この写真は模型かそれとも本物か?
2016 / 12 / 22 ( Thu ) 05:56:41
 kindleから電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 比較的暖かいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、まずはこちらの写真をご覧頂けますでしょうか。


 灯台

 みなさんはこの写真を見て、どう思われましたか?

 kakisakasanは精巧に作られた模型だと思ったんですが、実はこれ本物の灯台なんですよ。

 米ミシガン州セントジョゼフで今年の11月15日に撮影された風景だそうで、この日、周辺の気温は氷点下にまで落ち込んでいたそうです。

 つまり、灯台は波ごと真っ白に凍り付いてしまったのです。 

 「芸術的な映像」「本当に美しい」など、一部の海外メディアでも取り上げられ、感動を呼んでいるそうですが、どう見ても実物の灯台には見えなくて…

 自然とは、時に人の手による芸術よりも芸術らしいものを作り上げることがあるんですね。



 典拠URL
 IRORIO~打ちつける波ごと真っ白に凍りついた「灯台」が幻想的 Posted: 12/21/2016 11:30 am|Updated: 12/21/2016 11:30 am Text by さえきそうすけ
 http://irorio.jp/sousuke/20161221/376991/


  
スポンサーサイト
* 大自然の神秘 * comment(0) * page top↑
××と雷(いかずち)が起こした奇跡
2016 / 01 / 20 ( Wed ) 06:08:00
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は多分晴れです。

 寒いです。

 おはようございます、kakisakasanです。

 
 今日はドイツの写真家が撮影した奇跡の一枚をご紹介したいと思います。

 それは、雷が飛行機に落ちる瞬間を捉えた写真です。

 えっ、そんな写真はもう珍しくないって?

 確かに、動画を含めてkakisakasanも過去に何度か見たことはありますが、この一枚はちょっと違います。

 何がどう違うのか?

 よ~くご覧になって下さい。

 ちなみに、稲妻のラインが途切れているところが飛行機のある所ですよ。



























































 


 虹と雷1

 虹と雷2


 典拠URL
 らばQ~「虹の中で…飛行機に雷が落ちた」奇跡が重なった写真 2016年01月13日 11:00
 http://labaq.com/archives/51862838.html

 

* 大自然の神秘 * comment(0) * page top↑
マイナス40度の芸術
2016 / 01 / 07 ( Thu ) 06:04:39
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は曇りです。

 比較的暖かいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 カナダのパングナータングは、イヌイットたちが暮らす北極圏の村です。

 冬場はマイナス40度を記録するこの極寒の地で、魔法瓶に入った熱いお茶をぶちまけたところ、奇跡のショットが撮れました。

 一瞬にして凍ったお茶…

 それは、まるで棘の結晶のようだとkakisakasanには思えました。













































 

 

 
 


 マイナス40度



 典拠URL
 らばQ~「マイナス40度の北極圏で熱い紅茶を振りまいたら…こんな写真が撮れた」2015年12月30日 23:17
 http://labaq.com/archives/51862127.html

 
* 大自然の神秘 * comment(0) * page top↑
昆虫の羽が咲かせた花
2015 / 11 / 26 ( Thu ) 06:10:15
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は雨です。

 室内温度12度です。

 おはようございます、kakisakasanです。


 奈良県斑鳩町には法隆寺という飛鳥時代に建造されたお寺があります。

 その法隆寺が所蔵する仏教工芸品に玉虫厨子というものがあります。

 「厨子」とは、仏像などの礼拝対象を納めて屋内に安置する、屋根付きの工作物。

 その厨子を装飾する物のひとつとして、玉虫の羽が使われています。 

 普段あまり意識して見ることはありませんが、世の中には工芸作品の装飾に用いられるようなそれはそれは美しい羽を持った昆虫がいます。

 これからご紹介するのは、昆虫の羽を用いたアート。

 まさに、昆虫の羽が咲かせた花と言っても過言ではありません。

 その美しさと不思議さは、人間の想像を遙かに超えたものと言えます。

 では、得も言われぬ昆虫の羽で咲かせた花をご覧下さい。

 昆虫のはね1

 昆虫のはね2

 昆虫のはね3

 昆虫のはね4

 昆虫のはね5


 典拠URL
 カラパイア~昆虫の羽で花を咲かせてみた。2015年11月18日
 http://karapaia.livedoor.biz/archives/52204932.html

 
* 大自然の神秘 * comment(0) * page top↑
カマキリモドキって言う昆虫がいるって知ってました?
2015 / 09 / 21 ( Mon ) 09:00:07
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は多分晴れです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、まずはこちらの動画を見て頂けますでしょうか。

