方程式でXが使われるのはなぜなのか?
2014 / 12 / 03 ( Wed ) 06:21:50
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は晴れです。

 まだ暗くてよく分かりませんが、晴れだと思います。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ブログを見て頂けたらお分かりになると思いますが、kakisakasanは小説を書いています。

 ブログを書き続けることで、垣坂弘紫という名前を世に広め、その結果、小説を売りたいと頑張っております。

 まあ、ですから、kakisakasanは文系なわけです。

 でも、理系に興味が無いのかと言いますと、そうでもありません。

 宇宙であったり人体であったり、科学や医学的なことも好きです。

 ただ…

 数学がからっきし駄目で…A=´、`=)ゞ

 二次方程式とか三次関数とか、とにかくxやyと言った代数が本当に苦手で…

 そんな数式を見ただけでもう蕁麻疹が出ちゃいます。( ̄▽ ̄;)

 だいたい、どうしてxなのか?

 一体誰が、初めにxを使ったのか?

 そう言う根本的なことを教えてくれないと、頭の悪いkakisakasanには、ただxやyを出されてもちんぷんかんぷんで…( ̄ω ̄;)ンーー

 皆さんもそんな疑問を持ったことはありませんか?

 これからご紹介するお話は、そのxについての起源説なんです。

 代数学が生まれたのは、中世イスラム黄金時代(750~1258 AD)の中東。

 イスラムの支配と文化が遠くイベリア半島にまで拡大し、ムーア人が数学・科学を手厚く保護した権勢の絶頂期なんだそうです。

 Xの先祖は既に、ムハンマド・アル=フワーリズミーが記した9世紀の書「Kitab al-jabr wal-muqabala」(al-jabr=未知数=ジャズル。英語のalgebra[代数学]の語源)に出ています。

 と言う事で、まずは、アラビア起源説。

 これがどう「x」と関わってくるのか...なんですが、「x」がこのようなかたちで使われ始めたのは、スペインの学者がアラビア語の音を翻訳できなくて当て字をしたのが始まりなのだという話を、NYのThe Radius Foundation所長のTerry MooreさんがTEDトークで紹介しているそうです。

 この説によると、翻訳の難点となったのが「sheen(shin)」という文字なのだとか…

「未知のもの」はアラビア語で「al-shalan」。

 初期の数学書には何度も何度も出てくる単語なんだそうです。

 ところがスペイン語には「sh」の音に相当する文字がなかったんですって…

 ですから、仕方なく学者たちは「ck」でいくことにし、古代ギリシャ語の「chi(X)」を当て、これが後にラテン語に翻訳されたときにもっと一般的なラテン語「x」に置き換えられたんじゃないかというんすね。

 クリスマスの「Xmas(Christmas)」も宗教学者が「Christ」の略語としてギリシャ語の「chi(X)」を使ったことからきた言葉ですが、あれとちょっと似てます。

 でも、この説には問題もあって、それが直接の裏付けとなる文書がないことなんだそうです。

 しかし、今のところこれが一番広く知られている起源説だそうで、学者の間でさえ支持は絶大なんだとか…

 では、現存する証拠という意味で何か他の起源説があるのかと言言いますと、それが偉大な哲学者であり数学者でもあったルネ・デカルト(1596-1650)なんだそうです。

 未知数を「x」で表す発想は自分で思いついたんじゃなく他の誰かが使っていたのを借用した可能性も大いにありますが、現在の現在までしぶとく「x」を使った証拠が残ってる学者は「我思う故に我あり」のデカルトが最初なんだそうです。

 ですから、オックスフォード英英辞典でも、フロリアン・カジョリの名著「初等数学史」(1929年)でも、デカルトがxを使い始めた元祖と言うことになっているそうです。

 ちなみに、デカルトがxを使った書物というのは、1637年の「方法序説」の金字塔的作品「幾何学(La Géométrie)」。

 この中でデカルトはアルファベットの最初の小文字(a、b、c)を既知量に、最後の小文字(x、y、z)を未知量に当てる慣行を始め、記号による表記体系を確立しました。

 では、なぜデカルトはy、zよりxを頻繁に未知数に使ったのでしょうか?

