即身仏の仏像
2015 / 03 / 02 ( Mon ) 06:17:04
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。   


 今朝の東京は晴れです。

 比較的暖かいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 即身仏…

 みなさんはこの名称を聞いたことがありますか?

 即身仏とは衆生救済を願い、厳しい修行のすえ自らの肉体をミイラにして残した僧侶のことを言うそうです。

 日本にも十数体の即身仏が現存すると言われています。

 その即身仏が新たに発見されたとか…

 場所はオランダ、ドレンテ博物館。

 そこが所有する仏像をCTスキャンにかけたところ、中に1100年前に死亡したとされる僧侶のミイラがはいっていたそうです。

 その写真がこちら。

 仏像1


仏像2

 すげえ、肋骨がはっきり写ってる…

 このミイラは、Liuquanと呼ばれる位の高い僧侶のものとされており、瞑想を続けて絶命し、そのままミイラになった即身仏を銅像に入れたのではないかと考えられているそうです。

 ただ…

 典拠元に寄せられたコメントによりますと、これは即身仏ではなく加漆肉身像ではないかとのこと…

 「加漆肉身像」というのは、自然にミイラ化するのは難しいので、遺骸を麻布で覆い固めて人工的に肉身固化(ミイラ化)をはかった像のことです。

 中国唐の時代には、高僧は真身像(遺体がそのままミイラ化した像)になるはずだという思想があり、このような像を供養礼拝する風習が生じ、こうしたなかで高僧の場合は加漆肉身像を造り、お堂に安置し礼拝するようになったのだそうです。

 この仏像は、2015年5月まで、ハンガリー、ブダペストにある自然史博物館に展示される予定だそうです。

 即身仏であろうが、加漆肉身像であろうが、1100年の時を超えて、今こうして残っているのは、凄いことですよね。
 
 だって、日本で1100年前(西暦915年)と言えば、平安時代ですからね。

 ちなみに、西暦921年に空海は醍醐天皇から弘法大師の諡号(しごう)を与えられていますから、まあまあ同時期の人が発見されたと言うことになりますよね。

 ひょっとしたら、この写真の人と空海はどこかで会っていたかもしれませんね。


 典拠URL
 カラパイア~仏像をCTスキャンしたところ、1100年前に死亡した高僧のミイラが発見される 2015年02月22日
 http://karapaia.livedoor.biz/archives/52185454.html
 観仏日々帖~神奈川仏教文化研究所ホームページのリンクブログ
 http://kanagawabunkaken.blog.fc2.com/blog-entry-25.html

 
スポンサーサイト
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
ウサンコはワンコが大好き
2015 / 03 / 01 ( Sun ) 09:12:33
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 昼前から雨が降るそうです。

 ああ、部屋干し決定…

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日はワンコとウサンコの動画をお届けしたいと思います。

 ウサンコはワンコが大好き。

 ワンコの顔にキス?をしたり、背中に乗ったり…

 好き好きオーラが全開です。

 こんなにスキンシップを求められると、ちょっと困ってしまうかもしれませんね。(´∀`;)


 Hobbs & Carl - Dog and Rabbit, Best of Friends

 

 
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
給料日が時間を早く感じさせる
2015 / 02 / 28 ( Sat ) 10:19:49
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 起きた時の室内温度は9度でした。

