったら、もっと綺麗に見られたんだろうなあと思いました。

 まあ、それでも、空に向かって広がる枝に無数の花びらが咲き誇っている姿に、心が和みましたね。

 で、思ったんですが、ソメイヨシノって間近で見るよりも、ちょっと離れて見た方がより美しく感じられませんか?

 その下に佇んで見上げるときは、花びら一枚一枚が強調されて見えるんですが、離れて見ると、枝振りならぬ花振りが強調されて見えるんですよ。

 花びらの連なりが美しいんですよね。

 そして、おそらく花びらの色が連なりをより一層美しく見せているのだと思います。

 東京地方でソメイヨシノが見られるのは今週末くらいまででしょうね。

 でも、だから、ソメイヨシノの美しさは心に残るのでしょうね。

 
* しっとりと~つれづれ日記 * comment(0) * page top↑
* HOME * next