 はっきり言って、これは全く分からないそうです。

 よく言われるのは植字の問題だったとする説です。

 「x」は一番使用頻度が少ないので印刷所にも沢山植字が余っていた…

 そこで「x」を未知数に使ってみてはどうかと「幾何学(La Géométrie)」の印刷技術者がデカルトに進言したというものです。

 真偽は定かではありませんが、デカルトは「幾何学」が出版されるずっと前、遅くとも1629年には既にいろんな下書き原稿で未知数に「x」を使っていたそうです。

 ただ、x、y、zの使いわけははっきりとしていないそうで、初期の頃は原稿によってはx、y、zを既知量に当てていることもあるんだそうです。

 つまりデカルト自身、はっきりと意識してxを使っていなかったってことなんでしょうね。

 何はともあれ、デカルトは「幾何学」で未知数の表記として主に「x」を使い、この表記が累乗(x3)、既知数(a、b、c)、未知数(x、y、z)の表記とともに同書出版を境に徐々に広まっていったそうです。

 そして、その後の数学における歴史は、数学の歴史書にある通りなんだそうです。

 何だか、難しいお話でしたが、まあ、たまにはちょっとお堅い話題も良いものですよね。
 (´∀`;)


 典拠URL
 GIZMODO JP~なぜ方程式で未知数はXなの?2014.11.23 11:00
 http://www.gizmodo.jp/2014/11/x_20.html 

 
スポンサーサイト
* おもしろ雑学 * comment(0) * page top↑
カラザって知ってます?
2009 / 09 / 24 ( Thu ) 06:49:20
 
 今朝の東京は晴れです。

 連休明けの体はだるいです。

 気合いを入れて行きましょう。

 おはようございます、kakisakasanです。


 昨日、kakisakasanが頂いた晩ご飯は野菜炒めでした。

 野菜炒めセット一袋に豚バラ肉が少し…

 それから、インスタントのお味噌汁。

 そして、生卵。

 生卵にはしょう油を少し入れて、かき混ぜ、ご飯に掛けて頂きました。

 でね、ここでお尋ねしたいんですが、みなさんは黄身に付いている白い紐状のものを取り除きますか。

 kakisakasanは子供の頃、それを取り除いていました。

 なぜかって言うと、親がそうしていたから。

 で、大人になっても、しばらくは続けていましたが、いつの間にかやらなくなってしまいました。

 はっきり言えば、面倒くさくなったからです。

 この白い紐状の名称はカラザと言いまして、密な卵白からなり、ハンモックのヒモのように卵黄を吊り下げて一定の位置に保つ役割を担っているそうなんです。

 主にタンパク質で出来ていて、シアル酸という抗がん物質が含まれているとされている「カラザ」は、食しても人体に害はないそうです。

 と言うより、抗ガン物質が含まれているのなら、食べた方がいいですよね。

 取り除いていたのは、多分、見た感じが良くなかったからだと思うんですが、他にも何か理由があったのでしょうか。

 みなさんのご家庭では、カラザを取り除いていましたか。 


 典拠URL
 知識探索:JapanKnowledge~これ何?図鑑:JKで調べる、気になるモノの名前【カラザ】~
 http://www.japanknowledge.com/contents/serial/nanda/index.html

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


テーマ:雑学 - ジャンル:サブカル

* おもしろ雑学 * trackback(0) * comment(3) * page top↑
フランス錠とはなんぞや?
2009 / 09 / 01 ( Tue ) 07:21:27
 

