FC2ブログ
もったいないがきっかけで出来た日の丸スイーツ弁当
2018 / 09 / 20 ( Thu ) 05:57:36


 今朝の東京は曇りです。

 午後から雨が降るみたいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 ええっと、まずはこちらの画像をご覧頂けますでしょうか。

 スイーツ日の丸弁当

 これはロールケーキとシュークリームの専門店「ROLL and CHOU(ロールアンドシュー)」が販売する、お弁当のような見た目のケーキシリーズ「BENTO(ベントウ)」というものなんです。

 種類は、おかずエリアにロールケーキや季節のフルーツが入る「幕の内弁当」(Sweets弁当、税込420円)と、一面に真っ白な生クリームが広がる「日の丸弁当」(税込270円)の2種類かあります。

 では、どのようにしてこのBENTOケーキは誕生したのでしょうか。

 メイン商品であるロールケーキを作る際、見た目を整えるために両端部分を切り落とすので、廃棄せざるを得ない部分がどうしても発生してしまうそうです。

 「味は同じなのに勿体ない」

 そんな思いがきっかけでこのBENTOケーキが誕生しました。

 本来なら廃棄する部分を活用していることから、値段は極力安くしたそうです。

 また開発にあたっては、見た目も工夫したそうです。

 誰もが一度は見たことのある「日の丸弁当」と「幕ノ内弁当」にすることで、親近感とレトロ感が湧くのではないか。

 器もかっこいいものではなくて、わざとお弁当の容器にして…

 ただし、BENTOを製造するのは、切れ端が出た時だけ。

 幕ノ内弁当のおかず部分に入っている「ロールケーキ」の種類は日によって変わるそうです。

 発想が面白く、またお値段が安くその上美味しいということで、大変人気があるそうです。

 kakisakasanも甘い物は好きなので、これは一度頂きたいと思うのですが、お店の場所が熊本なんですよね…

 ただ、HPを見ますと地方発送もしているようなので、食べてみたいと思われた方は注文されてみてはどうでしょうか。

 ロール&シュー
 http://www.roll-and-chou.com/


 典拠URL
 IRORIO~生クリームで作る“日の丸スイーツ弁当”が話題!熊本の洋菓子店「もったいない」がきっかけに Posted: 09/17/2018 10:00 am|Updated: 09/17/2018 10:00 am Text by 長澤まき
 https://irorio.jp/nagasawamaki/20180917/493312/

 
スポンサーサイト
* kakisakasanのグルメ * comment(0) * page top↑
お母さん、ニャ~に?
2018 / 09 / 19 ( Wed ) 06:02:59


 今朝の東京は晴れです。

 日本茶、飲んでます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日の動画に登場するのは秀吉くん。

 こちらのお宅のニャンコです。

 秀吉くんはお母さんに名前を呼ばれると必ずやって来ます。

 ただ、後半はちょっとご愛嬌が…

 はてさて、後半には一体何が起きるのでしょうね。

 (^ー^* )フフ♪
 


 お母さんが呼ぶと必ずやって来る猫

 

 

テーマ:猫のいる生活 - ジャンル:ペット

* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
アカペラ『無縁坂』by 垣坂弘紫
2018 / 09 / 18 ( Tue ) 05:56:53

 今朝の東京は曇りです。

 ホットコーヒー、飲んでます。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日お届けする動画は垣坂弘紫のアカペラです。

 歌う曲は『無縁坂』。

 これは1975年11月25日に発売されたグレープの6枚目のシングルです。 
 
 作詞・作曲・編曲: さだまさし

 どうして小説家を志しているkakisakasanがアカペラをするのかと言いますと、これは販促活動の一環なんですね。

 テレビや雑誌に広告を掲載できれば良いのでしょうが、個人で莫大な広告料を支払えるはずがありません。

 苦肉の策とでも言いましょうか、歌でも歌えば、多少は耳目を集められるのではないかと思い、恥ずかしいのをグッと堪えて歌いました。

 とにかく、やれることは何でもやってみようと言うことです。

 これを契機に垣坂弘紫の作品を読んで頂けたら、嬉しい限りです。

 追記
 ちょっと音を外しているかもしれませんが、そこはご容赦ください。


 垣坂弘紫 作品一覧
 https://ameblo.jp/kakisakasan/entry-12375594738.html

 画像提供元
 写真素材 足成【フリーフォト、無料写真素材サイト】

 http://www.ashinari.com/



 アカペラ『無縁坂』by 垣坂弘紫

 

