海原雄山の言うとおり、米粒を揃えたご飯は美味いのか?
2014 / 11 / 27 ( Thu ) 06:21:48
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れかな?

 まだ眠いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 最近はもう読んでいませんが、開始当初はよく読んでいました。

 kakisakasanはこれを読んで、カツオのたたきの薬味にマヨネーズを使うようになりました。

 いや、ほんとにねえ、カツオの臭みが消えて、これが実に美味い…

 えっ、一体何のことかって…

 あっ、実はこれ、マンガ『美味しんぼ』のことなんですよ。

 主人公の山岡士郎とその父親にして最大のライバルである海原雄山との究極対至高の対決を中心に据えて、毎回色々なグルメの話題が出て来る物語です。

 幾つか記憶に残っているお話がありますが、その中でも、すごく印象に残っているひとつにお米があるんですよ。

 タイトルは『もてなしの心』。

 この物語の中で、お米の炊き方に焦点が当てられるんですが、その方法が実に驚くべきことで…

 とにかく、美味しいお米をお客さんに食べて頂くためには、出来るだけ炊きムラをなくした方が良い。

 そのためには、お米の粒を揃えた方が良い…

 だから、お米を一粒一粒選別して、同じ大きさの米だけを揃えてご飯を炊く…

 物語では、この美味しさに山岡士郎は脱帽するんですが、kakisakasanは正直言って、何もそこまでしなくても良いだろって思ったんですよ。

 確かに、米粒の大きさを揃えれば、美味しくなるだろうと何となく予想は出来ます。

 ここまでして頂ける「もてなしの心」は嬉しい限りです。

 でも、だからと言って、こんなに手間暇かけていたら、商売に支障を来すだろうって思ったんですよ。

 むしろ、ここまで美食に対する執着に、かえって、恐怖心をkakisakasanは覚えました。

 だから、この話はよく覚えているんですが、あれから20年以上の月日を経て、まさか、それを実際にやってみようと思った人が現れるとは…

 その様子がこちら…

 美味しんぼ



 写真を見て頂けたらお分かりになるように、黒いお盆の上に載せたお米をピンセットで一粒ずつ確認、選別。

 欠けたり濁っていたり、極端に大きさが違うコメをより分けていきます。

 一合を集めるのにかかった時間、約2時間10分…

 一合で2時間以上かかるんですよ。

 こんなに時間をかけるくらいなら、他の美味い物を作った方が良いんじゃないのかって思うんですが…

 が、しかし…

 人間の能力ってすごいですね、後半の一合は意外にも約1時間20分と約50分も短縮…

 しかし、そうは言っても、二合準備するのに約3時間半費やすのは、やはりとんでもない労力ですよね。
 
 殿様と家来のような関係じゃないと、こんな事しないよなあ~(-。-;)

 で、いざ実食。

 本当に美味しいかどうかを確認するために、通常のお米と粒を揃えたお米の食べ比べをしました。

 食べ比べをしたのは三人…

 すると…

 なんと、三人が三人とも粒を揃えた方が美味しいと…

 お米の舌触りが全然違うという結論に達したそうです。

 へえ~、そうなんだ…( ̄。 ̄ )

 このようなコメントを聞きますと、実際に食べてみたいと心が動きはしますが、しかし、そんな根気は無いなあ~

 まあ、ですから、ちょっと心の片隅に置いといて、よほど気が向いた時に、米の選別をしてみたいと思います。

 ただ…

 ニャンコのいるご家庭では、チャレンジしない方が良いと思います。

 どうしてかって言いますと…

 大体、想像がつきますよね。( ̄ー ̄;


 典拠URL
 ROCKET NEWS24~『美味しんぼ』の海原雄山が絶賛したコメの炊き方は本当にウマいのか? DangDang 気になってきたので試してみた / コメの大きさを一粒ずつそろえて炊く
 http://rocketnews24.com/2014/11/14/509472/

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
ニャンコって面白いみたいだぞ!?
2014 / 11 / 26 ( Wed ) 06:17:11
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。   


 今朝の東京は雨です。

 室内湿度、70%です。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日は、二匹のワンコのもとにやって来た子ニャンコの動画をお届けしたいと思います。

 WallyとBusterは初めて子ニャンコとご対面…

 子ニャンコのLouiseはマイペースで家の中のあちこちを探索しますが、WallyとBusterはちょっと翻弄されている様子…

 でも、興味はあるみたい…

 さて、最後はどのような展開になるんでしょうね。(^ー^* )フフ♪


 Kitten and Grown Dogs Meet for First Time | Too Cute!