 今朝の東京は曇りです。

 冷えます。

 未明は毛布を使用しました。

 一気に秋になったようです。

 おはようございます、kakisakasanです。 


 今日は9月1日ですね。

 1923年(大正12)のこの日、あの関東大震災が起きて、それに因んで制定されたのが防災の日です。

 日本全国で避難訓練などの災害時を想定した訓練を行っていますが、みなさんは何かされていますか。

 よく言われるのが、火災防止のためにガスコンロの火は消すこと。

 確かに、その通りですが、最近は揺れを感じると自動的に元栓が閉まるようになっていて、昔と比べると実に便利になったものです。

 それから、最近聞くようになったのが、出口の確保。

 地震によって建物が傾くと、玄関や窓が開かなくなって、家の中に閉じ込められるそうなんです。

 ですから、いざ地震が来ましたら、気持ちを落ち着けて、玄関は開けるようにしましょう。

 前置きが長くなってしまいましたが、玄関と言いますと、連想するのが鍵ですよね。

 先日、仕事先で世間話をしていましたら、話の流れで鍵の話題になりまして、その時"フランス錠"と言う言葉を聞いたんですよ。

 kakisakasanはフランス錠なるものを全く知らなかったので「それ何?」と尋ねたんですよ。

 その人は「ああだ、こうだ」と説明してくれるのですが、最初はよく分からなくて、kakisakasanは???状態だったんですよ。

 でも、ようやく合点して「へえ、初めて知った。で、何でフランス錠って言うの?」と尋ねたら、理由は分からないようでした。

 だから、その日自宅に帰って、早速調べてみました。

 結論から言いますと、よく分からないと言うのが得た結果でした。

 でも、それなりの回答は見つけました。

 以下のURLに掲載されています。

 サイト名 : たつをの日記 - 1999年11月15日
 http://nikki.chalow.net/19991115.html

 また画像もありましたので、引用しますね。

フランス錠

 kakisakasanが受けた説明もまさにこれで、ダブルドアには必ず付いてますよね。

 片方のドアを固定するときに使う鍵ですよ。

 でね、 たつをの日記によりますと、フランス錠は「フランス落とし」というのがどうも正しいようです。

 以下引用です。

 フランス落し
 両開きの扉や窓で、彫込んで取り付ける上げ落し金具。錠を取り付けない側の建具を固定するために用いる。「彫込猿」「彫込上げ落し金物」「さるり猿」ともいう。
 
 
 しかし、では、どうしてこの鍵にフランスという言葉が付くのか?

 別のサイトである「安心の家づくり・住まいづくりアドバイス」には、以下のような回答が掲載されていました。
 
 引用先URL
 http://www3.ocn.ne.jp/~vam-k/qaanswer14.html

 洋風建築に「フランス窓」というのが出てきます。
 これはガラス入りの二枚の開き扉で、リビングダイニングなど、テラスやバルコニーに出入りする部分に取り付けられています。日本では敷地が狭いせいなのでしょう、必ずや引き戸か引き違いサッシが入っています。
 「窓」と称されていますが、掃き出しの「扉」を意味しています。(フランスというのはその形状の窓の総称(?)のようです)
 扉ですから、風などのあおり止めとして、框の部分に上げ下げの金物を付けています。フランス窓(=フランス扉)に付けた「落とし金物」ということで「フランス落し」と呼んだのが最初の名前の由来のようです。
 調べてみたのですが、何ともはっきり断言できません。しかし、おおよそ間違いないと思います。
 万一間違っていたときは、後日メールさせていただきます。悪しからず!
 追記;「フランス落し」とは建築金物を取り扱って有名な(株)ベストさんの「商品名」であることが解りました。語源的には上記の説明の経緯で呼ぶようになったようです。ただ、ベストさんが最初かどうかは定かではありません。

 
 いやあ、ちょっと調べるつもりが、本格的な調査になっちゃいましたね。

 でも、なかなか面白かったでしょ。

 まあ、何かの話でうんちくを語る機会がありましたら、是非"フランス錠"を話して下さい。

 大抵の人が「へえ~」って言うと思いますよ。 

 