 *画像はイメージです。実在する無縁坂とは違います。


 
* 小説活動 * comment(0) * page top↑
短編英語小説『The tree where cats gather』の冒頭文の朗読 6/6
2018 / 09 / 17 ( Mon ) 09:28:37

 今朝の東京は晴れです。

 いやあ、しんどい。

 おはようございます、kakisakasanです。


 タイトルにありますように、自作短編小説『The tree where cats gather』の冒頭文の朗読をyou tubeにアップしましたので、それを聞いて頂けたらと思います。

 『The tree where cats gather』は自作短編小説『猫の集う木』を英訳したものです。

 二作品を合わせれば対訳本としても扱えます。

 この小説はパート1からパート6の構成になっており、今回の朗読はパート6の朗読になります。

 プロではありませんし、その上英語での朗読ですから、本当にたどたどしい朗読ではありますが、それについてはご容赦願います。

 興味が沸きましたら、ご購読頂けたらと思います。

 お値段は約200円です。


 My novel's title: The tree where cats gather

 The reader:Hiroshi Kakisaka

 I make my own novels as electronic books, publish and sell them on kindle and iBooks.

 I share my reading voice to youtube for the purpose of having people around the world read my novels. However, regrettably, I can't speak English, so my pronunciation is very bad. I am sorry about that point.

 This novel consists of 6 parts. Therefore, there are also six movies of my reading voice.

 If you will search the keyword "kakisaka" on kindle or iBooks, you will find this e-book.

 Language:English
 Price:About2$



 My reading voice of the first part of my novel“The tree where cats gather” 6/6

 


 kindle
 



 iBooks
 If you will search the keyword "Kakisaka" in the iBooks, you will find this e-book.


 Japanese ed. kindle
 

 Japanese ed. iBooks
 

 垣坂弘紫著 電子書籍一覧
 https://ameblo.jp/kakisakasan/entry-12375594738.html

 


* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
スカイレールから見る景色はなかなかの絶景だぞ
2018 / 09 / 16 ( Sun ) 09:45:49

 今朝の東京は曇りです。

 眠いです。

 おはようございます、kakisakasanです。 


 広島市安芸区の東端に位置し、周囲を山に囲まれた山陽本線の瀬野駅。

 東側の八本松駅にかけては急勾配が続き、鉄道ファンのあいだでは「セノハチ」(瀬野~八本松間の通称)と呼ばれる区間ですが、北側は東側よりもすぐそばまで山が迫り、その山肌にびっしりと張り付くように住宅が立ち並んでいます。

 駅からその住宅地に向かって、モノレールの線路(軌道)に似た高架線が続いており、高架線にぶら下がる形でロープウェイのゴンドラのようなものが上り下りしています。

 この乗りものは「スカイレール」と呼ばれ、法律上は鉄道の一種として位置付けられているものです。

 スカイレールは住宅地の分譲開始と同時期の1998(平成10)年に開業。

 住宅地の名前も、この路線にちなんで「スカイレールタウンみどり坂」と名づけられています。

 街の造成と一体的に新交通システムが整備されたという経緯は、千葉県佐倉市にある「山万ユーカリが丘線」と共通していますが、人口がその半分弱である「スカイレールタウン」では、定員がユーカリが丘線の3分の1という25人乗りのゴンドラ(車両)が行き来しています。

 最速では37.5秒ごとの発車が可能ではあるものの、2018年現在は10~15分間隔で運行。

 スピードも15km/hとゆっくりで、片道の所要時間は5分、運賃は大人170円です。

 このスカイレールは三菱重工業と神戸製鋼によって共同で開発され、この路線で初めて実用化、営業用としては現在も日本唯一の存在です。

 走行用の桁(けた)から吊るされた車両は、桁に沿うように設置されたロープの動力で進みますが、駅に入ると、車両がロープからいったん外れ、リニアモーターによる駆動に切り替わります。

 ロープウェイのゴンドラと違い、桁をしっかりつかんでいるため風に強く、駅部ではロープの推進から離れリニア駆動にすることで、減速、停止、発信を可能にしているのです。

 いわば車両の見かけはロープウェイ、上部の桁はモノレール、走行の方式はロープウェイとリニア、それぞれの良い所を取ったようなシステムなのです。

 スカイレールタウンの詳細は典拠元にまだまだ書かれていますので、興味のある方は見て下さい。

 動画はyou tubeで検索したもので、今から5年前に撮影されたものです。

 典拠元記事とは関係ありません。

 大人料金が150円とありましたので、この5年の間に20円ほど値上がりしたのが分かります。

 kakisakasanも動画を拝見しましたが、住宅地を造成するために一体どれだけの山を切り崩したんだろうと思いました。

 まあ、でも、見晴らしが良いと言いますか、スカイレールからの景色はなかなかの絶景です。

 しかし、動画のタイトルにもありますように、高所恐怖症の方はこれに乗るのは無理かもしれませんね。

 (´∀`;)