 

 
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
鉄腕アトムが信号機に…
2014 / 11 / 25 ( Tue ) 06:18:54
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。  


 今朝の東京は曇りです。

 比較的暖かいです、

 おはようございます、kakisakasanです。


 東京のお隣にある神奈川県…

 人口、およそ900万人…

 県庁所在地は横浜市…

 その神奈川県に、このほど県内の12市町にまたがる「さがみロボット産業特区」というのが出来たのですが、ご存じでしょうか。

 この特区では、急速に進む高齢化や、いつ起きるか分からない自然災害から
県民の「いのち」を守るため、生活支援ロボットの実用化・普及を進めているそうです。

 では、具体的にどんなことをしているのかと言いますと…

・規制緩和:国の規制にチャレンジ。

・開発支援:ロボットの開発を全力サポート。

・実証実験:他では出来ない実証が出来る。

・立地支援:特区での企業立地を優遇。


 そして、この特区のイメージキャラクターが、あの鉄腕アトムなんです。

 特区には、周知広報を目的とした鉄腕アトムをあしらった歩行者用信号機を設置…

 しかし、明確な場所は明らかにしていないそうです。

 ただ、ヒントはあるそうで、

・特区内の市町のうちひらがな4文字の名前(○○○○市/町)

・夏は大渋滞で有名な道路がすぐ近くにある

・大きなプールや空中散歩が楽しめる施設が近くにある


 kakisakasanは、設置場所が複数あるのかなと思っていたのですが、このヒントの感じからすると、おそらく一カ所なんでしょうね。

 以下に特区のムービーとアトム信号機のメイキングシーンの動画を掲載しておきますので、興味のある方はご覧頂ければと思います。



 さがみロボット産業特区スペシャルムービー

 


 アトム信号機が「さがみロボット産業特区」に登場!

 


 典拠URL
 ITmedia ニュース~鉄腕アトムの信号機、神奈川県のロボット特区に登場
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1411/12/news138.html
 さがみロボット産業特区
 http://sagamirobot.com/

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
藻の培養チューブが排気ガスを綺麗にする
2014 / 11 / 24 ( Mon ) 09:20:33
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は曇りです。

 雨が降りそうです。

 でも、天気予報では降水確率10%です。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、まずはこちらの写真をご覧頂けますでしょうか。

 藻のチューブ


 パイプの中を通っている緑色の液体、何だか分かりますか?

 これ、藻なんですよ。

 川や池でよく見られる、緑色の物体…

 あれです。

 では、一体何のためにこれを高速道路の高架橋に設置しているのかと言いますと、空気の浄化のためなんです。

 具体的に言うと、排気ガスを酸素に変えるんだとか…

 藻を使うことでどうしてそのような事が出来るのか、科学的なことはよく分かりません。

 ただ、設置された場所がスイスであることを考えると、事態は結構深刻なのかもしれません。

 スイスの主な収入源は観光ですから、空気が汚れるのは即死活問題に繋がるからです。

 今はまだ「藻の培養を大規模にやるのはこんなに簡単なんだよ」ということを示すPoC(概念実証)の段階だそうです。

 ですから、既に効果を発揮しているとは言い難いのでしょうが、未来のシステムを人の意識の片隅に植え付けていくことは大切なことです。

 千里の道も一歩から…

 時代はそうして動いていくんですよね。

 興味のある方は下記のURLをクリックして下さい。

 動画サイトにジャンプします。

 意外と大がかりな装置に驚かれると思いますよ。

 http://vimeo.com/110230238


 典拠URL
 GIZMODO JP~排気ガスが酸素に変わるハイウェイ。秘密は上の藻 2014.11.07 19:00
 http://www.gizmodo.jp/2014/11/post_15848.html