   人気ブログランキングへ

よかったらポチッとクリックして下さい。


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* おもしろ雑学 * trackback(0) * comment(6) * page top↑
いつから女形を「おんながた」と読むようになったのか
2009 / 01 / 19 ( Mon ) 06:44:30
 
 今朝の東京は、暗くて空模様が分かりません。

 地面は濡れています。

 未明は雨が降っていたようでした。

 おはようございます、kakisakasanです。

 
 あれはいつでしたかねえ、朝のテレビを見ていたら芸能ニュースを始めたんですよ。

 正確には、見ていたのではなくて、ブログをしている傍らで、音だけを聞いていたのですが…

 で、その時ですよ、歌舞伎の話題になって「おんながた」と言うのが耳に入ったんですね。

 芸能ニュースなどで、以前から、「おんながた」と言ってるのは知っていたのですが、深くは気にしなかったんですよね。

 でも、この時は妙に気になったんですよ。

 確かに、昔は女形を「おやま」と言っていた…

 なのに、今はどうして、「おんながた」って言うようになったんだろうって…

 ですから、その日の夜、ちょっと検索してみましたよ。

 そしたらね、やっぱり同じ事を考えている人がいまして…


 「女形」の発音は“おやま”ではなくて“おんながた”で統一でしょうか?
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1014931195

 最近のテレビの芸能ニュースでは「女形」を“おんながた”と言ってますが、
 昔は“おやま”と言っていた記憶があります。
 時代とともに“おんながた”で統一されたのでしょうか?
 今、“おやま”と言ったら良くないのでしょうか?


 とか…

 「女形」と「お歳暮」の読み方・・・。
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1211615687?fr=rcmd_chie_detail

 国語の質問です。
 「女形」って自分は、「おやま」という読み方を教わりましたが、さいきんはどのメディアでも、「おんながた」って言ってます。どちらが正しいんでしょうか?
 あと、「お歳暮」も最近は「おさいぼ」っていう読み方もちらほら聞きます。
 「世論」=せろん、よろん とおんなじでどっちでもいいのか。
 はたまた何か理由があって読み方が変わったんでしょうか・・・?
 

 などが検索に引っかかりました。

 で、その回答ですが、上記の質問に対する回答だけでなく、いろいろと調べたところ、どうも「おんながた」というのが正しいようです。

 と言うことは、kakisakasanが子供の頃に聞いていた情報が間違いだったってことですね。

 いやあ、いい勉強になりました。

 結果の詳細は以下にサイト名とURLを貼り付けておきますので、ご自身で見て下さい。

 ・女形~フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』~
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E5%BD%A2

 ・シアターリーグ~立役・女形~
 http://www.moon-light.ne.jp/termi-nology/meaning/oyama.htm

 ・歌舞伎事典~女方【おんながた~
 http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/edc_dic/dictionary/dic_a/dic_a_36.html

 ・重箱の隅~「女形とおやま」~
 http://www.jubako.com/bn/index.php?805

  

   バナー

よかったらポチッとクリックして下さい。


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

* おもしろ雑学 * trackback(0) * comment(3) * page top↑
自動車の給油口はどうやって決まるのか
2008 / 06 / 13 ( Fri ) 22:29:49


 今宵の東京は晴れです。

 昼間はほんと~に暑かったです。

 ああ、疲れた・・・〓■●~ パタッ

 こんばんは、kakisakasanです。



 今日は仕事でくたくたになりました。...A=´、`=)ゞ

 家に帰ったら、すぐに休みたかったのですが、洗濯物を畳んだり、部屋の掃除をしたりして、ゆっくり出来たのがついさっき…

 そうそう、コップを洗っていたら、うっかり流し台の角にぶつけてしまって、パリーン…

 疲れていたので、どうも手元が狂ってしまったようです。

 トホホ…(-ω-;)

 まあ、それはともかくとして、みなさんは車に乗りますか。

 ガソリンが高騰しちゃって、乗る機会が少なくなった方も多いと思います。

 普通でしたら、店員さんにキーを渡して「満タン」と言えば、後はすべてお任せ…

 ですから、ひょっとしたら、給油口の箇所が車の右側なのか左側なのか、知らない方った案外多いのではないでしょうか。

 日本の車の場合、大抵は左側についているそうです。

 なぜだと思います?

