渡り鳥のV字飛行についての研究
2015 / 03 / 30 ( Mon ) 06:25:24
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 

 今朝の東京は晴れです。

 暖かい朝です。

 おはようございます、kakisakasanです。


 越冬していた白鳥がシベリアに帰る。

 2月の中旬から3月の中旬頃までの間に見られる光景です。

 いわゆる北帰行ですね。

 一羽が飛び立つと次々に飛び立ち、白鳥たちはV字飛行をして、日本を去って行きます。

 では、どうしてV字飛行をするのかと言いますと、一番大きな理由は省エネなんだそうです。

 その詳細はこちら。

 GIGAZINE~渡り鳥が「V字隊列」を保って体力を温存する本当のメカニズムとは 2014年01月20日 21時07分53秒
 http://gigazine.net/news/20140120-birds-v-formation/

 で、こちらのサイトを見ますと、次のような事が書かれています。

 鳥は、翼を上下動させることによって空気を押し、体を宙に持ち上げて前に進みます。この時、空気には翼によって下へと押しやられる流れ(下降流)が生じると同時に、その翼の端には下降流とは逆に上へ向かう流れ(上昇流)が発生します。これは「翼端渦流」と呼ばれ、鳥と同じように空気の力で空を飛ぶ飛行機の翼でも同様の現象が起こっています。

 この翼端渦流が発生させる上昇流をうまく捉えると体を持ち上げる力が発生するため、飛ぶために必要なエネルギーが少なくて済むようになります。これが鳥がV字飛行を組んで飛ぶ理由となっているのです。V字飛行を組んで大西洋を渡るペリカンに心拍モニターを取り付けて計測したところ、最前方を飛ぶ個体よりも後方を飛ぶ個体のほうが心拍が低く抑えられているという調査結果がでていることからも、この効果は明らかです。


 この事から分かるように、V字飛行をする先頭の鳥は後方を飛ぶ鳥よりも体力を消耗するんですよね。

 だから、鳥達は先頭に立つのを交代で行う事で体力を温存、消耗し尽くす者が出ない様にしているんだそうです。

 この論文を発表したのは英オックスフォード大学を始めとした国際研究チームで、今回の発見について「相互協力行動に関する世界初の有力証拠」としています。

 この研究の対象となったのは、ホオアカトキと呼ばれる鳥14羽。

 それぞれに記録機器を装着させ、V字飛行時にどのような行動をとっているのかを個別に調査。
 
 その結果、鳥達は頻繁に飛ぶ位置を変えている事が発見されました。

 研究チームはこの連携について生存のために進化した結果であると考えているそうです。 

 他の一部の研究では、若い鳥の死亡原因として3分の1以上が最初の渡り飛行中の疲労死と結論づけられています。
 
 そのため規則正しく位置をかえ、他の鳥の上昇気流に乗る事でエネルギーを節約していると結論づけられたようです。

 渡り鳥のV字飛行を見ていると、何となくノスタルジックな思いに駆られるのですが、鳥たちにとっては命がけの行動だったんですね。

 もし、今後、彼等の姿を見かけたら、無事に着くように祈ってあげたいです。


 典拠URL
 科学技術と最先端技術ニュースサイト~渡り鳥、V字飛行の先頭は順番制 国際研究 2015.02.05
 

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
これぞ、団子3兄弟^^
2015 / 03 / 29 ( Sun ) 08:54:45
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 背中が痛いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日は柴犬の3兄弟動画をお届けしたいと思います。

 飼い主さんのお話によりますと、生後25日の柴犬の子犬だそうです。

 外が寒かったので室内の日差しの暖かい所で自由にしてあげたところ…

 ツルツル滑る床に、腰がおぼつかない様子が何とも愛らしいですよね。

 (^ー^* )フフ♪


 柴犬の3兄弟

 

 
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
夜桜、綺麗でした
2015 / 03 / 28 ( Sat ) 09:07:47
 ibookstoreからも電子書籍を出版しています。


 今朝の東京は曇りです。

 昼過ぎくらいから晴れるそうです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 朝はまだ冷えるものの、東京地方は一昨日辺りから暖かくなってきました。

 昨日は、帰宅時もコートのボタンを留めなくも良いくらいでした。

 途中、中華料理屋さんに寄って、ラーメン半チャーハンセットを頂きました。

 ビールも少々頂きました。

 ほろ酔い気分で歩いていると、桜が咲いていました。

 ソメイヨシノでしたね。

 まだ、二分咲き程度でしたが、街灯に映し出された花びらは綺麗でしたね。

 今日は気温が20度を超えるようなので、一斉に開花するかもしれません。

 ただ、明日は生憎の雨…

 出来れば、この一週間は降らないで欲しいですね。

 
* しっとりと~つれづれ日記 * comment(0) * page top↑
ネタ切れで~す。
2015 / 03 / 27 ( Fri ) 06:22:11
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 


 今朝の東京は晴れです。

 今日は暖かくなるそうです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 え~っと、本日はネタ切れと言う事で…

 (。>ω<。)ノ またねぇっ

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
ニャンコの運動会
2015 / 03 / 26 ( Thu ) 06:24:05
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
  