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
猫と一緒に仕事をするとこうなりますよ
2014 / 11 / 23 ( Sun ) 09:35:29
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は晴れです。

 トレーニングをした翌日なので筋肉痛です。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日は、ニャンコと一緒に仕事をしている様子を映した動画をお届けしたいと思います。

 人にとっては、そこは仕事場であっても、ニャンコは全くお構いなし…

 それはもう好き勝手し放題…

 ε~( ̄、 ̄;)ゞフー

 でも、ニャンコが好きな人にとっては、それが良いんでしょうね。(^ー^* )フフ♪

 
 What it's like to Work with Cats!

 

 
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
撥水砂が砂漠化を防ぐ
2014 / 11 / 22 ( Sat ) 09:48:36
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 比較的暖かいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 昨日、いや、一昨日だったかな、アメリカが大寒波に見舞われて、なんとハワイでも氷点下になった…

 そんなニュースを目にしました。

 おそらくハワイの氷点下は、標高の高いところで観測されたと思いますが、それでも、常夏のハワイというキャッチフレーズを考えれば、凄いことですよね。

 地球は本当に温暖化に向かっているのかしら…

 と、つい疑ってしまいますが、ただ、温暖化という言葉に隠れてしまって、実はもっと大変なことが世界では起こっているんですよね。

 それが砂漠化…

 ほとんど知られていないと思いますが、お隣の中国では砂漠化が加速していて、それを何とか食い止めようと植樹をしているんです。

 確かねえ、中国の人工植樹・造林規模は世界一だったと思います。

 もちろん、砂漠化は中国に限ったことではなく、世界規模で起きていることなんです。

 この地球上から植物が消えてしまったら、間違いなく人類も滅びてしまいますから、当然何とかしなければなりません。

 そこで注目されているのが、パナソニックの開発した「魔法の砂」、すなわち「撥水砂(はっすいさ)」なんですよ。

 見た目は普通の砂と見分けがつかないそうなんですが、水をかけてみると違いがはっきりするんですって…

 (・0・○) ほほーっ

 普通の砂では水がどんどん下へ染み込んでいくのに対し、撥水砂は時間がたっても水の固まりが乗ったまま…

 では、なぜそうなるのかと言いますと、砂粒の大きさは共に直径約200マイクロメートルと変わらないのですが、撥水砂には砂粒ひとつひとつの表面に特殊な膜が形成されているんだとか…

 同様に見えるのは、膜の厚さが数ナノ(1ナノは10億分の1)メートル、つまり1ミリの100万分の1しかなく、人間の目はおろか、顕微鏡でも確認できないほど薄いためなんです。

 ですから、普通の砂であれば、水は砂粒の隙間を通って染み込んでいくんですが、撥水砂は砂表面の撥水力に水の表面張力が加わることで浸透を防ぐんですって…

 でも、酸素などの気体が通るくらいの隙間はあるんだそうです。

 すげえ~w( ̄o ̄)w

 では、具体的にどんなふうに役立てるのかと言いますと…

 まずは、乾燥した土地での農業…

 乾燥地帯では、塩分を多く含んだ地下水が吸い上げられ、それが地表に届くことで、植物が枯れやすくなります。

 でも、地中に撥水砂の層を作ってやれば、雨水を長期間保持できるうえ、塩害にもさらされずに済みます。

 保水シートを敷く場合と違い、通気性は維持されるため、植物の呼吸を妨げることもありません。

 基礎研究を担う先端研究本部の美濃規央(みの のりひさ)前主幹研究員は「地球温暖化や過剰開墾によって、陸地の4分の1で乾燥地化が進んでいるとされる。この技術が問題解決に役立てば」と言っているそうです。