 今回、kakisakasanが引用した本には、次のような事が推論で書かれてました。

 日本の車は、排気管の位置が右側にあります。

 なぜ右側かと言うと、後続バイクや自転車、歩道を歩く人に、なるべく排気ガスをかけないようにするためではないか…

 だから、道路の中央、つまり右側に排気口を設けている…

 では、排気管が右側にあるとどうなるか…

 当然、排気管を通る排気ガスによって、その周辺は熱くなります。

 つまり、その高温状態を避けるために、給油タンクは左側にある…ということらしいです。

 kakisakasanは車を運転しないので、この事を書いてもピンと来ないのですが、どうです、「ああ、なるほど」と思いました?

 でも、世間的には、早くガソリン高騰をどうにかしてくれ、と言う思いなんでしょうね。

 ガソリンだけでなく、石油は日常生活の至る所で使われてますから、ほんと、早く何とかしてほしいものです。

 
 典拠
 ・松本健太郎編著 『雑学 知ってるようで知らない知識』 ズボンのすその折り返し p115-116 彩図社 東京 2003年 


   バナー

よかったらポチッとクリックして下さい。







テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

* おもしろ雑学 * trackback(0) * comment(6) * page top↑
あなたのオナラ、実は香水かもよ???
2008 / 05 / 21 ( Wed ) 22:04:37

 今宵の東京は晴れです。

 風邪は大分良くなりました。

 今週末辺りになれば、完治すると思います。 

 こんばんは、kakisakasanです。

 
 いやあ、日本女子バレー四連勝ですね。
 
 テレビ見ながら、ブログを書こうと思っていたんですが、ついつい見ちゃって…(^^ゞ

 この勢いで北京オリンピックの切符を手に入れてほしいものです。

 で、話は全然変わりますが、みなさんはオナラに対して、どんなイメージを持っていますか。

 まあ、ほとんどの方は臭い、汚いと言ったイメージを持っていると思います。

 kakisakasanは胃腸が弱いせいか、よくオナラが出ます。((^┰^))ゞ テヘヘ

 夜中、寝ている時に、布団の中でオナラをすると、これがまあくさい事くさい事…Σ( ̄ε ̄;|||・・・

 布団で密閉されてますから、どうしても顔の方に漂ってきちゃうんですよね。

 そんな時は、布団を持ち上げて、空気の入れ替えをします。

 では、香水に対してはどんなイメージを持っていますか。

 女性らしさ、みだしなみ、積極的な方は誘惑と答えるかもしれません。

 うひゃあ、誘惑されてみた~い…O(≧▽≦)O

 まあ、こんなふうに比較してみますと、オナラと香水つて、まったく別物のように思われるかもしれませんが、意外や意外、実はオナラの成分にも香水と同じ成分が含まれてるんですって…

 知ってました???

 インドール、スカトールなどの成分がそれに当たるそうで、どちらもたんぱく質が分解される時に出る成分なんだそうです。

 これらの濃度が濃くなると、私たちは一様に「うえ、くせえ」と言うんですよ。

 ところが、濃度が薄くなると、インドールは麝香(じゃこう)やスミレ、スカトールはジャスミンや沈丁花のように変化するんですって…

 ええっ、嘘だろ…

 そう思いませんでした???

 kakisakasanは嘘だろと思いましたよ。

 だって、生まれてから今日まで数えられないくらいオナラをしていると思いますが、ただの一度だって、いい香だなんて思ったことはないですからね。

 と思っていたら、その次にはこんな記述が…

 元来は糞便の臭いなのでこれ自体がいい香というわけではない…

 ああ、やっぱりね。

 でも、他のいいにおいの成分の引き立て役をするので、香水の原料として使われているんだそうです。

 せっかく高いお金を払って買うわけですから、気持ちよくなりたいのに、「これって、実はオナラも含まれてるんだよな」と思うと、ちょっと興ざめですよね。

 でも、砂糖の甘味を引き出すために、ちょっと塩を入れるようなものだと思えば、それはそれでOKということでしょうか。

 まあ、こう言う事は雑学程度にしておいて、やっぱり香水をつけるときは、エレガントな自分を演出する大切な一品であることを心に留めておきたいですね。(^^)