 おはようございます、kakisakasanです。


 「一月は行く、二月は逃げる、三月は去る」と言いますが、時間が過ぎるのは本当にあっと言う間で、明日からもう三月ですよ。

 一月、二月は取り立てて忙しかったと言うわけではないんですが、何となく時間が過ぎちゃって、気がつけば「ああ、もう二月も終わりかあ」って感じです。

 何て言うんでしょう、大人になって時間が早く過ぎる感覚に捕らわれる一つの要因として、給料日があげられるでしょうね。

 誰もがお金を稼いで、それで生活をしているわけですから、懐が寂しくなるとどうしたって次の給料日が待ち遠しくなるじゃないですか。

「今月も残り一万…早く、次の給料日来ないかしら」

 な~んて思いながら、それを毎月繰り返していくと、春が夏になり、夏が秋になり、秋が冬になり、冬が春になり…

 気がついたら、一年が過ぎていた…

 それが何十年も続くと、体に染みついちゃって...A=´、`=)ゞ

 次の給料日を追いかけて走り続ける…

 まるで、回し車を走り続けるハムスターのようですよねえ~

 ( ̄-  ̄ ) ンー・・・

 で、歳を取れば、当然死を意識するわけで、それがまた時間を早く感じさせるんだよなあ~

 ( ̄ω ̄;)ンーー

 まあ、人間の一生ってそんなものだと言ってしまえばそれまでですが、そう言う生活から抜け出したいと思う自分がいることもまた、確かなんですよねえ~

 ε-(ーдー)ハァ

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
満身創痍ですよ。
2015 / 02 / 27 ( Fri ) 06:10:29
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。

 
 今朝の東京は晴れです。

 ああ、明日は休みだ。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ここ最近、ブログの冒頭文で「膝が痛い」と頻繁に書いています。

 痛みは膝の内側で、検索して調べたところ、どうも鵞足炎(がそくえん)ではないかと…

 鵞足炎の詳細はこちら。
 http://tiryo.net/gasokuen.html

 kakisakasanは歩くのが好きなので、エスカレーターよりも階段を使ったり、スタスタと歩いたり…

 で、結果的に、膝に負担が掛かってる可能性は高いと思えます。

 ただねえ~( ̄-  ̄ ) ンー・・・

 そんな事は、若い時からしていましたし、痛めるほど激しい運動ではないですし…

 まあ、ですから、考えられるのは疲労の蓄積と加齢による肉体の衰え…

 考えたくはないのですが、これが一番現実的かなあと…( ̄ω ̄;)ンーー

 膝が痛む前は、腰痛に苦しみ…

 目には飛蚊症の症状が現れ…

 白髪は増えるし、皺も増えるし…

 もう、何かやんなっちゃいますよねえ~

 ε-(ーдー)ハァ

 膝の痛みは、取り敢えず、湿布薬を貼って対処していますが、それで痛みが引かなかったら病院に行こうと思っています。

 そのときは、痛み止めの内服薬を処方してもらうことになるのかなあ~

 それで治ればいいのですが、仮に治るとしても、時間が掛かりそうだなあ~

 新陳代謝は衰えてるものなあ~

 今日は、完全な愚痴になってしまいましたが、歳を取るとはまさにこう言う事ですから、たまには愚痴を思いっきり言って、鬱憤を晴らしたいと思いました。

 (´∀`;)

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
グッスリよく眠ってます(o^-^o)
2015 / 02 / 26 ( Thu ) 06:14:17
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は曇りです。

 膝の痛み、ちょっとだけ良くなりました。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日はグレートピレニーズの生後一ヶ月の様子をお届けしたいと思います。

 グレートピレニーズは大型犬ですが、ただ生後一ヶ月となると、まだまだ小さくて…

 しかも、寝顔となると、その可愛さは倍増…

 前足と鼻の頭が同じ位置にあるのが、妙におかしくて…( *´艸`)

 ぬいぐるみみたいって言うのは、こう言う事を言うのでしょうね。(*´∀`*)


 グレートピレニーズ 仔犬 1ヶ月

 

 
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
葛飾北斎の観察力~彼はサバン症候群だったのか?
2015 / 02 / 25 ( Wed ) 06:13:47
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 ホットコーヒーが美味いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、まずは以下の写真をご覧頂けますでしょうか。


 北斎


 絵の方は江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎の作で、写真の方はフランス人写真家であるピエール・カローが撮影したものです。

 写真はハイスピードカメラで撮影されたもので、過去10年に及び、パワフルな波の様子をハイスピードカメラで撮影するプロジェクトを実行しているそうです。

 で、みなさんはこの浮世絵と写真を見比べて、どう思われましたか?