 後、他の使い道としては、たとえば、道路の下に敷けば長時間水を蓄え、路面温度を低く保てるため、ヒートアイランド効果を抑制できる可能性がある…

 砂粒の隙間を気体だけが通り抜ける性質を利用し、水蒸気だけを通す仕組みを海水淡水化設備に取り入れれば、水不足解消に役立てられるかもしれない…

 この撥水砂の基本技術は以前からあり、IHジャー炊飯器で内蓋の汚れ防止用に採用されたのが初めてなんだとか…

 しかし、その後は材料の改良で対応するようになり、一時は出番を失ったそうです。

 しかし、美濃規央さんは粘り強く地道に研究を続け、応用可能性を探ってきたそうです。

 もともとは電器製品で使うはずが、ひょっとしたら、地球温暖化・砂漠化の救世主となるかもしれない。

 地道な研究って、やっぱり大切なことですよね。(゚∇^d)  


 典拠URL
 産経新聞~パナソニックの「魔法の砂」 撥水砂が切り拓く「乾燥地の緑化」
 http://www.sankei.com/economy/news/141109/ecn1411090004-n1.html

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
猫が魚を食べるイメージはサザエさんの歌のせいなのか?
2014 / 11 / 21 ( Fri ) 06:24:41
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は晴れです。

 雲も若干多めです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日は、タイトルにありますように「猫が魚を食べるイメージはサザエさんの歌のせいなのか」について、ブログを書いていきたいと思います。

 そもそも、今回どうして、このようなタイトルを思いついたのかと言いますと、こちらの記事を見たからなんです。

 週アスPLUS 11月9日~猫が魚を食べるイメージはサザエさんのせいだと思う」“猫専門医”服部幸氏が語るキャットライフ 文●田中里津子 編集●ナベコ 撮影●平原克彦
 http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/272/272757/

 で、以下が記事内容です。 

 速水:昔はねこまんまって、ごはんに味噌汁ぶっかけたものを猫にあげていた時代もあって。それって完全に間違ってたわけですよね。

 服部:そうですね。だけど、猫って魚を食べるイメージがあるじゃないですか。

 速水:強くあります。サザエさんの主題歌でも歌われていますし。

 服部:あれってホント、サザエさんのせいだと思うんです(笑)。ヨーロッパの猫の栄養学の本にはトピックス的に「めずらしいことに日本では猫に魚をやっているんですって」なんて書いてあるんですよ。そのくらい、ちょっとアブノーマルなことなんです。

 速水:ええっ、そうなんですか?

 服部:欧米では肉をあげるのが常識ですね。漁港にいる猫たちにしても、サバやサンマとか海にいる魚って本来なら猫は食べられないものじゃないですか。本当はネズミとかウサギ、ハト、そういったものを食べて昔の猫は育っていたはずなので。だから、魚は少しつまむ程度なら問題ないですが、主食にするのは本来の食生活から大きく外れた食事なんです。とくに青魚はあまりよくない。貝やイカなど軟体動物も食べさせないほうがいいです。

 速水:ふうむ。でも猫はふつうに小さいころから魚の匂いを嗅ぐと食べたがるじゃないですか。

 服部:匂いは、ようはアミノ酸の匂いというか。

 速水:肉でも反応しますか。

 服部:すると思いますよ。よく、おやつに煮干しをあげていいですかって聞かれるんですが、何匹あげてるか聞くと10匹、20匹っておっしゃる。だけど猫の体重って4キ ロくらいですよね。そうすると40 キロの人間が煮干を100匹食べているのと同じですから。そんな に煮干しを大量に食べていたら病気になると思いませんか。

 速水:ではオススメのおやつは。

 服部:鶏のささみをゆでたり、豚肉を油を使わずに焼いたりゆでたものがいいと思いますよ。


 東京猫医療センター院長
 服部 幸

 1979年、愛知県生まれ。2003年北里大学獣医学部卒業。動物病院勤務後、2005年より猫の専門病院院長。2006年、アメリカのテキサス州にある猫 専門病院" Alamo Feline Health Center "にて研修プログラム修了。2012 年" 東京猫医療センター"を開院。2013年には、国際猫医学会よりアジアで 2件目となる"キャットフレンドリークリニック"のゴールドレベルに認定された。主な著書に『猫の寿命をあと2年のばすために』(トランスワールドジャパン)など。猫専門医として、新聞・雑誌の監修やテレビ、ラジオ出演も多数。

 今回の聞き手
 速水健朗(はやみずけんろう)
 '73年11月9日生まれ、石川県出身。編集者・ライター。著書に『ラーメンと愛国』(講談社刊)、『自分探しが止まらない』(ソフトバンク刊)ほか。

 http://www.hayamiz.jp/ 

 これを読まれて、みなさんはどう思われましたか?