 典拠
・『決定版 大雑学』 オナラの成分が香水に含まれてるって本当? p446-447 宝島社 東京 2005年 


 

   バナー

よかったらポチッとクリックして下さい。



テーマ:雑学・情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

* おもしろ雑学 * trackback(0) * comment(3) * page top↑
線路にはどうして敷石があるのか
2008 / 03 / 30 ( Sun ) 17:23:04


 ただいま、東京は雨が降っています。

 肌寒いです。

 本当はお昼にアップする予定が、管理画面にアクセスできず、夕方のアップとなってしまいました。

 こんばんは、kakisakasanです。


 東京地方、昼前地震がありました。

 ぐらっとアパートが揺れました。

 でも、テレビに速報は出なかったなあ…

 勘違いじゃないと思うけど… ( ̄ω ̄;)ンーー

 そうそう、揺れると言えば、都心は電車がたくさん走っていますが、通勤ラッシュ時にガタガタ揺れると大変なんですよね。

 押しくら饅頭状態になっちゃって…

 これだけで、体力消耗してしまいますからね。

 でね、子供の頃からずっと思っていたんですが、線路ってどうしてあんなに石が敷き詰めてあるんでしょうね。

 「線路の上に石を置いてはいけません」なんて、先生や交通指導の人からよく言われましたが「だったら、何で線路のすぐそばにあんな石を置いているの。全部なくしちゃえばいいじゃん。しかも、あんな尖った石を…」と子供心によく思ったものでした。

 まあ、その後、疑問は抱きつつも、特に調べなかったのですが、つい先日、偶然にもその回答を見つけたんですよ。

 それが以下のものです。

 ・線路に石が敷かれている理由

 「敷石は、走行時に線路へかかる圧力を均等に伝えるために採用されています。隙間が衝撃を吸収するので、電車内の振動も少なくて済むんです。また、レールをずれにくくしたり、線路の排水をよくして枕木の寿命を長くしたり、雑草を生えにくくする役割もあります」(JR東日本広報部)

 ・では、敷石に使われている石の種類や大きさは決まっているのでしょうか?

 「主に安山岩で、数センチ程度の大きさのものをブレンドして使っています」(同)

 ・ところで、入れ替えられた石はその後、どのような運命をたどるのでしょうか?

 「入れ替えた石は、摩擦で丸くなっているので、再度砕いて角をつくり再利用しています。再利用しない場合は、産業廃棄物として処理してもらっています」(JR東日本広報部)


 線路に敷石を敷いているものをバラスト軌道、敷石ではなくコンクリートを敷いたものをスラブ軌道と呼ぶそうです。

 地下鉄などはコンクリートなんですよね。

 それぞれの軌道の短所はと言いますと、バラスト軌道は高速で運行すると石が飛び散る、降雪地帯のメンテナンスが難しい。一方、スラブ鉄道は、保守コストは低いものの、振動や騒音も出やすいとか…

 何事も理由はあるのでしょうが、こうして見ると、思わずへえ~と言ってしまいました。

 鉄道マニアのタモリさんは、当然知ってるんでしょうね。


 典拠URL
 ・r25.jp ~線路の下の敷石はどうして“あの石”なのか?(2008.03.19)
 http://r25.jp/magazine/ranking_review/10004000/1112008031909.html


   バナー

よかったらポチッとクリックして下さい。




テーマ:雑学 - ジャンル:サブカル

* おもしろ雑学 * trackback(0) * comment(2) * page top↑
* HOME * next