 今朝の東京は晴れです。

 なんだか、しんどいです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 今日はニャンコの運動会動画をお届けしたいと思います。

 ニャンコは全部で何匹いるのか分かりませんが、ベッドの上ではしゃいだり、カーテンの後ろに隠れたり…

 それはそれは所狭しと動き回っています。

 たくさんいると飼うのは大変でしょうが、楽しい日々を送れることもまた確かなことなんでしょうね。(^ー^* )フフ♪


 毎夜繰り返されるかわいい猫達の大運動会の様子を撮ってみた

 

 
* 親愛なる動物たち * comment(0) * page top↑
歳を取るとまゆ毛の手入れが必要になる
2015 / 03 / 25 ( Wed ) 06:27:46
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。 
 

 今朝の東京は晴れです。

 ホットコーヒーが美味いです。

 おはようございます、kakisakasanです。


 男性がおしゃれをする場合、気を遣うところと言えば、服装であったり髪型であったり、まあ、そんなところだと思います。

 kakisakasanも若い頃は、服にお金を費やしました。

 ただ、さすがにメイクまではしませんでしたね。

 時代が時代でしたから…

 でも、最近は、男性もする人がいるようで…

 その代表とも言えるのがまゆ毛のお手入れ。

 何でも、男性専用のまゆ毛サロンもあると言うから驚きじゃないですか。

 ( ゚ Д ゚!)

 kakisakasanはイケメンでもないですし、まゆ毛を整えてまでおしゃれをする歳でもないですから、気にする必要はないのですが…

 ただ、それでも、時々自分でまゆ毛を切ることがあります。

 なぜかと言いますと…

 おそらく、加齢によるホルモンバランスの崩れだと思うのですが、まゆ毛が劇画のように伸びて来ちゃって…

 (;・∀・)

 それも、全体的に伸びるのではなく、なぜだか2~3本だけがビヨ~ンと伸びて…

 もう、みっともないったらありゃしない。

 =( =`д´= ;)⇒グサッ

 ですから、気がついたらハサミで切るようにしているのですが、最近は伸びる毛だけなく、カールする毛も出て来て…

 ( ̄□ ̄;)ガビ-ン

 歳を取ると、色んな所にガタが来ますが、まさかまゆ毛にまで来るとはねえ~

 まあ、白くならないだけまだ増しだとは思いますが、それもきっと時間の問題なんでしょうね。 

 ε-(ーдー)ハァ

 
* kakisakasanの世間話 * comment(0) * page top↑
菊のジャム
2015 / 03 / 24 ( Tue ) 06:54:24
 ibookstore、kindleからも電子書籍を出版しています。
 

 今朝の東京は晴れです。

 少し冷えてます。

 おはようございます、kakisakasanです。

 
 kakisakasanは、毎朝、食パンとジュースを頂いています。

 食パンには、マーガリンやジャムなどを塗っています。

 ジャムは、最近は専らブルーベリーを頂いています。

 本当は、リンゴジャムか桃のジャムが好きなのですが、ブルーベリーは目に良いと聞いていますので、ブルーベリーを使っています。

 で、他にジャムと言えば、いちごジャムかマーマレードくらいしか思い浮かばないのですが、世の中には「菊のジャム」もあるんですね。

 青森県南部町特産の食用菊「阿房宮」(あぼうきゅう)を使った花のジャム「菊じゃむ」を、南部町の「村井青果」が開発し、販売開始したそうです。

 花と同じ鮮やかな黄色で、上品な菊の香りが漂い、花の蜜のような濃厚な甘さが特徴なんだそうです。

 花びらの食感をあえて残しており、パンや南部せんべいにつけたり、ヨーグルトに混ぜたりするほか、湯で溶くと優しい甘さの飲み物としても楽しめるそうです。

 120グラム入り1瓶に、大輪の菊の花12~13個分の花びらが入っているそうです。

 村井青果は果物や干し菊を製造・販売。

 食用菊は南部地方では伝統食材ですが、近年は消費が落ち込み気味なんだとか…

「もっと手軽に菊を食べてほしい」と試行錯誤の末、県の支援も受けて、2年がかりでジャムに行き着いたそうです。

 手作業で花びらをほぐし、蒸して板状に乾燥させた「干し菊」をペースト状にしてからジャムにする。手間がかかるため「全国でも商品化は初めてのはず」と村井ユリ営業課長は話しています。

 13日に町役場で、工藤祐直町長にジャムの完成を報告。

 試食した工藤町長は「蜂蜜に菊が入ったような香りと味で色もいい。町の新しい特産になるようPRしたい」と感想を述べたそうです。

 1瓶680円。

 同町農林漁業体験実習館チェリウスなどで扱うそうです。

 問い合わせは村井青果(0178・75・1040)まで。

 菊の効能についてもちょっと知りたいですが、まずは味ですよね。

 蜂蜜と菊の香りがするジャム…

 頂いてみたいものです。(⌒¬⌒*)


 典拠URL
 YOMIURI ONLINE~華やかに菊のジャム 2015年03月19日
 http://www.yomiuri.co.jp/local/aomori/news/20150318-OYTNT50419.html


* kakisakasanのグルメ * comment(0) * page top↑
* HOME * next