 正直言いまして、それはちょっと違うのではないかと…(´-ω-`) ンー

 まず、身近な具体例で言いますと、kakisakasanは『猫の集う木』という小説を書いていますが、この中で、猫のみるくは魚には関心を示すが、すき焼きには目もくれないと言う内容を書いているんですよ。

 これって、実体験なんですよ。

 食卓に刺身が並んだ時は『私にも下さい』と言わんばかりに来るのに、すき焼きの時には、全く無関心で毛づくろいをしてましたからね。

 で、この事を猫を飼っている方に話すと「うちも、そうよ」と当たり前のように言われたことが何度かあります。

 もちろん、肉好きな猫もいるとは思いますよ。

 野良ニャンコの主食もおそらくネズミが多いと思います。

 でも、ヨーロッパの猫の栄養学の本にはトピックス的に「めずらしいことに日本では猫に魚をやっているんですって」なんて書いてあるんですよ。そのくらい、ちょっとアブノーマルなことなんです。と言うのは早計だと思うんです。

 そもそも、ヨーロッパは大陸であって、パリを初め、マドリードやミュンヘンと言った大都市は内陸部に存在している方が多いです。

 そうなると、人間の主食は魚よりも飼育されているもしくは猟で狩られた肉になるでしょうから、飼い猫も当然肉を分け与えられていたと思います。

 その考えでいくと、日本の場合、人が集落を作っているのは、主に海岸沿いですよね。

 貝塚の発見はその顕著な例だと思います。

 でも、古の都である平城京や平安京は内陸です。

 ( ̄ω ̄;)ンーー、これではヨーロッパと同じだ…

 でも、違うこともあります。

 日本の場合、仏教の教えによって、貴族の間では次第に獣肉を食べないようになっていったそうなんです。

 となると、猫を飼っていた貴族が自ずと餌として与えていたのは、魚介類であった可能性は高いと思われます。

 また、江戸時代では、幕府が生類憐れみの令を実施したことにより、獣肉を食べないことに拍車がかかりました。

 となると、都市部に住んでいた猫は、飼い猫のみならず、野良ニャンコも魚を食べていた可能性が高かったと思われます。

 時代劇では、猫が魚を盗む場面を見たこともあるし…

 獣肉消費量が魚肉を上回るのは第二次世界大戦後の高度成長期より後のことであるのを考えると、人間の周囲で生活をしていた猫もまた、魚が主食だったはずです。

 欧米と比較した場合、日本の猫の魚消費量は絶対的に多いはずですし、何百年という月日を経て、猫の食に対する好みが肉から魚に自然と変化するのは、当たり前だと思います。

 ひょっとしたら、遺伝子レベルで変化しているかもしれません。

 だからね、欧米では肉をあげるのが常識ですね。という考えには賛同出来ないんですよ。

 欧米には欧米の猫歴史があり、日本には日本の猫歴史があるんですよ。

 だから、まずは、日本の猫歴史をきちんと研究して、日本猫の魚介類に対する適応力と欧米猫の魚介類に対する適応力の比較精査をして、それでも尚、欧米の言っている事が正しいと言う事になれば、欧米では肉をあげるのが常識ということに納得しますけど、日本の猫歴史を無視して、欧米の考えを押しつけるのは、乱暴な考えだと思うんですけどね。

『サザエさん』がテレビで放映されるようになったのは、昭和44年。

 それを描かれた長谷川町子さんは戦前の生まれですから、お魚くわえたドラ猫を実際に見られたのではないでしょうか。

 いや、ひょっとしたら、長谷川さんご自身がドラ猫を追いかけたのかもしれません。

 猫が魚を食べるイメージはサザエさんの歌のせいなのか?

 kakisakasanは、絶対に違うと思うんですけどね。 


 参考文献
 ウィキペディアフリー百科事典~日本の獣肉食の歴史
 
 
* 垣坂さんの考えたこと * comment(0) * page top↑
* HOME * next