 やはり似ていると思われましたか?

 葛飾北斎の浮世絵の構図は、大胆と言いますか、誇張が独特と言いますか、かなりデフォルメされているなあと思っていたんですが、これを見ると、いやいやどうして、かなり似ていますよね。

 これは単に観察力が鋭いとか想像力が豊かであるとか、そのようなレベルを超えているのではないでしょうか。

 一言で言えば、天才と言うことなのでしょうが、もう一つの考え方として、サバン症候群が挙げられるのではと、kakisakasanは思うんですよ。 

 サヴァン症候群とは、知的障害や発達障害などのある者のうち、ごく特定の分野に限って、優れた能力を発揮する者の症状を指す言葉で、もし、葛飾北斎がそうであるならば、その並外れた観察力と想像力を持っていたとしても、何ら不思議ではないと思います。

 葛飾北斎って、相当の変わり者と聞いたことがあります。

 その変わり者である起因が発達障害のようなものであるならば、葛飾北斎がサバン症候群であった可能性は高いと思うのですが、みなさんはどのような思われますか?


 典拠URL
 カラパイア~葛飾北斎が描いた波は、ハイスピードカメラでとらえた波と酷似していた。2015年02月13日 l
 ウィキペディアフリー百科事典~サヴァン症候群

* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
このハンモックは使えそう…
2015 / 02 / 24 ( Tue ) 06:20:42
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は曇りです。

 比較的暖かいです。

 おはようございます、kakisakasanです。

 
 会社に限らず、自宅でもそうなんですが、椅子に座ってしばらくすると、kakisakasanは椅子の上に胡座(あぐら)をかくんですね。 

 日本人ですからやっぱり胡座をかく方が楽と言うことなんでしょうが、足をブラブラさせるのが何となく嫌だって言うこともあるんですよね。

 手持ち無沙汰ならぬ足持ち無沙汰と言えばいいのか…

 とにかく、長時間机に向かっていると、足のやり場に困るんですよね。

 みなさんもそんな経験はありませんか?

 だからでしょうね、こんな商品が出来たんですよ。

 それが、机の下で足を休ませる専用のミニハンモック「The Foot Hammock」。

 まずは、以下をクリックして下さい。

 「The Foot Hammock」の紹介動画が見られます。

 The Foot Hammock by Matt — Kickstarter 

 The Foot Hammockは机の裏に設置可能で、取り外して何度でも使用できます。
 
 また、The Foot Hammockと机をつなぐひもで高さを調節することも可能です。

 種類は全部で3種類。

 メッシュタイプ、フリースタイプ、電源を入れると温かくなるヒーター搭載タイプ。

 「The Foot Hammock」はKickstarterで出資を募っている最中。

 目標額の1万5000ドル(約)にはすでに到達していて、製品化はほぼ確実。

 20ドル(約2300円)の出資でメッシュバージョン、30ドル(約3400円)の出資でフリースバージョン、40ドル(約4600円)の出資でヒーター搭載のフリースバージョンをそれぞれ手に入れることができます。

 ただね…

 日本への発送にも対応はしているそうですが、配送料は明記されていないそうです。

 そして、締切りは2015年2月9日13時…

 ゲッ、もう過ぎてるじゃん…(゚∀゚;)

 じゃあ、他にはないの?

 と思って検索したら、こんなのがありました。

 https://leomari.stores.jp/#!/items/54090fbfef33771176000b81

 引用元の記事は2015年2月6日アップのものなので、「The Foot Hammock」の扱いは変わっているかもしれません。

 まあ、ですから、興味がある方は、再度ご自身で検索し直してみて下さい。


 典拠URL 
 Gigazine~机の下で足を休ませる専用の快適ミニハンモック「The Foot Hammock」2015年02月06日 09時00分13秒
 http://gigazine.net/news/20150206-foot-hammock/

 

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
* HOME * next