 Mantidfly - Looks like Praying Mantis and Wasp

 

 まるで、スズメバチとカマキリが合体したような、謎の昆虫…

 あっ、言っておきますが作り物ではないですよ。

 CGでもありません。

 これはアミメカゲロウ目カマキリモドキ科に属する『カマキリモドキ』という名前の実在する昆虫なんです。

 初めて見たとき、kakisakasanはこれが実在する昆虫だとは思いませんでした。

 誰かが想像で作った物だと思いました。

 英名ではMantisflies=カマキリバエで、飛ぶ様子はハエのようにすばしっこいんだとか…

 また、カマキリモドキのグループの中には、先の動画に見られるようにアシナガバチやスズメバチに似た模様をもつものもいれば、クサカゲロウのように見えるものもいるそうです。

 日本にも、オオカマキリモドキツマグロカマキリモドキなど数種類いるそうですが、お目に掛かるのはかなり難しいようですね。


 典拠URL
 ・カラパイア~カマキリ+スズメバチで昆虫最強伝説を築き上げるキメラちっくな昆虫「カマキリモドキ」 2015年09月11日  
 ・ウィキペディアフリー百科事典~カマキリモドキ 
 ・コトバンク~カマキリモドキ  
 ・NATIONAL GEOGRAPHIC~コスタリカ 昆虫中心生活 第52回 カマキリモドキはカマキリの真似をしていない?

 
* 大自然の神秘 * comment(0) * page top↑
これは一体な~んだ?
2015 / 05 / 15 ( Fri ) 06:15:25
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 最近は夏のような暑さです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、まずはこちらを見て頂けますでしょうか。

オケナイト

 
 これ、何だか分かります?

 パッと見た感じは、タンポポの綿帽子のような、綿飴のような、白いマリモのような…

 そんな印象を受けると思いますが…

 実はこれ石なんですよ。

 その形状から「ラビットテール(ウサギの尻尾)」とも呼ばれているオケナイトは、正真正銘の鉱物なんです。

 オケナイトの名前の由来は、ドイツの自然研究家ローレンツ・オケンL.Ocken(1779-1851)にちなんだもの。

 細いガラス状の繊維が放射状に伸びたオケナイトは、綿のボールのようなクラスター(集団)を作ります。

 これを「コットンボール・クラスター」と呼びます。

 オケナイトは火山性の小型の晶洞(空洞)の内側を覆うように密集しクラスターを形成します。

 オケナイト1


 そのため、玄武岩の産地であるインドのデカン高原など、一定の条件が整っている場所でしか産出されないそうです。

 産業用に利用されることはありませんが、装飾用あるいはパワーストーンとして珍重されているそうです。

 オケナイトは汚れを吸収しやすいため、触り過ぎると黄色く変色したり、つやがなくなったりするそうです。

 確かに、見た目は神秘的と言いますか、人の関心を引き寄せると思いますので、会社の受付に置いておくと案外良いかもしれませんね。


 典拠URL
 カラパイア~でもこれ石なんです。ケサランパサランみたいなモッフモフな鉱物「オケナイト」2015年05月08日
 ウィキペディアフリー百科事典~オケナイト


 
* 大自然の神秘 * comment(0) * page top↑
「ハーフサイダー」のセキセインコって…?
2015 / 02 / 18 ( Wed ) 06:14:50
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。  


 今朝の東京は雨です。

 天気予報通り、雪は積もるのでしょうか。

 おはようございます、kakisakasanです。


 セキセイインコといえば、青や黄緑などのカラフルな羽の色が特徴的ですが、ごくまれに左右半分ずつ親の色を受け継いだ子供が産まれるそうです。

 それを「ハーフサイダー」と呼ぶそうなんですが、皆さんはイメージ出来ますか?

 kakisakasanはパッと見た瞬間、子供の頃見ていたキカイダーを思い出しました。

 (・0・○) ほほーっ

 両親の色が異なり、受精卵が細胞分裂するときに遺伝子異常が重なると、こうしたハーフサイダーが産まれるそうです。

 と言う事は、確率的に大変低いのは想像に難くありません。

 では、世にも珍しい「ハーフサイダー」のセキセイインコをご覧下さい。






















 セキセインコ1


 セキセインコ2


 セキセインコ3


 セキセインコ4


 典拠URL
 らばQ~遺伝の不思議…半分ずつ色が違う「ハーフサイダー」なセキセイインコ 2015年02月11日 22:36
 http://labaq.com/archives/51844055.html


* 大自然の神秘 * comment(0) * page top↑
* HOME * next