 2013.09.25【フルHD 前面展望・高所恐怖症の方は要注意!】広島 スカイレールサービス

 


 典拠URL
 乗りものニュース日本唯一の交通システム「スカイレール」 見かけはロープウェイ、走行にリニアの技術 2018.09.11 乗りものニュース編集部 ※記事制作協力:風来堂、OleOleSaggy ※一部修正しました(9⽉11⽇16時25分)
 https://trafficnews.jp/post/81407

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
遂に出た、目玉おやじの加湿器
2018 / 09 / 15 ( Sat ) 09:28:58

 今朝の東京は雨です。

 洗濯物、部屋干しです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今週の東京地方はぐっと気温が下がって、肌に感じる空気はすっかり秋の気配です。

 今日は雨が降っているので湿度は高いですが、晴れた日はカラッとして過ごしやすくなると思います。

 ただ、乾燥肌の人はこれからの季節は大敵になるのかもしれません。

 冬になれば、それは一層酷くなると思います。

 そうなると、待ってましたとばかりに登場するのが加湿器。

 おそらく家電量販店に行けば、超音波式や加湿式などのタイプに加えて色んなデザインの加湿器が所狭しと並んでいると思います。

 しかし、そうは言っても、それほど大きな違いがあるとは思いません。

 せっかく買うんだから、何か面白いデザインのがいいなあ~

 そんな事を考えている人にとっては、この商品が良いかもしれません。

 目玉おやじ加湿器


 そうです、目玉おやじの加湿器なんです。

 加湿器としては一般的な超音波加湿器として作られており、ミストは新機構により茶碗の水面の周りから立ち上るように噴射されます。

 また、USB給電のため机の上などで気軽に使えるのもうれしいポイント。

 連続モードと間欠モードがあり、状況や環境によって異なるが連続なら約3時間、間欠なら約6時間の使用が可能。

 スイッチのオン・オフ時、モード切り替え時、水が無くなりオートオフになるときなどにセリフや音声が流れるとのこと。

 加湿器のサイズはW130mm×H132mm×D140mm、価格は4980円(税抜)。

 こう言う商品はご自宅よりも会社で使用した方が良いかもしれません。

 なぜかって言いますと、ウケを狙えるから。

 特に女性社員が多い会社では「カワイイ!」と言って寄って来るかもしれませんし、また忘年会のビンゴ大会の景品にも良い商品と言えるのではないでしょうか。

 

 ゲゲゲの鬼太郎 目玉おやじ 茶碗風呂加湿器

 



 典拠URL
 カラパイア~いい湯加減じゃ。茶碗風呂からミストが立ち上る!目玉おやじの入浴シーンを再現した加湿器が間もなく発売 2018年09月12日
 http://karapaia.com/archives/52264535.html

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
短編英語小説『The tree where cats gather』の冒頭文の朗読 5/6
2018 / 09 / 14 ( Fri ) 05:54:44
  I am distributing my e-books on kindle and iBooks.(Japanese) 


 今朝の東京は雨です。

 明日から三連休だあ~。

 おはようございます、kakisakasanです。


 タイトルにありますように、自作短編小説『The tree where cats gather』の冒頭文の朗読をyou tubeにアップしましたので、それを聞いて頂けたらと思います。

 『The tree where cats gather』は自作短編小説『猫の集う木』を英訳したものです。

 二作品を合わせれば対訳本としても扱えます。

 この小説はパート1からパート6の構成になっており、今回の朗読はパート5の朗読になります。

 プロではありませんし、その上英語での朗読ですから、本当にたどたどしい朗読ではありますが、それについてはご容赦願います。

 興味が沸きましたら、ご購読頂けたらと思います。

 お値段は約200円です。


 My novel's title: The tree where cats gather

 The reader:Hiroshi Kakisaka

 I make my own novels as electronic books, publish and sell them on kindle and iBooks.

 I share my reading voice to youtube for the purpose of having people around the world read my novels. However, regrettably, I can't speak English, so my pronunciation is very bad. I am sorry about that point.

 This novel consists of 6 parts. Therefore, there are also six movies of my reading voice.

 If you will search the keyword "kakisaka" on kindle or iBooks, you will find this e-book.

 Language:English
 Price:About2$



 My reading voice of the first part of my novel“The tree where cats gather” 5/6

 

 kindle
 



 

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

* 小説活動 * comment(0) * page top↑
* HOME * next